Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が「いま知りたいこと」を、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカ現地校へ編入の準備、失敗しない方法は?【学年・英語・ESL】

f:id:MsLittlepond:20211104060240p:plain

 

 

アメリカ駐在妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に移住し、長女は現在6年生です。

 

このブログは、小3(8歳)の娘をアメリカ現地小学校へ編入させ、日本語補習校へも通わせる保護者の立場から、これから海外へ行く皆さまへ情報を発信しております。

 

 

今回は「子どものアメリカ現地校への編入で失敗しない方法」をお伝えします。

 

 

この記事にたどり着いた皆さまは

 

「子供を現地校へ編入させて本当に大丈夫だろうか?」

「親が子供にやらせておいた方がいい準備は?」

 

というお悩みを抱えていらっしゃると思います。

 

 

わが家も8歳で編入させましたが、いろいろと親子で苦労し、他の日本人家庭でも小学校・中学校への編入で大変な思いをされたファミリーをたくさん見て来ました。

 

さらに、マサチューセッツ州ボストン近郊には全日制の日本人学校がありません。

 

現地校が合わなかったら日本人学校へ行きゃいいじゃん、という「逃げ道がない」皆さんへ

 

「これだけは親として準備してきてあげて〜!! でないと子どもがかわいそう!」

 

と、保護者として切に思うことだけをお伝えします。

 

これを読んでいただければ、海外赴任が決まり「子どもの英語、どうしよう?」とお悩みの皆さんのお役に立てるはずです。

 

 

 

小学生の英語レベルの目安は?

アメリカ現地校の英語レベル

アメリカ現地校の子どもが学年別にできるレベルを知っておく

 

アメリカで平均的なレベルの学区の小学生では、その子が該当する学年レベルの英語力が身につきそうな見込みがあれば、正規の学年への編入OKです。

 

海外子女教育振興財団(JOES)の資料と、私の4年間の現地校経験から分析すると、比較的レベルが高いと言われるマサチューセッツ州での学年別英語レベルはこのような感じです。

 

 

【キンダー】

自分の名前が英語で書ける

挨拶程度のコミュニケーションができる

先生の絵本の読み聞かせを聞いていられる

 

【1年生】

A-Zまでアルファベット大文字が書ける

1年生向けの絵本が自分で音読できる

 

【2年生】

アルファベットの小文字も書ける

日記が書ける

50ページ程の絵本を親に手伝ってもらわずに読める

 

【3年生】

親しい人(先生・親)へ手紙が書ける

100ページ程の本を最後まで読める

 

【4年生】

テーマに沿ってエッセイ(作文)が書ける

ノート1〜2ページ程の文章を自分で書いて発表できる

200ページ程の本を月に数冊読める

 

【5年生】(地域によっては5年生から中学生)

テーマに沿ってノート3ページ程のエッセイが書ける

英検準2級程度の文法・語彙を理解できる

200ページ以上の本を週に1冊程度のペースで読める

 

【6年生】

日本の高校レベル・英検2級程度の文法・語彙を理解できる

 

 

学年下げ・家庭教師(Tutor)を検討

アメリカ現地校の図書室

読書量が多いアメリカ現地校では、読解レベルで編入学年を選ぶこともOK

 

明らかに英語力が足りない子どもは編入時の面談で1、2学年下へ編入を勧められることもありますが、基本的には保護者の判断に委ねられます。

 

日本から来る家庭の子どもは、早生まれなどで自動的に日本の学年より1年下がることもありますが、よほど英語力に自信が無い限り、基本的には1学年下への編入をおすすめします。

 

とくに、3年生以上では算数、社会科、理科の英語も理解しないといけないので、授業の内容が日本語で理解できていても、授業英語についていくまでは、母国語が英語ではい子供のためのESL(English Second Language )クラスで最低1年以上みっちり英語のトレーニングをする必要があるからです。

 

なので、3年生以上で早生まれでなければ、初めから「一学年下」へ編入するつもりでいた方が良いでしょう。それを知らずに、その子が該当する学年へそのまま編入してしまうと、授業にもESLにもついていけなくなってしまうからです。

 

こちらが何も言わないと、その子の生年月日で振り分けられてしまいますので、編入時に校長などへ連絡するときに「一学年下へ編入したい」と伝えておくと良いです。

 

また、日本では考えられませんが、小学生でも「留年」もOKです。

 

現地の子供も学校の授業についていけなかったり、親が「もう一年同じ学年をやったほうがいい」と判断すれば、小学生でも当たり前のように「ダブって」います。

 

 

また、小学生では編入後は半年〜1年程度は家庭教師(Tutor)をつけてあげましょう。

 

宿題のフォローから、語彙、文法、授業英語についていけるレベルにしてくれるチューターを探し、最初は週に数回は来てもらうのをオススメします

 

わが家は3年生へ編入しましたが、最初の1年は週に2回はチューターに来てもらい、1学年下レベルの英語力が身につくまで継続しました。

 

 

現地校編入に役立たない英語準備

英語がわからない男の子

渡航前に通っても意味がない英会話やスクールとは?

