Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

現役アメリカ駐妻が本気で英会話に強くなれたアプリはこれ!【海外赴任妻・英語準備】

アメリカ英語が身につくアプリ

英語ができない駐在妻が、アメリカでリアルに通じる英語を身につけたアプリとは?

アメリカ駐妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年8月に夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に移住しました。一人娘は現在小学5年生で、現地校と土曜の日本語補習校に通っています。

 

この記事では、これから海外駐妻になる人で、

 

「英語を準備した方がいいのかな?」

英語圏に住むのに、英語が話せないけど大丈夫かな?」

 

と、不安に思っている方々に向けて

 

「私が実際に使って、アメリカで生活できるようになれた英語アプリ」

 

をお伝えします。

 

私はアメリカに来てから1年間、英語ができずに「ひきこもり駐妻」をやっておりました。毎日、日本のYahooニュースを片っ端から読み尽くし、気づいたら日が暮れている生活。

 

子供の学校の先生とも、保護者とも、夫の同僚を家に呼んでも、パーティーでも。

 

さんざん受験英語はやったのに、英語が口から出てこなくて精神的にしんどかったです。

 

渡航前にアメリカ英語を練習してこなかったことをものすごく後悔しました。

 

こんな廃人駐妻生活ではいかんと、一時帰国時に「日本の英語教材」や「英語アプリ」を試しまくり、2年経った今では、娘の学校の先生や習い事のコーチとも英語で会話ができるようになりました。

 

アメリカに来た直後は大好きなスーパーの「Trader Joe's」の店員さんがニコニコしながら話しかけてくれているのに「一言も」聞き取れず、愛想笑いで「Yes」とだけ返す日々。

 

カフェでアメリカンコーヒー1杯さえも注文できず、何度も店員さんから「Sorry?」と聞き返されていた私が、です。

 

  

しかし「このままだと、きっと家事や育児だけで海外駐妻生活は終わるな〜」と思っている人でも、時間とコストをかけずに、

 

スマホだけ」でできる英語アプリを渡航前に「たった一つ」やっておくだけで

 

アメリカで店員さんと話しながら買い物

・カフェやレストランでも注文

・病院やお役所、図書館などのスタッフとやりとり

 

すべて一人で、必ずできるようになります。

 

私が試した5、6つの英語教材で「まずはこれから」と実感したアプリをご紹介します。

 

「日常的な英会話ができる海外駐在妻を目指したい人」読んでいただきたい内容です。

 

 

 

英語アプリは「スタディサプリ」だけで準備OK!

スタサプ新日常英会話コース

とにかく最初は英語を続けることが大事。そのために必要なのはアプリです

 

海外駐在妻デビューする人にオススメしたいのは、スマホで毎日できるスタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)の独学トレーニング版「ベーシックプラン」です。

 

最近、日本のTVドラマの「ドラ◯ン桜」でも話題になったアプリですが、スタサプが今ほど有名になる前から私は試しています。

 

駐在妻に必要なのはTOEIC対策でも高校英語でも、ビジネス英語でもありません!

 

英語圏に行く駐在妻さんは、スタサプ日常英会話コースから始めるべきです。

 

ベースが「海外旅行会話」や「おもてなし会話」で、メインコンテンツは動画です。

 

中学を卒業した人なら知っている単語ばかりですが、やり始めるとそれがぜんぜん使いこなせていなかったことに気付かされます。

 

海外ドラマを観る感覚でリスニングやスピーキングをトレーニングしますが、実際に使える「キーフレーズ」がたくさん出てくるので、それをまず「ディクテーション」(聞いた英語を書き出す)をします。

 

私はさらにそれを使って自分が言いたい表現を英作文する練習をしました。

 

 

そしてアメリカに戻ってから、それまでまったく解らなかったTrader Joe'sの店員さんが、お会計のときに

 

「Did you find everything OK?」

 

と言っていたのが、全ての単語をハッキリ聞き取れるようになりました。

 

