Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカで買える化粧水で日本人におすすめ3選!敏感肌の駐妻イチオシはこれ!

 

アメリカ駐在妻のLittlepondです。

 

2018年より東海岸のマサチューセッツ州ボストン郊外に住んでいる40代で、敏感肌のコスメオタクです。

 

このブログでは海外駐在妻になる皆さまへ情報をお伝えしておりますが、今回の記事では「駐在妻はアメリカで化粧水どうする?問題」の解決方法と、おすすめアイテムをご紹介していきます。

 

アメリカで日本人に合う「市販の化粧水」を探すのって、実はけっこう大変です。

 

しかもボストンには日系スーパーも少なく、簡単に日本の商品が手に入りません。

 

乾燥や日差しの強さも日本とは比べ物にならないアメリカで、日本人の敏感肌でも使える化粧水を探しまくったエピソードも含め、アメリカ駐在妻がガチでおすすめしたい3選をお伝えします!

 

 

アメリカって化粧水は売ってない?

アメリカのスキンケアコーナー

乳液やクリームはたくさんあるのに、なぜ化粧水がない?

 

駐在妻がアメリカで化粧品を買おうとして気づくのが「化粧水コーナーがない」こと。

 

化粧水はブランドによって乳液やクリーム、日焼け止めと一緒のコーナーに売っていますが、そもそも化粧水(ローション)を出しているブランドが日本より少ないです。

 

これ化粧水かな?と手に取ると、だいたい「拭き取り用のクレンジングウォーター」であることが多いです。

 

なので、アメリカで駐在妻をやっていると、安心して使える化粧水を探し続ける「化粧水ジプシー」になりがちです。

 

日系スーパーが近くにあれば、高くても日本の化粧水を買えますが、私の住むマサチューセッツのボストン郊外には日本製を扱う店が少ないので、どうしてもAmazonに頼ってしまいます。

 

今まで4年間でいろいろな化粧水をオーダーし、敏感肌の日本人でも安心して使えてAmazonUSAでいつでも買える3つの化粧水にたどり着きました。

 

敏感肌でも使えるアメリカのおすすめ化粧水

1. SON&PARK   ビューティーウォーター

SON&PARKのビューティーウォーター

拭き取り、保湿とマルチに使える化粧水「ビューティーウォーター」

「なぜこれ、日本で人気にならないの?」とめっちゃ疑問に思ったのが、SON&PARKの「ビューティーウォーター」

 

本国の韓国ではもちろん、アメリカでも美容系ユーチューバーの発信で人気となり、バカ売れしている商品です。

 

拭き取り用としても保湿用としてもマルチに使える化粧水で、敏感肌で洗顔フォームで朝から洗顔してしまうと肌がカッピカピに乾いてしまう私は、朝の洗顔代わりにも使っています。

 

コットンで拭き取ると、茶色い毛穴汚れがくっきり!で、これを使ってから乳液やクリームなどの保湿アイテムを使うと、ぐんぐん肌が潤っていきます。

 

夜に使えば、翌朝に鏡を見ると「あれ?なんか透明感がすごくない?」と、毎回実感できるほど。

 

日本の口コミサイトのアットコスメでも、これを評価しているユーザーは「なんでこれ日本でバカ売れしないの?」と思っているようです。

 

SON&PARK Beauty Water(340ml)

 

コンパクトサイズのお試し用もあります

 

SON&PARK Beauty Water(60ml)

 

 

2. キュレル ハイドレーティングウォーターエッセンス

キュレルの化粧水

日本でもおなじみのキュレル(Curel)はアメリカでも買える!

敏感肌がつい頼ってしまうキュレルシリーズも、アメリカで買える化粧水の一つ。

 

日系スーパーマーケットならどこでも売っているのですが、遠かったり、せっかく行ったのに在庫切れだったりすることもあるので、私はAmazonで買っています。

 

とにかく、どんなに乾燥したり、吹き出物ができたり、日焼けしてしまったときでも、なんの刺激もなく安心して使えるのがこちら。

 

私はいつも1本常備しておいて、肌がゆらいでいるときに使うようにしています。

 

 

アメリカ版よりちょっとお高いですが、日本からの輸入版もAmazonにあります

 

 

キュレルシリーズはアメリカ版も日本からの輸入版も、AmazonUSAで乳液やクリーム、洗顔料なども扱っています。

 

 

3. ビーグレン キューサムローション

ビーグレンの化粧水

日本のドクターコスメのビーグレン

日本でも、美容好きにはおなじみのビーグレン。

 

最高研究開発責任者はアメリカの浸透テクノロジーの第一人者ブライアン・ケラー。彼と日本の皮膚科医により、繊細な日本人の肌のために開発された基礎化粧品です。

 

詳しくはb.glen日本公式サイトを参考にしてみてください。

 

毛穴やたるみに効くビーグレンのラインナップで、アメリカでも買えるアイテムで優秀な化粧水がQuSome Lotionです。

 

刺激がなく、さっぱりしているのに潤うのはもちろん「17時間保湿が続く」というキャッチコピーどおりに、朝つけると夜になっても乾きません。

 

冬場は氷点下の日が続き、日本では考えられないほど湿度が低いボストンでも、これがあれば肌が安定してくれるのが助かります。

 

AmazonUSAでは52ドルとちょっとお高めでビビりますが、少量でもものすごーく潤うので、私のケチケチ使用でも4ヶ月はもっています。

 

 

まとめ

アメリカで買える化粧水

化粧水が好きな日本人には常備をおすすめ

 

敏感肌で渡航当時すでにアラフォーだった私が、アメリカ東海岸のボストンで寒さや乾燥、日差しの強さにヘコタレそうになりながら、見つけ出した化粧水を3つご紹介しました。

 

アメリカ人はいきなり乳液やクリームで保湿しますが、日本人としてはやっぱり化粧水は必需品。1本は常備しておくのをおすすめします。

 

ぜひ、アメリカに来る方も、すでに在米の皆さんも、Amazonでのお買い物のときに参考になさってみてください。

 

この記事が、これからアメリカ駐在妻になる皆さまのお役に立てば嬉しいです。

 

 

【合わせて読みたい】