Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカ・カナダで日本のテレビを合法的に視聴する方法【TV・NHK・Eテレ】

f:id:MsLittlepond:20211104113501p:plain

 

 

アメリカ駐在妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤でマサチューセッツ州に移住しました。小6の娘が一人おります。

 

この記事では、これからアメリカやカナダへ渡航する皆さまへ「北米大陸で日本のTV番組を合法的に観る方法」をシンプルにまとめました。

 

アメリカでは有料サイトで月額25ドル〜40ドル近くを払っても、日本の著作権や放映権に違反している「違法サイト」がたくさんあります。

 

もちろん、わが家は利用していませんし、北米へ来る方にもおすすめはできません。

 

有料サービスでも急に摘発されていつ停止するかわかりません。しかも法に触れるので視聴しているだけで刑罰の対象になる場合もあります。

 

そこで、この記事では北米で「合法で」日本のTV番組を観られる方法だけをご紹介します。

 

小さいお子さんにNHKのEテレなどを観せて日本語教育にも役立てたいママの皆さんには、ぜひ読んでいただきたい内容です。

 

わが家の例も含めて、わかりやすくご紹介していきます。

 

 

 

 

アメリカで日本のテレビを観られるサービス

「テレビジャパン」

テレビジャパン

在米日本人の2人に1人は観ているというテレビジャパン

(テレビジャパン公式サイト)

https://tvjapan.net

 

テレビジャパンはアメリカの有料ケーブルテレビの1つで、契約する配信会社に月額料金を支払って契約します。

 

主にNHKの番組を日本の放映時間とほぼ同じで観られるので、時計代わりに垂れ流せるのも魅力の一つです。

 

民法のドラマやバラエティも「子供に見せても問題ない」と感じる番組が選択されているので、わが家は娘が8歳でアメリカに来たときから見せっ放しです。

 

利用料金:月額25ドル(カナダは月額15ドル)

 

【主な放映番組】

(NHK)

・Eテレ子供向け番組

(いないいないばあっ!おかあさんといっしょ、コレナンデ商会、ピタゴラスイッチ、キッチン戦隊クックルン、Eダンスアカデミー、天才てれびくん、えいごであそぼ、など)

・NHKバラエティ

(ガッテン!、ブラタモリ、チコちゃんに叱られる!突撃!カネオくん、鶴瓶の家族に乾杯、所さん!大変ですよ、うたコン、SONGS、ダーウィンが来た!など)

 

・朝ドラ(7:30、10:00、21:45の3回放映)

・大河ドラマ(日曜20時〜)土曜の再放送は英語字幕版を放送

・ニュース(おはよう日本、ニュース7、ニュースウォッチ9、国際報道2021など)

・語学番組(即レス英会話、旅するフランス語、旅するスペイン語、など)

・あさイチ(13:00〜 アメリカでは午後イチの放映)

・料理番組(きょうの料理など)

・プロフェッショナル〜仕事の流儀〜

 

・ドラマ(ドラマ10、土曜ドラマ、よるドラ、プレミアムドラマ、など)

・テレビジャパンシネマシアター(土曜午後、数年前の邦画を英語字幕で放映)

・ザ少年倶楽部(ジャニーズのBS番組)

・NHKスペシャル

 

(民放)

・ドラマ(平日22:00〜民放ドラマ)←現在はドラゴン桜、恋はDeepに、桜の塔など

・子供アニメ・ドラマ(ちびまる子ちゃん、忍者ハットリくんリターンズ、名探偵コナン、仮面ライダーなど)

・バラエティ(カンブリア宮殿、マツコの知らない世界、ミュージックステーション、など)

 

日本TV配信サービス「dライブラリJapan」

dライブラリジャパン

アメリカの日本番組専門配信サービス「dライブラリジャパン」

(dライブラリJapan公式サイト)

https://dlibjapan.net

 

利用料金:月額9.99ドル(カナダは12.99ドル)

 

dライブラリジャパンは、NHKコスモメディアアメリカが運営する動画配信サービスです。

 

日本のドラマや映画を「正式に権利許諾を得て」配信しています。(これ以外のアメリカにある日本の動画配信サービスは有料でも著作権や放映権に違反している可能性が高いです)

 

人気のある日本の民放ドラマ、映画、バラエティ、ドキュメンタリーなどが、インターネット環境さえあれば、アメリカとカナダでは見放題です。

 

 

日本の動画配信サービスをVPN経由で

VPNを使ってテレビを観る

日本の動画配信サービスを海外で視聴するにはVPNを契約する

日本のAmazonプライムやネットフリックス、Huluなどの動画配信サービスを契約していて、海外でも観たい場合は、VPNというサービスを契約して海外で視聴する端末にダウンロードします。

 

VPNとは?

