Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカのスーパーで日本との違いに駐在妻が驚いたこと【肉・魚編】

f:id:MsLittlepond:20211207031049p:plain

 

アメリカ駐在妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤でマサチューセッツ州に住んでおり、現在小6の長女がいます。

 

このブログはこれから海外へ帯同する未来の駐在妻の皆さまへ情報を発信しておりますが、この記事ではアメリカへ行かれる方へ「現地スーパーで日本との違いに注意すること」をご紹介します。

 

アメリカ駐在妻デビューしたら、まず攻略すべきは現地のスーパーマーケットです。しかし、日本のスーパーとはぜんぜん違うので最初はびっくりしてしまいます。

 

日本のように「カユいところにぜんぜん手が届かない」のがアメリカのスーパー。とくにお肉やお魚といった、毎日のように使う食材の売り方が、日本とはぜんぜん違います。

 

そこで、アメリカ駐在妻が現地のスーパーを使いこなすために、知っておくと便利な基礎知識をお伝えします。

 

 

「肉売り場」日本との違いは?

アメリカのスーパーの肉売り場

アメリカのスーパーで衝撃的なのが「肉売り場」

アメリカの現地スーパー(米国資本系)で、まずびっくりするのが、お肉の売り方の大雑把さ。

 

噂には聞いていても、日本のような「料理によって切り方や種類を使い分ける」ようなきめ細やかさはありません。

 

大きな塊か、切ってあっても「デカっ」と言いたくなるような大きさばかりです。もはや、薄切りと言っても薄さの定義さえわかりません。

 

お肉の種類ごとに、日本との違いを紹介します。

 

 

鶏肉は「皮&骨なし」か「皮&骨つき」

鶏肉(胸肉・モモ肉)ともに「皮・骨なし」か「皮・骨あり」

アメリカに来て驚いたのが、鶏肉(モモ・ムネ肉)は「骨も皮もついている」か「骨も皮もなし」のどちらかで売られていることでした。

 

日本のように、いい具合に「皮だけ」ついている鶏肉がありません。皮つきが欲しいと思っても、もれなく「骨」もついてきます。

 

なので、皮がビミョーに残っているものを選ぶか、骨つきの状態で買って、骨を取り外して調理するかのどちらかになってしまいます。

 

日系やアジア系のスーパーでは、皮だけを残して捌いた鶏肉が売っていることもあるので、ご自分の好みに合う鶏肉がどこで売っているか探してみましょう。

 

ちなみに、ササミ(Chckin Tender)は日本と同じような大きさ、形で売られています。

 

 

豚肉は薄切りが売っていない

アメリカのスーパーの豚肉売り場

「Thin Sliced(薄切り)」と書いてあってもぜんぜん薄くない豚肉

アメリカに薄切り肉がない問題は、まず「豚肉」で発生します。

 

「Thin Sliced(薄切り)」と書いてあっても、日本人的には「コレじゃ分厚いとんかつ用やんけ〜!」とツッコミを入れたくなる豚肉が、堂々と肉売り場に鎮座しています。

 

もちろん、こちらも日系やアジア系のスーパーなら、豚コマや薄切りレベルの豚肉が売っているのですが、アメリカ系スーパーで買うなら、塊の肉を自分で薄切りにするしかありません。

 

日本人は豚肉を「塊のまま冷凍」して「スライサーや包丁で凍ったまま薄切り」にする人もいます。薄切りだと値段が高いので、それが一番コスパが良いのだとか。

 

 

牛肉も薄切りは売っていない

アメリカスーパーの牛肉売り場

牛肉も薄切りは基本的にない

 

そして、お気づきかとは思いますが、牛肉も基本的には薄切りがありません。

 

ステーキ用にスライスした厚さ1cm以上はありそうな牛肉が堂々と「薄切り(Thin Sliced)」として売られています。

 

もはや、フライパンでやっと1枚が焼ける大きさに切っただけです。

 

「フィリーチーズステーキサンドイッチ」用に薄くスライスしたのはあります。しかし向こう側が透けて見えるほど「薄っ!」というスライス牛肉なので、火加減を気をつけないと、焼いた瞬間にボロボロになってしまいます。

 

牛肉は「厚すぎる」か「めっちゃ薄すぎる」ものしかないと思っていた方が良いでしょう。これも切れ味の良い包丁で、自分の好みの厚さに切るしかありません。

 

もちろん、日系やアジア系スーパーでは薄切りは売っています。わが家は韓国系のスーパーで「プルコギ用」や「しゃぶしゃぶ用」の牛肉を大量に買って冷凍して保存しています。

 

 

牛豚の合挽き肉がない

アメリカスーパーのひき肉

豚・牛・鶏・ターキーのひき肉(Ground)はあるが、合挽きはない

ひき肉は牛、豚はもちろん鶏肉やターキー(七面鳥)もありますが、合挽き肉がまったくありません。

 

