Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

アメリカ現地校の幼稚園(キンダー)編入の準備はどうする?【現役アメリカ駐在妻が解説】

アメリカ現地校の幼稚園キンダーガーテン

アメリカ現地校の幼稚園(キンダー5歳)に編入する準備はなにが必要?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤帯同でマサチューセッツ州へ移住しました。現在小学6年生の娘が一人おり、現地校の小学校(5年生)をこの6月に卒業しました。

 

これから海外、主にアメリカへ赴任されるご家庭の「妻」のみなさんに向けたブログですが、今回は「現地校の幼稚園(キンダーK)に編入するための準備」についてお伝えします。

 

帯同する子供の年齢的にも多いのが4歳〜5歳の「幼稚園(キンダーガーテン)への編入」かと思います。

 

実際にわが家の娘が通っていた小学校も、キンダーの学年は海外からの駐在員家庭が多く、編入の準備でいろいろとお困りの方も多く見てきました。

 

実は、私が住んでいるアパートメントの下の階に住んでいるSuzanが、プリスクール(幼稚園に入学前までの保育所)の先生をやっています。

 

そこで最近、彼女に「海外からの子供がキンダーに入る前にやっておいた方が良いこと」を聞いてみました。

 

それをまとめてみましたので、これからアメリカへ赴任で、キンダー(幼稚園)へ編入されるお子さんがいる方はご参考になさってみてください。

 

 

  

勉強の準備

アメリカの幼稚園キンダーガーテン

アメリカの幼稚園(キンダー)は小学生になるための練習期間

 

アメリカ小学校の「KinderGarten」(通称K)は、日本の幼稚園だと年中の後半から年長の前半までの期間で、5歳になる子供たちが入る学年です。

 

年長の後半からはアメリカだと1年生になるので、日本よりも半年早いイメージです(生まれ月にもよります)。

 

日本では4歳〜5歳はまだ「学校」には通っていない年齢ですが、アメリカのキンダーは小学校の「練習生」的な扱いです。

 

1年生(First Grader)になるのに備えて、学校での集団生活や勉強に「慣れる」ための1年を過ごします。

 

プリスクールの先生Suzanいわく、5歳なら以下のことができれば十分だそうです。

  

・自分の名前をアルファベットで認識

・大文字、小文字を使って鉛筆で名前が書ける

フォニックス(英語の基本的な発音)

・1から10まで英語で数を数えられる

・ピクチャーディクショナリーに載っている単語がある程度はわかる

 

キンダー(幼稚園)は、宿題が出るわけでもありませんし、学習が本格的に始まるわけでもありません。

 

すでに英語に興味があれば、フォニックス(発音)とピクチャーディクショナリーを読んで興味のある単語を覚えておく程度でも十分だそうです。5歳前後の子供なら、英語が母国語ではなくても、スイスイ脳ミソが吸収していけるはずだとか。

 

わが家はこのピクチャーディクショナリーを使いました 

Scholastic Children's Dictionary

新品価格
¥2,529から
(2021/6/21 22:44時点)

 

ピクチャーディクショナリーは、キンダー(5歳幼稚園)〜小学校低学年の子供たちの語彙レベルで編集された「図鑑と辞書」が一緒になったような本です。

 

英語圏で「5歳でキンダー入園レベル」の子供ならすでに知っているような単語が載っていますが、大学まで英語をやった私でも知らない単語が山ほど出てきましたので、自分の英語力は「現地校の幼稚園児5歳レベル」にも達していないことがわかりました(泣)。

 

一冊あれば、小学生の子供にはもちろん、アメリカで生活する「大人」にも役立ちます。

 

集団生活の準備

アメリカ現地校の幼稚園

お弁当を一人で食べられる?一人でトイレに行ける?

 

生活面でも、基本的には「日本の幼稚園児ができること」が一人でできればOKです。

 

・着替え、トイレなどが自分でできる

・スプーンやフォークを使って食事が一人でできる

・遊んだオモチャや教材などを片付けられる

・クラスメートを叩いたり、一方的に傷つけるようなことをしない

 

これがだいたい、キンダーに入園する子供の保護者に「直前の夏休みに準備しておきましょう」とアナウンスされる内容です。

 

親の準備

アメリカ現地校の下校時

編入直後はお迎え時に担任とコミュニケーションをとりましょう

 

悲しい?お知らせですが、キンダー(K)は「小学校で親が一番大変」な学年です。

 

まず、ボランティアで親が教室に行くことが多いです。

 

キンダーの学年では生活面でのボランティアが多く募集されますので、なるべくなら編入直後は親が頻繁に行ってあげることをオススメします。

 

・ランチタイムや休憩時間(Recess)のフォロー

・近所の公園までの遠足(Field Trip)

  

いわゆる図書館や掃除などの保護者ボランティア以外に、実際に子供の面倒を見ます。

 

英語力がないお母さんだとどうしても避けて通りがちですが、編入直後の子供たちは親が来てくれるとやっぱり安心するそうです。

 

アメリカの小学校は、日本の幼稚園・保育園のようにお便り帳や連絡帳がないことも多いので、日常的に先生から子供の様子を聞くことができません。

 

そして、アメリカでは小学校は親のお迎えが基本ですが、最初のうちはお迎え時に担任から子供の様子についてフィードバックがあります。

 

なるべくなら、担任の先生に「今日、ウチの子どうでしたか?」と定期的に聞けると良いはずです。アメリカの学校の先生は、こちらから聞くとかなり細かく子供の様子を教えてくれますが、聞かない親にはなにもフィードバックをしてはくれません。

 

学校の教室で先生や、保護者同士で話せるレベルの英語を準備しておくとベストです。

 

 

まとめ

 

(子供の準備)

・アルファベットで名前の読み書き(大文字、小文字を使い分ける)

・発音(フォニックス)の練習

・英語で数を数えられる(1から10までは最低限)

・ピクチャーディクショナリー

・トイレ、着替え、食事などは自分でできるように

・集団生活のルールを知っておく

 

(親の準備)

・キンダーの保護者はボランティアで学校に行く機会が多い

・学校の先生や保護者と最低限のコミュニケーションができる英語力があればベスト

 

 

 

この記事が、これから9月の新学期に向けて準備するご家族の参考になれば嬉しいです。

 

楽しいアメリカ現地校生活を!

 

 

キンダー編入の子供の準備はこれだけでも十分!

 【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム