Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

【アメリカ駐在妻】現地ESLの失敗しない探し方(英語勉強法・ELL)

現地ESLの探し方

アメリカ駐在中の英語教室(ESL)はどう選ぶ?

 

 アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤でマサチューセッツ州のボストン郊外に移住し、現地校5年生の娘が一人おります。

 

今回の記事では海外、とくに私の住んでいるアメリカなどの英語圏へ行く方へ「現地の大人向けESL(英語クラス)の失敗しない探し方」をお伝えしていきます。

 

その前に、ちょっとだけ自己紹介をさせてください。

 

海外在住経験ゼロ純ジャパ40代主婦として夫のアメリカ赴任に帯同

駐在妻1年目:英語ができず、家事オンリーの「ひきこもり駐妻生活」

駐在妻2年目:英語克服に動き出し、現地ESLや英語教材、アプリを試しまくる

駐在妻3年目:健康で文化的な最低限度の駐妻生活を営めるようになる(←今ココ)

 

 

これを読んでいる皆さんは、ご本人やパートナーの転勤で海外へ行くご予定で

 

「現地でESLに行ったら、英語ペラペラになれちゃうんじゃなーい♪」

 

とお考えかと思います。

 

ですが、現役アメリカ駐在妻として、今まで3年間英語にチャレンジした私の立場から

 

「海外に住むだけ英語ができるようになるなんて、ただの幻想でしかない」

 

という悲報をお伝えする記事です。

 

しかし、現地で「確実に」英語を身につける方法はあります。

 

そのためにも、ESL(English as a Second Language)クラスを選ぶのに失敗しない方法を実際に大失敗した私の経験をもとにお伝えしていきます。

 

これを読んでいただければ、海外駐在中の日本人が英語をちゃんと身につける方法をお分かりいただけるはずです。

 

 

 

日本人が多いESLにいかない

日本人女性

うっかり入会すると日本人だらけのことも

アメリカには教会や図書館、ハイスクールなどを使って自治体や個人が主催するESLがたくさんあります。

 

料金が民間よりも安く、通いやすいので多くの駐在員家庭が利用します。

 

すでにお気づきかとは思いますが、

赴任後すぐに駐在員家庭が見つけられるのはだいたい「日本人が多いESL」です。

 

日本人のコミュニティから「あそこの教会でESLやってるよ」「図書館にもESLあるよ」と情報が入り、私も最初はそれに飛びつきました。

 

が、3ヶ月で退会しました。

 

ただの日本人駐妻の交流会だったから」です。

 

なんと、40人の登録者のうち38人が日本人。

 

しかも、超初心者向けのレッスンを受けたあと「日本人同士」で英語のやりとりのロールプレイングをします。

 

日本人と英語でしゃべるなんて、こっ恥ずかしい以外に何があるんですか?

 

しかも、参加している日本人に「なぜここに来たのか?」と聞いてみたら

 

「ヒマでやることないから、日本人のお友達作ったり、しゃべりたいかな〜って」

 

英語クラスなのに「結局、日本語を話すのが目的」という、まさかの回答が返ってきました。

 

日本人が多いESLのメリットは「日本人の友達がたくさんできる」ことです。

 

それ以外のメリットは一つもないと確認し、退会届けを出しました。月80ドルの月謝、もったいなかったです。

 

グループESLでも身につかない

ESLのグループレッスン

次にグループレッスンのESLに行ってみたところ……

 

続いて、市(Town)が主催する大人向けのESLに行ってみました。

 

日本人は私だけで、中国系、ヒスパニック系、インド系などの移民の皆さんばかり。

最初はいい感じ♪ と思って通い始めました。

 

しかし、ここでも基本的な文法や日常会話のフレーズをレッスンしたあと、生徒同士で英語で話す練習をするのですが

 

「全員が英語初心者なので、英会話が続かない」

 

ということに気づいてしまいました。

 

しかも、グループでディスカッションする間は、英語が比較的できる人ばかりがしゃべり、英語力がない人たちは、ただ聞いているだけでした。

 

1回のレッスン中に「私、今日一言もしゃべってない」ことに気づくことも。

 

これも、1学期3ヶ月だけ通って退会しました。

 

メリットは「英語が上手ではない、自分と同じようなレベルの友達」とお互いに「異国で英語が話せなくてツラいよね〜」というシンパシーを感じあえたことです。

 