VPNとは「Virtual Private Network」のことで、インターネット接続とオンライン上のプライバシーを保護してくれるサービスです。

 

日本の動画配信サービスは海外では視聴できません。IPアドレスが海外だからです。

 

しかしVPNを経由して配信サービスにつなげれば、このIPアドレスを隠してくれるので「国外で視聴している」と認識されずに観られるようになります。

 

これも合法で日本のTVを海外で視聴する一つの方法です。

 

VPNは「日本の動画配信を海外で観るため」に使っている人も多いですが、海外でフリーWi-Fiを利用するときのハッキング防止など、インターネットのセキュリティ面でも必要なサービスです。

 

しかし、国家機関に自分のプライベート情報を狙われている人でなければ、有料VPNならセキュリティレベルにそれほど差があるわけではありません。

 

自分が観たい動画配信サービスによって契約するVPNを選ぶのが良いでしょう。

 

アメリカ日本人に人気のVPN2選

 

北米に住む日本人が利用しているVPNは、こちらの2つが比較的多いと感じます。

 

 

セカイVPN

 

料金:月額1,100円 +2ヶ月間の無料サービスあり

 

【セカイVPNで観られる主な動画配信サービス】

・Amazonプライムビデオ(一部)

・Hulu

・dTV

U-NEXT

・TVer(無料・一部)

・GYAO!(無料)

 

NordVPN

 

料金:月額3.67ドル(2年契約プラン)+3ヶ月無料サービスあり

 

【NordVPNで観られる主な動画配信サービス】

Netflix(日本版)(2021年12月現在は観られなくなっているようです)

・Amazonプライムビデオ

・Hulu

・AbemaTV

・NHKオンデマンド

U-NEXT

・TVer(無料)

・GYAO!(無料)

 

 

 

有料VPNにはSurfSharkやExpressVPNなどもありますが、Amazonプライムが観られなかったり、U-NEXTやGYAO!しか観られないなど、視聴できるサービスが限定されるので、結局北米ではあまり使えません。

 

わが家は、アメリカに来た当初は【セカイVPN】を契約しておりました。

 

しかし、Netflix日本版が観られるのと、TVerやGYAO!など無料サービスも視聴OKなので、利用料金がお安く、アメリカで使っている日本人が多い【NordVPN】に乗り換えました。

 

セカイVPNは一度に3つのデバイスが接続可能ですが、NordVPNは6つのデバイスまで一つのアカウントとパスワードで利用ができます。

 

NordVPNは海外の会社ですが、サイトは日本語もあり申し込みもカンタンです。

 

しかも30日間返金保証&24時間年中無休のカスタマーサポート(メール・チャットなど)もあります。

 

基本的にはテレビジャパンを観ているので、観たいものがあるときだけVPN経由でTVerなどを利用していますが、今のところ日本の友人との話題にはぜんぜん困りません。

 

VPNの利用方法

VPNサービス

VPNサービスの利用はそんなに難しくはありません

一般的にVPNサービスは

 

公式サイトで契約 → デバイスにアプリをダウンロードすればOKです。

 

 

VPNを接続したいときにはデバイスのアプリをまず「ON」にし、それから日本の動画配信サービスを観たり、公共Wi-Fiを使ったりします。

 

 (VPN利用までの流れ)

 

・公式サイトから契約(必要事項の記入・クレジットカードなどで支払い)

・VPNサービスからアカウント情報(ユーザー名・パスワード)が発行される

・使用デバイス(スマホ・タブレット・PC)に契約したVPNアプリをダウンロード

・アプリにアカウント情報を入力

・インターネット接続で動画配信を視聴するときにはアプリをオンにする

 

そんなに難しくはありません。

 

どこのVPNサービスも最初は無料期間があるので、自分の観たい配信サービスが観られるか試してから本契約するのがベストです。

 

国やエリアによって、VPNを通して観られる動画サービスは日々変わっているので、無料のお試し期間をフルに使ってからをおすすめします。

 

 

まとめ

 

北米で日本のTV番組を「合法で」観る方法は

 

ケーブルテレビ「テレビジャパン」

公式サイト:https://tvjapan.net

 

動画配信サービス「dライブラリJapan」

公式サイト:https://dlibjapan.net

 

VPN経由で日本の動画配信サービスを視聴

 

日本人におすすめのVPN

■ 日本のVPNサービスを契約する→ 公式サイト【セカイVPN】2ヶ月無料期間)

■ コスパ&視聴サービスの多さで選ぶ→ 日本公式サイト【Nord VPN】3ヶ月無料期間)

 

わが家はアメリカで日本の無料配信のGYAO!やTVerなどを、低料金で利用できる「NordVPN」を経由して観ていますが、必要十分でコスパは最強です。

 

ただし、VPNは地域や時期によって接続できるVODが変わることがあります。

 

おすすめの方法は、ご紹介したVPNサービスの公式サイトをブックマークしておき、海外へ行ってから無料視聴期間に「自分の観たいVODがちゃんと視聴できるか?」を確認してから契約することです。

 

 

 

 

以上、非常にシンプルにまとめてみました。

 

 

この記事が、これから北米へお引越しされる方のお役に立てれば嬉しいです。