そして、3ヶ月後にはカフェやレストランで注文したり、ショッピングモールでの買い物がカンペキに一人でできるようになり、さらに、半年やったら店頭に無いものの在庫を尋ねたり、返品したりはもちろん、店員さんといつでも20分ほど世間話もできるまでになれました。

 

中学レベルの英語で、こんなに話せるのかと目からウロコです。

 

なにより、大好きなTrader Joe'sでのお会計のときに「この商品、僕も好きなんだよ、いいチョイスだね」とか「子供にロリポップ(キャンディー)いる?」など、店員さんが言っていることがすべて聞き取れるようになったので、ますますトレジョに通うようになりました(笑)。

 

 

スタサプ日常英会話コースは「瞬間発話」トレーニングが一番効果的だったと感じます。

 

英会話はとにかく「瞬発力」が大事だからです。

 

覚えた(というより中学・高校で勉強してすでに知っている)英語をすぐに声に出す練習で、頭の中で英文がパッと出てくるようになりました。

 

「相手の言っていることはわかるのに、自分の言いたいことが出てこない」というモヤモヤが続けるうちにどんどんなくなっていきました。

 

まずは、メイン講師のスティーブ・ソレイシイ氏の解説動画が観られる公式サイトをご覧になってみてください。

 

ものすごく解りやすく、アメリカ英語の基本を解説してくれています。

 

 

 

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)公式サイトを見てみる

 

  

 

まとめ

 

アメリカ駐妻は、英語を話せなくても生きて行くことは可能です。

 

食事はウーバーイーツで、日用品はAmazonでなんでも頼めます。Google翻訳もありますし、読めなくてもぜんっぜん、なんとかなります。

 

しかし、それだと家から出ることがなくなります。実際にほとんど外出しなかったり、日本人としか話さない駐妻もたくさんいます。

 

アメリカで

 

「カフェで一人で注文できるようになりたい」

「店員さんと何気ない会話をしてみたい」

「近所の人に話しかけられたら、愛想笑いでその場を立ち去りたくない」

「子供に友達ができたら、その親とも会話ができるようになりたい」

 

そう思う人は、英語アプリをたった一つだけ渡航前にやってみてください。

 

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)のベーシックプランを始めて、私はやっとアメリカで一人で出かける勇気がもてました。

 

リアルなやりとりを練習できて、英語を話すのが怖くなくなったからです。

 

しかも、気軽なアプリで始められるのに、スタサプはいつでも解約ができます。

 

退会は「プレミアム会員の解約」スタディサプリENGLISHの退会」の2ステップでできるので「思ってたんと違う」「これじゃカンタン過ぎる」と思ったらいつでも解約できます。

 

初めて契約した日にちに、翌月の支払いが自動発生するので、その日にちより前の解約をオススメします(契約日が5日なら、4日までに解約すれば翌月の支払いは発生しません)

 

しかし、アメリカ駐妻が必要な英語は、このスタサプ新日常英会話コースでできるアメリカに来てすぐの人が使える基本の英会話」です。

 

それができていないと、アメリカに来てからESLをやったり家庭教師をつけても、まったく先に進めないことが、このアプリをやってよく解りました。

 

最低限の英語をやってから渡米すれば、ひきこもり駐妻にならず、最初からアメリカ生活を満喫できる駐妻デビューができるはずです。

  

 

私は英語が話せるようになってから、多くのアメリカ人とコミュニケーションができるようになり、駐妻人生が180°変わりました。

 

 

やっと、健康で文化的な最低限度の駐妻生活のスタートに立てたのです。

 

 

皆さんの海外生活がHappyなスタートになることをお祈りしています!

 

 

 

完全無料!で7日間試せる「スタサプ新日常英会話コース・ベーシックプラン」

新日常英会話コース

 

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)公式サイトはこちら

 

 

※公式サイトではベーシックプランは月額¥2,178ですが、App Storeでベーシックプランを申し込むと月額¥2,500になります。

 

 

 

 

完全無料!海外でも日本の最新情報をチェックできるアプリスマートニュース