Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

アメリカ駐在員が米国で車を手に入れる方法まとめ【北米赴任・車・購入方法】

アメリカ赴任での車購入

アメリカ赴任先で日本人が車を買うにはどうしたらいい?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州ボストン郊外に住んでおります。

 

NYCのマンハッタンでもない限り、アメリカに駐在するとなったら車がないと生活がとても不便になります。これを読んでいる皆さんは、北米への赴任が決まって「車ってアメリカでどうやって買うの?」と疑問をお持ちかと思います。

 

そこで、この記事では、これからアメリカへ駐在・赴任する皆さんに「アメリカで駐在員がクルマを購入する方法」で、基本的なことだけをまずお伝えしていきます。

 

私は日本にいた頃には、20年以上クルマに関わる仕事をしておりました。もちろん今でもクルマは大好きで、異国の地アメリカでなんとか駐在妻として生きていられるのは、車のおかげと言っても過言ではありません。

 

とくに「自動車販売」の現場には長く携わったので、日米での車の購入方法を比べてみて、日本人にとって買いやすい方法がご提案できます。

 

アメリカですでに3台のクルマを契約し、ディーラーや中古車販売店を10件以上訪問した立場から、駐在員がクルマを手に入れる方法を「難易度順」に紹介します。

 

これを読んでいただければ、日本人がアメリカでクルマを買う方法をざっくりイメージしてから渡米できるはずです。

 

前任の駐在員・日本人帰国者から買う

日本人から車を譲り受ける

前任者もしくは日本人の帰国者から譲り受ける

 

駐在員にとって一番カンタンな方法は、前任者か日本人の帰国者から購入することです。

 

車種は選べませんが「確実に」車を入手するのには手っ取り早いです。

 

アメリカでの個人売買で必要なこと)

 

陸運局(RMVもしくはDMV)で登録

→管轄のDMV(RMV)で詳しい手続き内容を確認しましょう。

 

・支払い方法を決める

→現金・小切手・日本の口座振込など、日本人同士なら柔軟に対応できます。

 

(日本人の帰国者から買う方法)

 

帰国する日本人から買いたいと思ったら、ネットの掲示板を利用します。

 

全米の日本人掲示板で便利なのは、アブログの「アメリ掲示板」です。在米の多くの日本人が売買したいものを掲載しています。

 

アメリカ掲示板 | アメリカ生活の情報

 

こちらの「売ります・買います」の項目で「車」をチェックしましょう。アメリカは州ごとに掲示板がありますので、トップページ一番下の一覧から赴任予定の都市をご覧ください。

 

その値段が適正な価格なのかを知りたい場合には、Kelley Blue Book で車名や年式を入れると、現在そのモデルが取引されている値段がわかります。

 

個人売買サイト(Craiglist・eBayなど)もありますが、アメリカ歴が浅い人にはおすすめしません。

 

現地の人から「イーベイで探せば?」と提案されるかもしれませんが、日本だとヤフ◯クで車を買うみたいな感覚だと思ってください。相手がどんな人か、物件がどんな程度なのかビミョーなままでの取引は、駐在員デビューしたばかりの人には危険だからです。

 

カーディーラーで買う

アメリカのカーディーラー

欲しい車種があるならディーラーへ

まず書類を用意

ディーラーから購入する場合は、新車でも中古車でも、最低限以下の書類を揃えてからお店に行きましょう。

 

アメリカの運転免許証(未取得なら国際免許証とパスポート)

・車両保険の加入証明書(駐在員は住宅保険と同会社で加入することが多い)

・I-94

・ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)

・収入証明(給料明細など)

・住所・電話(携帯)番号・メールアドレス

・銀行口座(振出小切手の使える口座)

・クレジットカード

 

新車を買う

アメリカの在庫車

アメリカでは新車といってもあくまでも「在庫車」のこと

新車で買うとなると、日本人が勘違いしてしまいがちなのが「好きな車種やグレード、ボディの色が選べること」ですが、アメリカでは在庫車がただ新車だというだけで、お客はそこから選ぶだけです。

 

ボディカラーやグレードを選んで発注し、新車が届いたら納車するという日本スタイルではありません。

 

なので、新車のメリットは

 

・誰も使ったことがないピカピカな車だから、単純に気持ちがいい

・保証期間が長い

 

ことくらいで、アメリカで新車を買っても

 

・ほとんどの車が最初の3年でリセールバリューがガンっと落ちる

・ガタガタな舗装や、ケタ違いの雪・暴風・洪水でキズ付くとショックが大きい

・擦ったりぶつけたりしても、アメリカ人はあまり気にしない

 

ということに気づきはじめ、新車のメリットをあまり感じなくなります。

 

中古車を買う

中古車

駐在員が買う方法として一番現実的なのが「中古車」を探すこと

 

駐在員がアメリカで車をディーラーから買う方法として、現実的なのが「中古車」です。

 

日系中古車店

日系(日本人がやっている)の中古車販売店で買うメリットは

 

・全米各地に配送してくれる

・赴任者向けのローンを組んでくれる

クレジットヒストリーがなくてもOK、ビザで審査OKなど)