そして、合挽き肉はなぜか日系やアジア系のスーパーでも見かけません。

アメリカスーパーのひき肉

牛肉、鶏肉などもそれぞれのひき肉のみで、合挽きは見かけない

 

アメリカ人は合挽きを使わないそうで、ひき肉って牛豚を混ぜない?と聞いたら「なぜ混ぜる必要がある?」と逆に聞かれてしまいました。

 

ミートローフ用であれば牛豚の合挽きになっているようですが、どうも脂身と赤身のバランスが良くありません。

 

私は、ハンバーグなどには牛豚の合挽き肉を使いたいので、同じ1ポンドの牛、豚のひき肉を買って来て、好きな割合で混ぜてから小分けにして冷凍しています。

 

また、アメリカのひき肉は「Lean」と「Fat」(赤身と脂肪の割合)も表示されているので、自分の好みで選んでみましょう。

アメリカのスーパーのひき肉

赤身と脂肪分の割合も表示されている

 

最初はいくつか違った割合のひき肉を買って、自分が作りたい料理に合うかを試してみるのもおすすめです。

 

 

「魚売り場」日本との違いは?

アメリカのスーパーの魚売り場

魚は切り身ではなく、だいたい量り売りなのがアメリカのスーパー

アメリカのスーパーでは、魚は基本的に「量り売り」です。

 

スタッフに声をかけ、どれをどのくらいの分量(ポンド)で欲しいのかを伝え、計ってもらい、紙に包んでもらったものに値段のシールを貼ってくれるので、それを最後にチェックアウト(レジ)で支払います。

 

日本のスーパーではなく、商店街の魚屋さんで買うのと同じような感じです。

 

 

切り身が多くない

サーモンの切り身

切り身で売っているのはサーモンやコッド(鯛)

アメリカのスーパーで売られている魚は、だいたい家族分で1ポーションくらいのでっかい切り身を、ポンドあたり値段を表示して売られています。

 

しかし、だいぶ大きいので日本人なら一食ハーフポンドでも十分です。

 

日本のように切り身で売られている魚はサーモンやコッド(鯛)など、種類が限られています。鯖や白身など、日本人が好きな魚は日系やアジア系のスーパーに行かないと、切り身では手に入りません。

 

アメリカのスーパーのサーモンの切り身

サーモンなど一部の魚のみ切り身のパックで売っている

 

また、アメリカ系のスーパーで売っている魚は、基本的に生では食べられません。

 

日本人ならお刺身を食べたいと思いますが、刺身グレード(生で食べられる)お魚は普通のスーパーでは売っていません。

 

アジア系、もしくは日系スーパーや、地元の鮮魚店で「Sashimi Grade」を買うしかありませんが、刺身におろした生魚はめちゃくちゃ高いので、自宅で切るのがコスパもよく、美味しい状態で食べられます。

 

なので、日本から刺身用の包丁を持参すると便利です。

 

わが家はこちらのちょっと刃紋が大げさな刺身(蛸引き)包丁を持参しました。こちらでも刺身包丁は売っていますがバカ高いですし、これでホームパーティーで刺身をおろすと、アメリカ人にはマグロの解体ショー並みに喜んでもらえます。

 

 


Utaki 柳刃包丁 蛸引包丁 刺身包丁 265mm 鍛造73層ダマスカス羽紋 G10ハンドル (sdd058zz)

 

 

エビ・カニ・貝などの海鮮も量り売り

アメリカのスーパーの海鮮コーナー

エビ・カニ・貝(ほたてなど)も、基本的には量り売り

エビ、カニなどの甲殻類や、ホタテ、二枚貝なども、基本的にはこういった量り売りです。

 

ポンドあたりいくらで表示されているので、お店の人に欲しい数量やポンド数を伝えて、梱包してもらい、シールで値段をつけてもらってチェックアウト(レジで会計)します。

 

エビ・カニはボイルした(茹でた)ものがほとんどです。

 

アメリカのスーパーの冷凍シーフード

海鮮は冷凍でもたくさん売っているので、保存するならおすすめ

また、切り身のサーモンやコッド(鯛)、エビなどは冷凍商品もスーパーにたくさんあるので、一度に使いきれない場合にはおすすめです。

 

 

まとめ

 

アメリカのスーパーの「肉・魚」コーナーで、日本との違いに最初は戸惑うポイントをお伝えしました。

 

日本からアメリカへ渡航すると、日本では小分けで売っていたり、欲しい量だけ手に入ったり、いろいろな料理に使える食材が売っていたりと「あー、本当に日本のスーパーの食料品売り場って、痒いところに手が届く」と実感します。

 

しかし、工夫しだいではアメリカのスーパーの食材でも、日本で作る料理と同じようなものはできるはずです。

 

この記事が、これからアメリカへいらっしゃる未来の駐在妻の皆さんが、持参する調理器具やレシピなどの参考になれば嬉しいです。