Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

海外赴任!小学生の英語準備はこれでOK!アメリカ駐在妻が解説【海外転勤・子供・英語】

海外赴任に帯同する小学生の英語準備

海外赴任に帯同する小学生、英語はこれだけはやっておきましょう

 

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年よりマサチューセッツ州ボストンで、夫と小学6年生の娘と暮らしています。

 

これを読んでいる皆さんは、これからパートナーの駐在、転勤、赴任などでお子さんを現地校やインターナショナルスクールへ通わせる予定かと思います。

 

「海外赴任が決まったけど、子供の英語は何を準備すればいいの?」

 

という疑問に、小3(8歳)を帯同し、小6の現在まで現地校に通わせている保護者の立場でお答えします。

 

娘は現地校に放り込まれましたが、2年が経った今では友達と英語でケンカをし、担任の先生にもガンガン口ごたえ、いや、アメリカキッズらしい自己主張ができるまでになりました。

 

もちろん、英語はいくつか準備をしてきました。 

 

 

しかし、実際に現地校に編入して4年目になってみると「学年(年齢)によって、やるべきだった英語の準備はだいぶ違うことがわかりました。

 

この記事では、小学生の英語の準備として、学年(年齢)別の授業レベルと、日本人の子供がやってきた方が良い教材や英会話をご紹介します。

 

 

これを読んでいただければ、海外赴任前の「最低限の英語のトレーニング」がイメージできて、現地校にソフトランディングできる準備が効率よくできるはずです。

 

 

 

 

小学1〜2年生の英語準備

おさるのジョージ

小学校1、2年生は「おさるのジョージ」が英文で読めれば十分なレベル

 

小学2年生(7歳)くらいまでは、多くの子供が現地校に編入しても3ヶ月〜半年くらいで学校には慣れます。

 

発音だけはネイティブの音をしっかり真似できるようにしておけば、現地校でも母国語が英語でない子供たちの専用英語クラス「ESL(ELL)」も必要ないレベルで編入できるはずです。

 

低学年の準備におすすめの英語教材

 

低学年なら「フォニックス」と「ネイティブレベルの発音」だけでも準備は十分です。

 

わが家の娘が4歳から7歳頃まで続けた英語教材はしちだの英語ペンでした。

 

え!?今さら七田式〜?

 

とお思いになるかもしれませんが、実際にアメリカ現地校に編入させてみて、しちだの英語ペンのメリットは以下だと気づきました。

 

 

■まるでオモチャだから遊び感覚で続けられる

アメリカの子供が大人に話すときによく使うリアルな表現ばかり

アメリカ現地校低学年ELLの内容に似ている

■発音はしっかり真似すれば現地の低学年並みになれる

■世界には「多くの人種がいる」ことを理解できる

■覚えたフレーズは実際に学校でもしょっちゅう使える

 

娘は、しちだの英語ペンで発音だけはカンペキにしていたので、現地校ELLで子供がイヤになるほどやらされるフォニックスをあまりやらずに済みました。

 

さらに「そういうことは言わないで!」や「◯◯してもいい?」など、子供同士のコミュニケーションで使えるフレーズをたくさん覚えられて、それが「実際に現地校のクラスメートや先生にも通じる」ことが嬉しかったようです。

 

とりあえず、これをやっていたおかげで現地校に放り込んでも

 

不登校にだけはならずに済んだ」と思えます。

 

 

 

「しちだの魔法ペン」公式サイトはこちら↓

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム

 

 

オンライン英会話

 

低学年のオンライン英会話は、短時間のレッスンを週に何度も受けることをおすすめします。

 

わが家の娘は「1回60分を週に一回」で英会話レッスンを受けましたが、現地校の先生や家庭教師に「低学年の集中力は60分も続かない」と指摘されました。

 

週に一回くらいでは、新陳代謝のいい子供の脳ミソには定着しないそうです。

 

英会話レッスンはリップルキッズパークのように、子供専門の英会話で短時間(25分)のレッスンを、アメリカ現地校のESLと同じ頻度の「週に3回以上」受けるのをおすすめします。

 

子供にとっては「日本語での授業」がいきなり「英語オンリーの授業」に180°変わるわけですから、なるべく頻度をあげて「すべてが英語」の環境に慣れさせてあげるのが良いからです。

 

 

 

リップルキッズパーク」公式サイトはこちら↓

子ども専門オンライン英会話ならリップルキッズパーク

 

