Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

アメリカ駐在前の歯医者はどうする?ホワイトニングはしておくべき?【海外赴任・準備】

海外赴任前にやるべき歯の治療とメンテナンス

日本人の黄色い歯は目立つ?海外赴任前には歯のメンテナンスはどうする?



アメリカ駐妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年8月より、夫の転勤でマサチューセッツ州に住んでおります。一人娘は小学5年生で、現地校とボストン日本語学校(日本語補習校)へ通っています。

 

このブログでは、夫のアメリカ赴任へ帯同した駐在妻の立場で、これから海外へ行く皆さまへ情報をお伝えしていますが、今回は「歯」についてです。

 

これから海外赴任で

 

「現地に行ってからの歯医者さんは不安だな〜」

渡航前に歯の治療やホワイトニングってやっておくべき?」

 

とお悩みの方に、

 

 

渡航前にやっておくべき「歯」のメンテナンスをお伝えします。

 

 

私はアメリカに来て「歯」に対する意識がガラッと変わりました。

 

 

コロナで渡航が延びている皆さんはとくに、時間があるうちに日本でやっておいた方がよい「歯」にまつわることをお話しします。

 

これを読めば、日本から持って来ると良いグッズや、渡航前にやっておくべき治療などがお分かりいただけます。

 

 

 

  

歯科治療はなるべく日本で

歯の模型

アメリカの歯医者さん、どれくらい高いの?

 

日本を出国する前には、絶対に歯医者さんに行っておきましょう。

これは声を最大にして言います。海外では行きにくくなるからと、エステやマッサージなんて行ってる場合じゃありません。とにかく歯医者に通いましょう。

 

基本的にアメリカでも歯科医は保険治療にはなりますが、日本とは比べ物にならないくらい高いです。

 

私はある日、アメリカではそこらじゅうで売っている粘着力の強ーいメイプルシロップのキャンディーを食べていたら、奥歯の詰め物が一つ取れてしまいました。

 

娘の学校のスクールナース(保健室の先生)が勧めてくれた歯医者さんに行きましたが、一つのフィリング(銀の詰め物)を換えてもらうだけでなんと……

 

 

1,500ドル(約15万円)!

 

 

え、え、え!!ちょっと待って、これ保険効いてますよね?(とカタコトの英語で聞く)

 

「もちろん!」と、白い歯がステキな受付のおねーさんが白い歯キラリーンの笑顔で答えます。なんでそんなこと聞くん?あんたインシュアランスカード(保険証)持って来てるやーんって顔で。

 

ちなみに、明細には保険カバーではない金額も記載されていて、なんと2800ドル!

 

 

約30万円ですよ。

アメリカに来たばかりの外国人へのぼったくり詐欺かと思いました。

 

 

奥歯で噛めないのは食生活に影響するので、背に腹は代えられません。

 

アメリカでは銀の詰め物はとっくに使わなくなっているので、白いフィリングは嬉しかったのですが、日本だと3〜4本は白い詰め物にできるよな〜、という衝撃的な値段でした。

 

なので、出国前には日本で検診レベルではなく「取れそうな詰め物や古い銀歯はすべて新しく治療しておく」くらいの意気込みで歯医者さんに行っておくのをオススメします。

 

 

日本人の黄色い歯にはホワイトニング剤を

歯の白い女性

歯の白さに目がいきすぎて、話の内容が入ってこないことも

アメリカ人は歯が本当に白いです。

 

学校の先生や、子供の学校の保護者はもちろん、近所のおばちゃん、クルマのディーラーの営業マン、カフェのスタッフなど、会う人会う人、みーんな歯並びが良くて真っ白な歯です。

 

最初はただでさえ英語がわからないのに、相手の真っ白な歯に目がいってしまい、話の内容が全然入ってきませんでした。

 

 

 

黄色い歯を見せるのは、本当に恥ずかしかったです。

 

 