 

 

現地校へ編入後は、担任やESLの先生からいろいろとレクチャーを受けました。

 

次に渡航前の小学生がやってきてもまったく意味がない英語の準備方法についてシェアします。

 

長時間レッスン

 

現地校のESLは20分程度の取り出し授業です。

 

他の生徒が社会や理科などをやっている間、少しの時間だけ別室でESLの授業に参加します。

 

まるまる1コマ(授業は40分程度)やらないのは、子供の集中力は30分が限界だからです。

 

なので、日本で40分、50分といった英会話レッスンや、オンライン英会話をやらせても、低学年は集中力が切れるだけでまったく意味がないそうです。

 

グループレッスン

 

グループレッスンに入れても、アメリカでも結局しゃべれないままで終わる子が多いからだそうです。

 

子どもは「他人が話していることに耳を傾ける」にはそうとうな集中力が必要なので、自分以外の子がしゃべってる時には、基本的に注意散漫な状態だからです。

 

編入直後は、現地校の先生やESLティーチャーが言っていることをまず「一対一での会話」で理解できなければいけません。英語レッスンをするならマンツーマンレッスンが鉄則です。

 

 

 

低学年がやっておく英語の準備

アメリカ現地校で読書をする子ども

低学年はとにかく絵本が読める「語彙力」と発音(フォニックス)を

現地ESLで使う「語彙」

 

まずは「現地校の子どもが小学校入学前に知っている単語」を覚えられる図鑑や本を一冊用意し、親も一緒に確認しておきましょう。

 

英語が母国語ではない生徒は、現地校ではタブレットGoogle翻訳を使うこともありますが、低学年では知らない単語が出てくるたびに調べるのは難しいので、学校で出てきそうな単語は前もって覚えさせておく方が、子どものストレスもなくなります。

 

おすすめは「ピクチャーディクショナリー」という図鑑と辞書が一緒になったような本です。

 

現地校のESLでも使いますし、日本人が「単語を聞いてもイメージできないもの」をこれで調べると、絵も載っているので大人にも便利です。

 

 

わが家が使ったのがこちらです


My First Dictionary: 1,000 Words, Pictures and Definitions (Dk)

 

 

 

アメリカ英語の発音

まず、低学年の子どもがESLでやるのはフォニックスなどの「発音トレーニング」です。

 

他にも「5W1H」のように、誰が、何が、どれが、いつ、などの疑問文や、生徒が先生に尋ねる決まったフレーズなどを練習して、なるべくネイティブに近い発音で言えるようにしておくとベストです。

 

わが家は渡航前まで しちだの英語ペン をやりました。タッチペンを使って子どもが一人でも「アメリカ英語の発音」と「よく使うフレーズ」を短期間でマスターできる、半分オモチャのような英語教材です。

 

娘はこれを地味〜に、気が向いたときだけでも続けていたので、編入直後は何も英語は話せませんでしたが、半年経ったら「ブワーッ」と現地校の子のような発音で話し始めました。

 

今になって考えると、さすが世界の七田式です。娘は教材でやったフレーズのほとんどはネイティブ発音で脳ミソに刷り込まれていたらしく、いつのまにかフォニックスも身についていたようです。

 

ESLの授業で先生から「発音はPerfect!」と言われ、不登校にはならずに済みました。

 

 

詳しくは しちだの英語ペン公式サイト をご覧ください。

 

 

また、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

 

 

 

「短時間の」オンライン英会話

オンライン英会話

低学年は子どもの集中力の続く時間内での英語レッスンを

 

英語教材でインプットした英語をオンライン英会話でアウトプットし「自分の英語はネイティブの講師にもちゃんと通じる!」という成功体験をさせてあげると、低学年はとくに現地校へソフトランディングできます。

 

