Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

【アメリカ駐在員と妻の車選び】ミニバンにはどんな車種がある?

ミニバン

アメリカ駐在員の車選び、日本のような「ミニバン」はアメリカにもある?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州ボストン郊外に住んでおります。長女が現地校の5年生(日本語補習校は6年生)で、毎日の学校への送迎や買い物など、アメリカで「車がなくては生きていけない駐妻生活」を営んでおります。

 

この記事は、これからアメリカ赴任などでこちらへいらっしゃる方に、現地のクルマ選び事情、とくに「ミニバン」についてお伝えします。

 

実は私、日本ではクルマ関係の仕事を20年以上しておりました。

 

大学時代は関東地方の某峠で走り屋をやっていたほどのクルマ好きでもあります。そんな「元走り屋の駐在妻」というニッチな人物ではありますが(笑)、アメリカで日本人が乗るクルマについては「ちょっと他の奥様方よりは詳しいぞ」という目線でお伝えします。

 

アメリカでも日本と同じようなメーカーや車種が選べますが、日本とはモデルのラインナップが違います。とくに、家族の多い方が「3列シート」「スライドドア」を探すとなると、日本のように選び放題ではありません。

 

そこで、この記事では家族で赴任される人に、アメリカにあるミニバン(3列シート)をご紹介します。これを読んでいただければ、アメリカ赴任での車選びの参考になさっていただけるはずです。

 

 

トヨタTOYOTA)SIENNA(シエナ

www.youtube.com

 

 

アメリカでミニバンといったらSIENNA。アメリカでの定番モデルです。これしかミニバンは無いのでは?と思うほどたくさん走っています。

 

こちらはTOYOTA USAのオフィシャルYouTubeチャンネルで紹介されている2021モデルですが、少し古い年式でもSIENNAは数多く販売されています。

 

こちらのトヨタディーラーでも、新車も中古車も膨大な数を見かけます。

 

日本でアルファードとノアとヴォクシーヴェルファイアを足したくらいの数あるんじゃないかと思うくらい(実際にはそんな台数はないはずですが)。なので、探すのは簡単なモデルだと思います。

 

ちなみに、シエナ日本では未発売のモデルです。

 

全長が5mあるので日本のミニバンよりも「デカっ!」という運転感覚です。知り合いに運転させてもらいましたが、運転席から3列目のシートにいる人がめちゃくちゃ遠く感じました。

 

ホンダ(HONDA)ODESSEY(オデッセイ)

www.youtube.com

 

HONDAのODESSEYも、アメリカで販売されているミニバンの一つです。

 

お子さんが多く、チャイルドシートが数台必要なファミリーに人気のモデルです。

 

しかし、年式やグレードによりますが、オデッセイにはAWD(All Wheel Drive)、いわゆる四輪駆動がほとんどありません。ほぼFWD(FF)です。

 

豪雪地帯であればハイ消えたー!な選択肢。アメリ東海岸や中西部ってだいたい大雪が降るので、前輪駆動(FF)じゃ冬は怖くて乗れません。

 

なので、雪の降らない地域でしか売れていないホンダのオデッセイ。マサチューセッツ州をはじめとする東海岸や、シカゴなどの中西部で雪の多い地域だと、冬に大雪降られちゃったらスリップ覚悟です(たまーに見かけますが、冬はどうしているのか心配になります)。

 

アメリカで寒い地方は日本と比べ物にならないほど雪が降ります。もちろん除雪車も出動しますし、除雪も日本に比べたらしっかりされてはいるのですが、日本で四輪駆動に乗ったことがない人でも4WD(AWD)がベストだと思います。

 

住む地域の気候と、駆動方式の選択にはお気をつけください。

 

 

アメリカでミニバンを選ぶ人は?

アメリカのミニバン

日本のように3列シート車がうじゃうじゃいるわけではないアメリ

 

アメリカだと、ミニバンは日本ほどたくさん車種がありません。

 

あえて選ぶ人にはちゃんと理由があります。日本のようにファミリーだからミニバンに乗るという単純な選択はしない人が多いように感じます。

 

スライドドアがいい人

ですが、アメリカでは日本ほどガレージや駐車場が狭くないので、それほどメリットを感じないかもしれません。

 

私の知り合い在米ママは一時帰国した日本でレンタカーしたミニバンの便利さに惚れてしまい、シエナを買いましたが、アメリカではそれほど魅力的でもないことに気づいたそうです。

 

よほど自宅のガレージの横幅が狭くて、ドアを横開きにできないなら話は別ですが、全長が5mもあるシエナが入るようなガレージは、結局は大きいはずです。

 

子供が多い家族

MA州の場合は8歳まで(もしくは身長57インチまで)はチャイルドシートが必要で、11歳までは助手席に乗れません。

 

チャイルドシートが必要な子供が3人以上いる家庭は、必然的にミニバン一択でしょう。

 

5人乗りのSUVで、2列目に3つチャイルドシートをつけるのは現実的ではありません。

 

リセールバリューを気にする人

シエナやオデッセイはとにかくライバルがいないので、リセールバリューもいいそうです。とくにシエナは、中古車でもわりと高い値段で売られています。

 

短期の赴任で、手放す予定がすでに決まっている人は、帰国のときに売ると予想以上にいいお値段で手放せるかもしれません。

 

アメリカでミニバンはどんなイメージ?

サッカーをする少年

サッカーマム(サッカー少年の送迎をするママ)のクルマがミニバン

アメリカでは、ミニバンは「サッカーマム(子供のスポーツの送り迎えをするママ」と呼ばれます。それが車名か?と勘違いするくらい「Soccer Momに乗っている彼女」みたいな言い方をします。

 

ミニバンに乗るママも「サッカーマムだよねこの車〜」と気にしながら乗っています。

 

サッカーマムと呼ばれるのは、パパが乗るとダサい認定される車だからです。

 

だから、シエナやオデッセイなどのミニバンを持っているファミリーのパパは、だいたい別の車を自分専用に持っています。そのくらい、男性が運転していると「所帯じみたクルマに乗ってんな〜」「ママのクルマ借りてきたんか?(笑)」と思われてしまうそうです。

 

日本と同じように、ミニバンは室内も広くて便利なクルマなのですが、そういったイメージから敬遠するパパも多いようです。

 

まとめ

  

日本のようにコンパクトなサイズで3列シートのクルマは、アメリカにはほとんど選択肢は無いと思った方が良いでしょう。日本人的には「TOYOTA SIENNA」か「HONDA ODESSEY」の2択と言っても良いかもしれません。

 

シエナとオデッセイ以外であれば

 

・KIA「SEDONA」

Dodge「Grand Caravan」

・Chrysler「Town&Country Touring」

 

などもありますが、物件数が少なく探すのも大変です。しかも、どれも日本のアルファードより全長が長いので、さすがにアメリカでも女性は運転しづらいです。

 

日本にいるうちにアメリカの新車・中古車探しをするなら「アメリカのカーセ◯サー」と日本人が呼んでいるこちらの検索サイト「Car Gurus」が便利です。

 

アメリカでもクルマはちょっとこだわって探したい人や、前任者や知り合いから譲り受ける予定がなく、自力で探さなちゃという人には参考になるはずです。

 

www.cargurus.com

 

読んでくださったご家族が、アメリカで素敵なカーライフを送れることをお祈りしています。この記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

 

海外赴任前に愛車を最高額で売却するなら【ユーカーパック】

公式サイトから無料査定はこちら

一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!

 

 

完全無料!海外でも日本の最新情報をチェックできるスマートニュース