しかも、笑うときに歯を見せたくなくて口元に手を当てるのは日本人だけ。

 

アメリカ人から見るとだいぶ「奇妙な動作」にも見えるそうです

 

 

歯が黄色いからといって差別をされたりするわけではありません。しかし、夫とともに「こりゃいかん」と思ったのは、私たち日本人の歯の汚さ(くすみ)でした。

 

 

夫もアメリカに来てから、オフィスで接するアメリカ人の歯があまりに白くてキレイなので、40代後半のオッサンにして初めて「自分の歯はかなりヤバい」と気づいたようです。

 

 

そこで、一時帰国時に日本で【パウダー歯磨き メディカルホワイト】を購入しました。

 

アメリカでは毎日のホワイトニングケアはマスト

メディカルホワイト公式サイトより

 

 

こちらを毎日、歯磨きのときに使用すると、だいぶ歯に透明感が出てきます。

 

 

メディカルホワイト

メディカルホワイト80を毎日の歯磨き時に使うだけ

これを、アメリカではどこのホームセンターでも売っているソニッケアの電動歯ブラシにつけて、毎日歯磨きをするだけです。

 

メディカルホワイト

パウダーで無味無臭なので、歯磨き粉と混ぜて使ってもOK

 

 

とくに、私は赤ワインを飲むと歯が真っ黒になってしまうのですが、これを使い始めてからはすぐに落ちるし、赤ワインのステインが断然つきにくくなります。

 

アメリカではホームパーティーでよく赤ワインを飲みますが、真っ黒な歯を気にしなくてもよくなりました。

 

歯の黄色さが気になる人は、まずは毎日の歯磨きに使えるホワイトニング剤を使ってみてはいかがでしょう

 

アメリカにもホームホワイトニンググッズはありますが、だいたい使いにくくAmazonのレビューもひどいものばかりなので、日本の製品で、安心して継続的に使えるものを持ってくるのをオススメします

 

 

歯並びは今からどうすることもできませんが、歯がいつもより白いだけで、自信を持ってアメリカ人とも話せるようになれますよ。

 

 

 

【パウダー歯磨き メディカルホワイト】 ← 公式サイトはこちら

 

 

 

 

渡航前&一時帰国時はオフィスホワイトニングを

一時帰国では必ずオフィスホワイトニングを

スターホワイトニング公式サイトより

 

毎日、ホワイトニングパウダーでメンテナンスしていても、やっぱり日本人の歯は圧倒的に黄色くて、アメリカでは清潔感がなく見えることもあります。

 

なので、私は出国前と一時帰国時には日本でオフィスホワイトニングもしています。

 

 

ちなみに、アメリカのオフィスホワイトニングは400ドル〜500ドルくらいで、アメリカ人は歯の矯正とホワイトニングはわりと惜しみなくお金を使います。

 

 

「え!これも高っ!」

 

 

と思う皆さんは、日本でオフィスホワイトニングをしてくるのをおすすめします。

 

日本のオフィスホワイトニングは、断然アメリカより安くて丁寧だからです。

 

私が通っているのはスターホワイトニングの新宿院です。

 

出国前や一時帰国中の忙しい時でも予約が取りやすく、何より院内がとてもキレイ。

 

どんな衛生士さんに担当してもらっても、心地よくてホワイトニング中は必ず眠りに落ちてしまいます(笑)。

 

終わったあとはツルツルのピカピカの歯になり、あーこれでまた安心してアメリカに戻れるなーと思いながら帰ります。

 

東京だけでなく横浜、大阪、仙台などの分院があり、とにかく丁寧で格安なのがおすすめのポイント。私は一時帰国する駐妻友の皆さんに勧めまくっています。

 

 

スターホワイトニング  ←公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

以上、アメリカ駐在前にやっておいた方が良い「歯のメンテナンス」と「ホワイトニング」についてお伝えしました。

 

 

この記事がこれからアメリカへ渡航される皆さんのお役に立てば嬉しいです。