 

3〜5年生の英語準備

小学3年生の推奨図書

3年生だとこのレベルの本を読めないと通常授業についていくのは難しい

現地校の授業レベルに合わせた英語準備

 

アメリカ現地校では、3年生になるとリーディングレベルがぐっと上がります。

 

英語(文法・リーディング)と算数に加えて、理科と社会がカリキュラムに入り「コミュニケーションレベル」と「授業レベル」の英語を使い分けます。

 

娘は3年生で編入し、日本の英会話レッスンでコミュニケーションはなんとかなるレベルで渡航しましたが、授業レベル英語がさっぱりだったので、編入から丸2年間は現地校のELL(ESL)でみっちり「通常授業についていくための英語」を叩きこまれました。

 

 

4年生になると、英語の授業(Language Art)で使う本のレベルはこのくらいです。

4年生の推奨図書

4年生ではこの本を授業で読解していきました

この時点で、すでに英検準2級くらいのレベルです。

 

そして、現在5年生の娘が授業で使っている本がこちら。

5年生が授業で使う本

アメリカ現地校の5年生が読解の授業で使っている本がこちら

ここまで来ると、英検2級レベルという印象です。

 

なので、小学校3年生以上でアメリカ現地校へ編入となると、子供向けの英語教材やオンライン英会話だけでは「授業レベル」まで準備するのはなかなか厳しいと思います。

 

高学年でアメリカ現地校の授業についていくには、普通の英会話教室とはまったく違ったアプローチでの英語準備が必要です。

 

3年生〜5年生まで現地校に通わせたアメリカ駐在妻としておすすめしたいのは、帰国子女を受け入れアメリカ現地校のESL(ELL)レベルの教材を使うスマートキッズイングリッシュ のようなオンライン英語スクールです。

 

現地のESLと同じレベルの教材で、海外赴任家庭の子供を対象とした集中レッスンを受けられるようなスクールでなければ、あまり意味がありません。

 

海外へ行く子供がきちんと準備ができる英語スクール

スマートキッズイングリッシュ公式サイトより

 

4年生以上で英語をきちんと準備してこないと、親が現地で家庭教師(チューター)探しに奔走することになり、英語力のフォローだけに1、2年の時間を費やすことになります。

 

高学年の子供は、せめてESL(ELL)クラスについていける英語レベルにする準備が優先です。

 

それが無理だと、いくら下の子が現地校に慣れても、上の子が慣れずに1年足らずで母子だけで帰国してしまうパターンも多くあります。

 

 

  

無料レッスンが申し込める公式サイトはこちら

アメリカ人の講師のみの子供向け英会話スクール 【スマートキッズイングリッシュ】

 

 

まとめ

海外赴任へ帯同する小学生がやっておいた方がよい英語は学年によって違います。

 

編入する学年ごとに、子供がソフトランディングできる準備をおすすめします。

 

(小学1・2年生)

 

・ リップルキッズパーク のような「短時間レッスン」の英会話がベスト

 

・遊び感覚で英語に自信がつくしちだの英語ペンのような教材だけでも十分

 

(小学3年生〜5年生)

 

・「コミュニケーション英語」と「授業英語」を身につけられればベスト

 

・日本の英語授業ではなく「現地校レベル」の英語を知っておく

 

・現地校ESLレベル教材のスマートキッズイングリッシュのようなスクールで海外渡航する子供向けの集中レッスンを受ける

 

 

 

どこの英会話スクールも数回の体験レッスンは無料です。

 

まずは体験レッスンを2、3回受けてみるのをオススメします。

 

無料体験で「子供の英語レベル」だけでも把握しておけば、編入時に現地校の先生に説明するのにも役立ちます。

 

体験レッスンを受けて、親の好みよりも子供のリアクションでスクールは選ぶと良いです

 

 

 

この記事が、海外赴任に帯同するお子さんのソフトランディングに役立てば嬉しいです。

 

 

 

親子で充実した海外生活のスタートが切れることをお祈りします!

 

 

 

無料体験で9段階レベルチェック!低学年におすすめ英会話スクール

公式サイトはこちら→ リップルキッズパーク

 

 

 無料体験あり!海外赴任の高学年は「現地校ESLレベル」で集中レッスン

公式サイトはこちら→ スマートキッズイングリッシュ

 

 

 

完全無料!日米5000万DL突破の最新ニュースアプリはスマートニュース