Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

元ひきこもり駐妻が教える「リア充駐在妻」になるための過ごし方

ひきこもりを卒業した海外駐在妻

元ひきこもり駐在妻が「リア充な海外生活」を実現できた方法とは?




アメリカ駐妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に移住しました。40代の夫と小学6年生(11歳)の娘の3人でボストン郊外に住んでおります。

 

 

これからパートナーの転勤や赴任などで海外移住を予定の皆さんへ、駐在妻の立場から情報を発信しているこのブログですが、今回は

 

 

「海外駐在妻って、やることなくて病まないのか?」

 

 

と、渡航前からお悩みの皆さんに

 

過ごし方しだいで、リア充な駐在妻生活かどうか決まる

 

ことをお伝えしていきます。

 

 

私は、渡航から2年くらいは何度も病みかけ、精神的に不安定な日々を過ごしました。

 

毎日、やることがなくて日本のYahoo!ニュースとヤフコメだけを読んで過ごす日々。

 

日本人の駐在妻さんと「海外生活の愚痴」しか話せない日々。

 

そんなストレスから過呼吸を起こしてアメリカで救急搬送され、後で保険会社から届いた600ドルの請求書を見て……

 

 

アメリカではうかうか病んでなんていられない、と痛感しました。

 

 

うつになりかけた私は1年後に娘の夏休みを利用し、日本に3ヶ月帰国しました。

 

そこで「ひきこもらずにアメリカで駐在妻生活を送りたい!」と決意し、私がやったことをご紹介します。

 

 

現在、駐在妻になる準備をしている皆さんで

 

「駐妻って、ヒマ過ぎて絶対病んでしまうはず」

「夫の海外転勤なんて暇を持て余すだけだからついていきたくない」

 

と、疑問や不安に思っていらっしゃる皆さんに、日本での準備や心構えによって

 

海外駐在妻が赴任先で充実した過ごし方ができる方法

 

を、私の経験をもとに詳しくお伝えしていきます。

 

 

これを読んでいただければ、パートナーの海外赴任や留学に「ついて行くだけ」ではなく「自分は現地でどうやって過ごそうか?」と考えている人の参考にしていただけるはずです。

 

 

 

 

駐在妻でも仕事をする過ごし方

在宅ワークで働く女性

子供の学校へのお迎えまでは仕事を中心に過ごすことに

 

まず、駐在妻の立場でも在宅でしっかり働くことにしました。

 

日本ではフリーランスとして働いていましたが、夫のアメリカ赴任が決まってからは半分以下に仕事が減ってしまいました。

 

ぼーっと過ごしていたら、夫から「せっかくEAD(就労権)を取っているんだし、もっと働いたっていいんだよ」と言われ、アメリカにいながら仕事を本格的に再開しました。

 

 

アメリカの場合は駐在妻でも夫のビザの種類によっては仕事ができます。

 

他の国でも、配偶者・帯同者ビザでも働ける場合があります。

 

 

駐在妻をしながら働くことに興味がある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

英語には自信がないため、現地採用やアルバイトはムリだと思い、日本のクラウドソーシングからリモートで仕事を受けるようになり、新型コロナのパンデミックよりもずっと前からアメリカでテレワークを始めました。

 

現在では海外在住者でも登録OKなクラウドテックなどでできそうな案件を探し、日本から続けている仕事も午前中は黙々とこなします。

 

平日は夫はオフィス、子供は学校に行っているので自宅には私一人。

 

 

日本にいたときよりも、仕事が捗ることにも気づきました。

 

 

 

英語教材で勉強を続ける過ごし方

英語を独学で学ぶ駐在妻

英語の克服は、一人でできる英会話アプリから始めました

 

 

私が一番、病みかけたのは「英語ができなかったから」でした。

 

夫についてきてもらわなければ病院や歯医者も行けず、子供の保護者ミーティングも行けず、授業参観さえも英語が怖くて行けませんでした。

 

ひきこもった末に「このままじゃウツになる」と一時帰国を決意し、日本に帰ってからは「やっぱり英語を勉強してみよう」と思い、なんとなく始めた日本の英語アプリがスタディサプリENGLISH 新日常英会話コースでした。

 

これを毎日、一日15分だけでも続けてみると

 

「あれ、これだけでもだいぶ英語がわかるようになってきた気がする」

 

と感じ始めました。英語が習慣化されたからです。

 

そしてアメリカに戻った日に、それまで何を言っているのかさっぱりわからなかったTrader Joe'sの店員さんが

 

「Did you find everything OK?」と言っているのがハッキリ聞き取れました。

 