・日本の運転歴を考慮した自動車保険を提案してくれる

・高年式車、認定中古車など日本人が信頼できる物件(車)が多い

 

(全米展開している日系中古車店)

ガリバー(Gulliver USA)

https://gulliverusa.net

(実店舗)

カリフォルニア州シリコンバレー店、トーランス店、アーバイン

イリノイ州:シカゴ店

ニューヨーク州:ニューヨーク店

ミシガン州:ミシガン店

頻繁出張エリア:テキサス州

 

・ジャパンオートサービス(Japan Auto Services)

 Japan Auto Services

 (実店舗)

ワシントンDC店、シカゴ店、ヒューストン店、ボストン店、ニューヨーク店、ダラス店

 

 

日本人が多い地域には、この他にも地元密着の日系中古車販売店はありますので、日本人のネットワークや地元の情報サイトで確認しておくと良いでしょう。

 

そして、なにより日系中古車店は「日本語が通じる」のが最大のメリットです。

 

クルマの購入は難しい書類のやり取りが多いので、一つ一つを丁寧に「日本語で」説明してもらえると、納得して契約できます。

 

現地の中古車店

中古車も新車と同じように、現地の中古車ディーラーでも探せます。

 

中古車の場合は「車種」「グレード」「カラー」「年式」などを自分で絞り込んで、中古車検索サイトで販売店を検索します。

 

アメリカの「カーセ◯サー」のような中古車検索サイトが CarGurusです。

 

CarGurusは、問い合わせにはチャットで対応するので、電話をしなくても大丈夫です。

 

欲しい物件が見つかったらオンラインで来店のアポを取ります。顧客が入力するフォーマットがあり、電話番号かメールアドレスを入力すれば店舗から連絡が来ます。

 

オンライン購入サイト

車だってネットでポチるのが、アメリカでの最新のクルマ購入方法。Amazonで車も買えちゃうみたいな感覚で買えるのが、オンライン購入専門サイトです。

 

こちらの「Carvana」や「Carmax」はオンラインで発注すると、自宅まで納車してくれて、一定の期間であれば返品(もしくは返金)が可能なサービスです。

 

carvana

CarMax

 

配送してもらったとしても、メンテナンスや故障の場合はどこへ持っていけばいいんだ?と、日本人としては不安もありますが、クルマのことが英語できちんと理解できて、英語が堪能な人にはなかなか便利なはずです。

 

私の周りでも、フツーにこのサイトを使って車をポチっている人が多いです。

 

リースで契約する

車のリース

アメリカにもリースという購入方法もありますが……

 

アメリカにも「リース」があります。頭金(Down Payment)を入れ、契約期間分の車両価格を月割りで支払う方法です。

 

わが家も最初の2年はリース契約しましたが、わりと面倒ではありました。

 

以下がリース契約の注意点です。

 

・年間1万マイルなど走行距離の制限があり、オーバーするとペナルティの支払い

・期日より早く返却すると、残価を一括で支払わなければいけない

・駐在期間が延びてもリース期間は基本的には延長できない

 

アメリカ駐在員は赴任直後は「クレジットヒストリー」がなく「信用歴審査」の点数が低すぎるので、ローンの金利がバカ高くなります。

 

そこで「買わなくてもリースでいいじゃん」と安易に決めてしまいましたが、結局は普通にローンを組んだ方が支払いは安かったですし、あまりお得ではありませんでした。

 

アメリカで車購入、日本との違いは?

 

アメリカでクルマをすでに3台購入してみて、日本と違うなーと思ったことは

 

・お金持ちでもこだわらない人はボロい中古車でも平気で乗る

・10万マイル(16万km)以下の走行距離なら低マイル車と呼ぶ

・信頼の日本車だと30万、40万キロ走行なんて当たり前 

 

・何度もディーラーに行かない、見積もり、試乗、契約は1日で終わる

・訪問したら「これください」で、その日に納車(乗って帰る)が当たり前

・新車でも中古車でも、すべて在庫車から選ぶ

 

・道端に「For Sale」と書かれたクルマがよく置いてある →怖くて買えませんが

 

アメリカ駐在員はクレジットヒストリーも信用歴審査もないので、TVCMなどで見かける超低金利のローンは対象にはならない

 

まとめ

前任者・日本人帰国者から個人売買で買うのが一番手っ取り早い

・中古車店なら、日系ディーラーが日本語も通じて安心

・現地ディーラーを探すなら、ネットで物件を検索してから訪問

英語が上級者なら、オンラインでポチれば車も買える

・リースは駐在期間がハッキリ決まっている人向き

 

 

個人的な結論としては、

 

日本人駐在員が一番カンタンに車を買うには、日系ディーラーで中古車を現金一括で購入するのがおトクで、面倒がない購入方法だと感じます。

 

しかも、日本車のSUVなどリセールバリューがいい車種で、程度が良い物件を買えば、帰国のときにも高額で売却することもできます。

 

 

この記事が、これからアメリカへ赴任するご家庭のお役に立てば嬉しいです。

 

アメリカでも素敵なカーライフを!

 
 

 

 

海外赴任前に愛車を最高額で売却しておきませんか?

個人

1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【UcarPAC】