ESLは「教えてもらう」ではなく「話す」場所

英語のマンツーマンレッスン

ESLに行く前に、英語はもっとやるべきことがある

私はアメリカで「ESLに行けば英語が話せるようになれる」のは幻想でしかないと気づきました。

 

海外駐在妻は自分から動かないと「英語を話す機会」があまりありません。しかし、子供がいれば学校の先生や保護者と話さなければいけないこともありますし、夫婦だけでもパーティーや交流会などで

 

「普段から英語を使っているわけじゃないのに、英語を話す機会は突然やってくる」

 

のが駐妻生活なのです。

 

そこで駐在妻はみんな英語を話せるようになりたいとESLを探すのですが、結局ESLとは

 

「英語がある程度は話せる人が、会話の実践をする場所」

 

であることに気づかされるのです。

 

だんだん「このままESLジプシーをやっているだけじゃ英語はできるようにならないんじゃないか?」と思うようになり、現地で「英語ができる駐在妻さんたち」に相談してみたのです。

 

英語ができる駐在妻の「英語の習得法」

英語教材

教材で英語表現を身につけなければESLに行く意味はない

 

英語ができる駐在妻さんや、駐在から現地永住になった日本人妻の皆さんに

「どうやって英語ができるようになったのですか?」

と聞いたところ、まず全員から返ってきたのは

 

ESLは本気で英語が話せるようになりたい人がいく場所じゃないよ」

 

という答え。がーん。

 

まず、英語を英語で学ぶのは、そうとう基礎ができている人でなければムリだからです。

 

しかもESLは「アウトプット」する場所なのに、英語の文法やフレーズが最低限レベルで頭に入っていないと、そのアウトプットができず、無駄に時間を過ごすだけになります。

 

英語を本気でしゃべれるようになりたいのなら

「日本の英語教材やアプリなどで英語表現のインプットをする」

「その後ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンでアウトプットする」

 

この2つをやらないと、しゃべれるようにならないと言われました。

 

英語教材や英語アプリで、リピーティングやシャドーイングなど「自分の声でアウトプット」をして、マンツーマンでそれが通じるかチェックする。

 

これをやらなければ、日本人は英語が「話せるように」はならないのだと。

 

本気で英語をやるなら、ESLではなくコミュニティカレッジ(短期大学)などへ行けとも言われましたが、学費は年間で数十万円もかかりますし、あまり現実的ではありません。

 

そこで日本へ一時帰国したときに、日本の英語教材やアプリを5〜6つ試しました。

 

その後、アメリカに帰ってきてからは小学生の娘の英語チューターに「私にもマンツーマンで教えて」とお願いし、2年経ってやっと「駐在妻としていつでも話せる英語力」を身につけました。

 

まとめ

 

現地ESL

・英語をイチから教えてくれる場所ではない

・同じ日本人や、英語初心者の友人を作るには最適

・英語がある程度は話せる人が、コミュニケーションを練習する場所

・本気で話せるようになりたい人は、行っても意味がない

・お金を払って行くなら「日本人がいない」「少人数かマンツーマン」のESL

 

本気で英語を話せるようになりたい人は

英語表現を教材やアプリでインプット

マンツーマン英会話でアウトプット

を繰り返さなければ、英語を話せるようにはならない

 

これが、私がアメリカ現地でESLを経験して気づいたことです。

 

これから海外へ行って「英語話せるようにESLに入ろうかな♪」とお考えの皆さんには厳しい現実をお伝えしたかもしれませんが、現地にただ住んでいるだけでは、そうカンタンには英語ができるようにはなりません。

 

私はESL難民を1年近く続けてしまいましたが、本気で英語が話せるようになりたい方には、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

この記事が、これから海外へ行く方のお役に立てば嬉しいです。

 

 

 

 (最後まで読んでくださった皆さまへ)

 

ちなみに、私が本気で話せるようになったと実感したのがJJ ENGLISHエクササイズです。

 

中学英語を総復習して「リアルに使える英語」に仕上げられます。

 

スマホで英語表現をインプットしたい人には、最近TVドラマの「ドラ◯ン桜」でも取り上げられたスタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)がおすすめです。

 

どちらか1つをやっておけば、私のように「ひきこもり駐在妻」にならずに済む英語力が確実に身につけられるはずです。

 

皆さまの海外生活スタートがHappyであることをお祈りしています!

 

 

 

JJ ENGLISHエクササイズ← 公式サイトはこちら

  

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース← 公式サイトはこちら