Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

【海外赴任】子供のストレス解消法、何がある?【アメリカ駐在・習い事】

海外生活でストレスをためる子供

海外での子供のストレス、どう解消させてあげればいい?

アメリカ駐妻歴3年目のMs.littlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に住んでいます。

 

一人娘が現在小学5年生で、現地校とボストン日本語学校(土曜のオンライン授業中)に通っています。

 

今回のタイトルは「子どものストレス解消法」です。

 

日本人駐在員家庭の子どもたちは、いろいろな形でストレスと付き合っていかなければいけません。現地校になじめない、友達ができない、英語についていけないなど、ストレスフリーで生きている子なんて一人もいないのでは?と思うくらいです。

 

大人はお酒を飲んだり、日本語で思う存分話したりすれば、ある程度のストレスは解消できるかもしれませんが、意外と根が深いのが「子どものストレス」だと思います。

 

どんなに日本で明るく、問題なく過ごしていた子でも、慣れない海外生活でストレスをためてしまう子もいます。

 

どんな子でも日本にいるうちに「現地でストレスをためない方法」を考えておく必要があるはずです。

 

そこで今回は、娘の「海外生活でのストレスを減らす」ために、日本にいるうちから模索した「解消法」をご紹介します。

 

子どもと海外渡航を予定している人に読んでいただければ、親子でストレスフリーな生活をスタートさせられるヒントになると思います。

 

現地でできる習い事を探しておく

サッカーをする少年

子供が日本でやっていた習い事を、海外転勤先でも続けさせてあげる

わが家の娘は日本でバレエや新体操をやっていました。

 

本人に聞くと「現地でも続けたい」とのことだったので、住むTownが決まりしだい、そこから通えそうなスタジオ、ジムを探しました。

 

Googleで「タウン名 Rythmic Gymnastics(新体操)」と検索すれば、アフタースクールプログラム(放課後の時間帯にやっている子ども向け教室)がたくさんヒットしたので、そのうちのいくつかにメールで連絡を取ってみることに。

 

現地に引っ越してからは、そのジムまで見学に行き、そのまま入会しました。

 

本人は学校の英語はなかなかついていけませんでしたが、好きなことでの英語はどんどん吸収していき、習い事のコーチが言うことは半年ほどでだいぶ理解できるようになりました。

 

ストレス解消はもちろん、英語の自信もつきましたし、仲の良い友達もできました。

 

「海外に着いていきなり子どもの習い事を始めるなんて、ハードルが高くないか?」

 

と最初は思いましたが、子どもが楽しめて、現地の生活になじむためには手っ取り早い方法でしたし、日本でやっていた習い事であれば、なおさら本人も自信を持って参加できます。

 

ウチの娘のように勉強が苦手なタイプの子なら、スポーツなどの得意なことで自分をアピールできる自信を持ち、ストレスに強いメンタルを育てていくのが大切です。

 

すでに居住地がだいたい決まっている人は、ネットで子どもの習い事を検索しておくと良いでしょう。

 

ただしアメリカの場合は、日本よりもだいぶ送迎に時間がかかることは覚悟しましょう。

 

私の娘はクルマで片道30分はかかる新体操ジムに通っていますが、それをフィラデルフィアに駐在する友人に話したところ……

 

「近くていいじゃーん!ウチは体操教室まで片道クルマで50分かかるよー」

 

と言われました。これはアメリカ郊外ではザラに起こるので、そのつもりでいてください。

 

アメリカでは、サッカーや野球、バスケットボールなどの球技系、器械体操や新体操、バレエなどの体操系などはもちろんですが、スポーツが苦手なインドアタイプの子には、レゴやマインクラフトなどのプログラミング系教室やSTEM教室も人気です。

 

とくに、アメリカの小学生にもブロックスなど、プログラミング系のゲームはすごく流行っていて、習える教室もたくさんあります。

 

ひきこもってロブロックス中毒だった小学生の男の子が「習い事」としてプログラミングを始めたら、あっという間に英語が上手になり、先生や友達とも仲良くなれた、ということもありました。

 

 

日本人講師の習いごとを探すには?

ピアノを習う女の子

日本人が多いエリアでは、日本人が教室を開いていることも多い

 

ピアノなどの楽器も探せばたくさんの教室がありますし、日本人が多い地域では日本人の先生を見つけられます。

 

習い事くらいは日本語で、ストレスなく自分の好きなことができると子どもの自信にもつながります。

 

しかし、駐在員同士で紹介してもらって、いざ体験レッスンを受けてしまうと断りにくいのが日本人……。

 

そこで、私はアブログが運営する「海外掲示板」を定期的にチェックして、日本人がやっている習い事やスクールを検索しています。

 

他にも、地域の求人や不動産、サークルなどの情報もたくさん掲載されていますし、もちろん大人向けの教室や同好会なども探せます。

 

世界各国の日本人駐在員が多い地域が網羅されているので、自分の渡航する国やシティがあるかどうかチェックしてみてください。

 

こちらの海外掲示板には、アメリカ各地や、日本人在住者の多い国の掲示板が載っています。

 

ぜひ、渡航予定の国の掲示板を探してみてください。

 

現地で子どもの習い事を「日本語で」検索できるのでとても便利です。

 

kaigai-bbs.com

 

 

まとめ

 

勉強以外のことだと、英語がわからなくても子ども同士はフィーリングで通じ合えるみたいで、娘はたくさんのお友達ができました。

 

学校で友達ができずにストレスをためてしまうのでは?と心配するより、校外での活動も視野に入れておけば、親としても気持ちが楽になります。

 

おまけに、習い事の保護者同士は英語でコミュニケーションするので、親の英語力もアップできます。これは思わぬメリットでもありました。

 

習い事は子どものストレス解消になるだけでなく、得意なことや自信があることを現地でも続けることで、居場所も見つけられます。

 

駐在員家庭は「現地校」と「日本語補習校」の勉強ばかりに追われがちなので、それ以外で「子どもが現地でも輝ける場所」を見つけてあげてください。

 

それが一番のストレス解消法になるはずです。

 

読んでいただいた皆さまとお子さんが、ストレスなく海外生活をスタートできることをお祈りしています。

 

 

 

完全無料!海外でも日本の最新情報をチェックできるアプリはスマートニュース