しかし、低学年の子どもは長時間の英会話レッスンでは集中力が続きません。

 

そこで重要なのは、オンラインでも対面でも「英会話レッスン選び」が重要になります。

 

リップルキッズパーク の25分レッスンのような「短時間」で「集中力の続かない低年齢キッズ向け」のオンライン英会話で「通じる喜び」を体験させてあげるだけでも十分です。

 

リップルキッズパークは、無料の体験レッスンでも英語4技能について9段階でのレベルチェックをしてもらえます。現地校へ編入するときに、担任やESLティーチャーへ「自分の子どもがどの程度の英語力があるか?」を説明するにも役立ちます。

 

 

詳しくはリップルキッズパーク公式サイトをご覧ください。

 

 

高学年の英語準備

アメリカ現地小学生の読書

高学年は「聞く」「話す」に加えて「読む力」がないと厳しい

 

「お友達とお別れだから、一緒に遊ぶ時間を最優先」

「小学生なら何もやらなくて大丈夫だよ」を鵜呑みにする

 

これを高学年(3年生以上)の子どもにやってしまうと、編入後に親子でめちゃくちゃ苦労します。

 

1、2年で帰国するからと、高学年でも準備しないで来た家庭は、現地校で子どもが周りで何が起きているのかも分からず、毎日泣いてしまうほどつらい状況になり、日本人学校がない地域だと逃げ場もなく、母子だけで帰国してしまいます。

 

現地校のESLレベルの準備

アメリカ現地校の授業で使用する本

娘が5年生の授業(ELA)で使った本がこちら

 

高学年はただの「英会話」ではなく、最終的には「現地校の授業を体験できるレベル」でないと、現地校にソフトランディングさせるのは厳しいでしょう。

 

しかし、日本の英語スクールで現地校レベルに沿った英語4技能をしっかりやれば、ELA(English Language Art)いわゆる国語の授業では、現地の生徒よりも文法などは良いスコアが獲れる子もいます。

 

高学年の場合は、よほど親がネイティブレベルの英語力がない限り、英語スクールに丸投げしてしまうのがベストです。

 

わが家の娘は、渡航前のアメリカ駐在員御用達の英語スクールベルリッツ・キッズへ半年通い、編入する学年より一学年下のレベルの英語力を目標にマンツーマンレッスンを組んでもらいました。

 

現地校で困らない程度の英語力をつけられたのはもちろんですが、アメリカやカナダなど北米出身の講師が多く、現地校の学習スタイルやESLについてもいろいろな話が聞けたので、娘は楽しかったようです。

 

今では一時帰国して、ベルリッツ・キッズでお世話になった講師と英語で話すのが、娘のちょっとした夢だそうです。

 

ベルリッツ・キッズ

ベルリッツ・キッズ公式サイトより 海外赴任帯同向けマンツーマンレッスン

 

ベルリッツ・キッズは、海外赴任帯同者を対象としたレッスンを行っています。

 

とくに高学年のお子さんはこういったスクールの無料体験レッスンを受けて「現地校レベルの英語力がどのくらい必要か?」を親子で理解しておくのをおすすめします。

 

無料体験レッスンなど、詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

 

 

ベルリッツ・キッズ 公式サイト

 

 

 

まとめ

 

これから海外、とくにアメリカなどの英語圏渡航されるファミリーの皆さまへ、現地校への編入準備で「失敗しない」方法をいくつかご紹介しました。

 

「放り込めばなんとかなる」と思っているのは保護者だけで、子どもは右も左も、言葉もわからない現地校で、毎日不安に押しつぶされそうになりながら過ごしています。

 

親としては、少しのお金と時間をかけて(費用は会社負担のご家庭も多いかもしれませんが)、少しでも子どもが現地校で安心して馴染めるようにしてあげたいものです。

 

わが家も渡航前に子どもの英語の準備は頑張りました。ぜひ、これを読んでくださった皆さまは、渡航まで時間の許す限り、お子さんと一緒に頑張ってあげてください。

 

 

 

この記事が、これから海外生活を始めるご家族の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

Pre駐妻.com は未来のアメリ駐在妻のお役に立ちたいブログです。

 

今、皆さまが疑問や不安に思っていることや、お子さんのこと、どんなに小さなことでもOKですので、コメント欄からお知らせください。

 

ご意見、ご感想、誰にも聞いてもらえない駐在妻の愚痴にもお応えさせていただきます。

 

 

Ms.Littlepond