 

今までは英語の勉強にお金をかけるのも面倒で、ダラダラと英語系YouTubeチャンネルを観ているだけで

 

「どうせ英語教材の体験者のコメントなんて売るために盛った話ばっかでしょ」

 

と思っていたので、当然、英語もできるようにはなりませんでした。

 

 

しかし、藁にもすがる思いで始めたアプリが私の「本当は英語を話せるようになりたかった」というやる気スイッチを見つけてくれました。

 

 

まだ日本にいらっしゃる皆さんで英語が不安な方は、このアプリを数ヶ月やってみるのをオススメします。

 

 

その詳しい内容は、こちらの記事でご紹介しています。

 

 

半年後、すっかり英語教材信者になった私は、さらにスピーキングを鍛えたいと思い、再び年末に一時帰国したときにJJ ENGLISH エクササイズ を購入しました。

 

受験英語しかやってこなかった純ジャパの私が、ボストンの駐妻友達から勧められた英語教材です。

 

半年間、さらにこれを真剣にやってみた結果、娘の学校の先生や保護者とも「リアルな英会話」ができるようになりました。

 

 

最近はコロナで英語を話す機会が減ったので、英語を忘れないためにも毎日20分くらいは「パワー音読」を中心にトレーニングしています。

 

 

もうすぐ渡航だけど、なんにも英語を準備していないからどうしよう……という方には、海外へ持っていけるこちらをオススメします。

 

 

JJ ENGLISH エクササイズ はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

 

 

車で自由に行動できる過ごし方

運転するアメリカ駐在妻

自分にもラクに運転できる車を手に入れたことで世界が広がりました

 

そして、億劫がらずに運転できる「自分専用のクルマ」を手に入れることにしました。

 

渡航してからしばらくは家族で一台、しかも7人乗りのSUVといったデッカいクルマしかありませんでしたので、夫が通勤で使ってしまえば私は出かけることができませんでした。

 

駅も近くになく、最寄りのスーパーは徒歩で30分近くかかるので、結局は夫のいる土日にしか買い物にも出かけず、気づけば立派なひきこもりになっていたのです。

 

そこで、コンパクトで運転しやすい中古のクルマを私専用としてもう一台購入し、ショッピングはもちろん、アメリカ人の友人宅や、ハイスクールでやっているヨガ教室、郊外の教会ESLやコーラスグループにも参加できるようになりました。

 

 

「自分が自由に使えて」しかも「運転しやすいサイズ」のクルマを手に入れたことで、私のアメリカ駐在妻生活は一気に充実した気がします。

 

 

アメリカでの運転が怖いと思っている方は、こちらの記事も参考になさってください。

 

 

 

 

まとめ

 

これから海外駐在妻になる皆さんは、日本にいるときに準備をしておけば、忙しく充実した駐妻生活を過ごすことができます。

 

私が日本で用意してきたもので、充実した駐妻生活の支えになってくれたのが

 

アメリカで仕事をする権利「EAD」(就労権)

・日本のクラウドソーシングサービス

アメリカでも続けられる英語教材

・クルマを運転する勇気

 

 

でした。

 

 

やはり「毎日やることがある」のがリア充駐在妻への近道です。

 

 

渡航から2年近く経ってやっと在宅ワークも軌道に乗り、外に出れば日本人だけでなく、娘の学校のママ友や近所の人、習い事でできたアメリカ人の友人ともちゃんとコミュニケーションできようになった自分は、私が思い描いていた「リア充駐在妻」に近づいていると感じます。

 

ヒマに見られがちな海外駐在妻ですが「どんな駐在妻になりたいか?」というビジョンを渡航前にしっかり持つことで、毎日を忙しく過ごすこともできます。

 

仕事もせず英語もしゃべらず、半径1マイルで生きている駐妻さんたちは「日本人だけでランチやお茶会をして群れて、ダラダラと夫の会社や他の駐在妻の悪口をダベって過ごす」という典型的な駐妻ライフを送っています。

 

 

それがイヤな皆さんには「仕事」と「英語」と「運転」が強い味方になるはずです。

 

 

 

この記事が、これから駐在妻になる皆さまのご参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

Pre駐妻.com は未来の駐在妻のお役に立ちたいブログです。

 

今、皆さまが疑問や不安に思っていることや、知りたいことなど、どんなに小さなことでもOKですので、コメント欄からお知らせください。

 

ご意見、ご感想、誰にも聞いてもらえない駐在妻の愚痴にもお応えさせていただきます。

 

 

Ms.Littlepond