Pre駐妻.com

パートナーの海外転勤について行く人のためのブログ。

海外赴任!子供の英語は何から準備すればいい?【海外駐在・子供の英語】

海外駐在員の子供の英語準備

海外駐在・赴任が決まったら、子供の英語は何から準備をする?

Ms.Littlepondと申します。

 

アメリカ駐妻歴は3年目で、マサチューセッツ州ボストンで夫と小学5年生の娘と暮らしています。

 

これを読んでいる皆さんは、パートナーの駐在、転勤、赴任などでお子さんを連れて海外渡航を予定している、もしくは現地のインターナショナルスクールへ通わせる人もいますよね。

 

「海外赴任が決まったけど、子供は英語を準備していった方がいいの?」

 

という疑問に、現役アメリカ駐在妻で、小学生を帯同した立場でお答えします。

 

私が駐在員の妻としてアメリカに来たのが2018年8月。現地校に放り込まれた当時8歳の娘は、おそらく親が経験するよりもはるかに「高くて分厚い」言葉の壁にブチ当たりました。

 

しかし2年が経った今では、友達と英語でケンカをし、担任の先生にもガンガン口ごたえ、いえ、アメリカキッズらしい自己主張ができるまでになりました。

 

もちろん、英語はいくつか準備をしてきました。

 

しかし「これは効果的だったな」と思えるものはわずかです。

 

今回はその中から、我が家がやったことを具体的にお伝えします。これを読んでいただければ、海外赴任前に「最低限やらせた方が良い子供の英語のトレーニン」がイメージできて、現地にソフトランディングできる英語が準備できるはずです。

 

 

子供の英語準備は、まず英会話で外国人アレルギーをなくす

英会話教室の生徒と先生

英語を話す人と触れ合うことだけを目的に、英会話教室に通わせてみる

とにかく、まずは英語を話す人と触れ合わせました。

 

会社の渡航前手当で妻と子どもを通わせる人も多いはずです。このコロナ禍のご時世、オンライン英会話で十分。現在、娘も現地校は週に3日はオンライン授業です。

 

教室選びは、通いやすい、お月謝が予算内など、いろいろな条件がありますが、我が家では娘が気に入って、ハイテンションで会話が続く先生がいる教室を選びました。

 

英語圏の先生、とくに小学校低学年の先生は「無駄にテンションが高い」と感じる先生が多いです。それはあくまでも彼らの「素」の状態なのですが、

 

「Haaai!! Nice to meet you ◯◯◯〜!! Welcome to △△△ School!」

 

と、まるでアメリカTVドラマの「初対面シーン」なので、大人しい子は完全にドン引きしてフリーズします。

 

娘はいくつかの無料体験レッスンを受け、穏やかなカナダ人の先生に決めました。そして、英語が通じなくてもいいから、とにかく「日本人とは違ったテンションの外国人」と触れ合いました。

 

その後、アメリカ現地校に小学3年生から編入したところ、担任は予想通りスーパーハイテンションなイタリア系アメリカ人の女性で、早口でしゃべりまくる先生でした。

 

娘は日本で「日本人にはいない、グイグイくるタイプの先生」への免疫ができていたので、最初から面白がって学校に通ってくれました。英語はさっぱり解らなかったようですが「学校行きたくない」とは一度も言いませんでした。

 

また、英会話は「なるべく多くの人種の先生」のレッスンを受講するのをオススメします。

 

英語はアメリカ・イギリス英語だけではなく「国なまり」の強い人もたくさんいます。

 

アメリカの場合、学校の先生でも訛っている人が多いので「世の中の英語はひとつではない」と知っておくと、日本語なまりでも、自信を持って話せるようになります。

 

だから先生もアメリカ人、イギリス人にこだわる必要はまったくありません。

 

娘はアメリカ人、カナダ人はもちろん、フィリピン人、コロンビア人、インドネシア人など、国際色豊かな先生たちと、ただ「マンツーマンでしゃべること」だけを楽しんでいました。

 

座学ではなく、遊び感覚でできる教材を一つやる

子どもに英語教材をやらせる親

やりたくもない英語教材をやるのは、プレッシャーでしかない

 

海外駐在・赴任前はただでさえ環境が変わることを不安に感じている子供に「プレッシャーを与えないこと」が大切だと感じます。

 

日本で英語を勉強してきたからカンペキ!と思っている子でも、現地校の授業スピードについていけるのは、インターナショナルスクール出身の「日常的に英語を使う子」だけで、最初はほとんどの子は授業にはついていけません。でも、学校のELLに入れば、小学校低学年なら1年、高学年でも2年くらいすれば、ほぼ全員なんとかなります。

 

それなのに、読み書きトレーニングをじゃんじゃん押し付けて「パパの海外赴任が決まったからあなたも英語をやらなきゃダメよ」と言ってしまうと「英語が話せないと自分が家族に迷惑をかけてしまう」と思い込んでしまいます。

 

駐在員の子たちは「勉強スタイル」で英語を準備をしてきた子に限って、現地校の英語のスピードの速さについていけず、始めから「日本でやった英語と違う」とショックを受けています。

 

日本で勉強してきたことが通用しないと、子どもたちは完全に自信を無くしてしまいます。自信をつけるために勉強したのに、まったくの逆効果になっている駐在員家庭もあります。

 

子どもは文法や単語の勉強はまったく必要ありません。英語コミュニケーションの雰囲気をつかむ方が大事です。だから、どこか一つオンライン英会話でマンツーマンレッスンを受けておくだけでOKです。

 

子どもが英語を話す人に「ビビらない」ようにするのが「準備の第一歩」だと思うからです。

 

(オススメの英語教材はたった一つ)

 

じゃ、何をやったらいいの?という方に、唯一オススメできる教材をご紹介します。

 

娘が小学校入学からアメリカに来た3年生まで続けた教材は【しちだの魔法ペン】(対象年齢3歳〜12歳) でした。教材っぽいモノは本当にコレだけです。

 

「1日7分!」「35日でバイリンガルに!」というキャッチコピーですが、正直なところ1日7分もやっていない日も多かったですし、35日でバイリンガルはさすがに無理です。

 

でも、毎日ペンに触る時間は作り、あとはわりと放置していました。

 

コレは「アメリカの子供が大人に話すときによく使う表現」をタッチペンで音声を聴きながらリピートします。

 

「今さら七田式〜??」とお思いになるかもしれません。私もそう思っていましたが、さんざん教材を試した結果、コレだけは娘が飽きずに続けられて、しかも一番アメリカ英語に効果があったと感じます。

 

読み書きは一切なく、アメリカ現地のELLでやる教材や内容に似ていると思いました。

 

これだけで語彙や発音は現地の小学校低学年並みにはなれます。現地校のELLの先生から「発音はネイティブ並だね」と言ってもらえて娘もやる気になれたのは「しちだの英語ペン」のおかげです。

 

とくに幼稚園〜小学校低学年の子ならこれだけで本当に十分です。高学年でも英語をなにもやっていなければ、まずこちらから始めるのをオススメします。

 

(海外赴任前の子供の英語準備・まとめ)

・まずオンライン英会話で「外国人に慣れること」から始めてみる

・教材は「勉強」ではなく「遊び感覚でできるもの」をじっくり3ヶ月はやってみる

 

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com