Pre駐妻.com

パートナーの海外転勤について行く人のためのブログ。

海外赴任なのに妻は英語ができないとお悩みの夫の皆さんへ【アメリカ駐在妻おすすめ英語準備】

英語ができない妻に悩む男性

海外赴任に英語ができない妻を帯同しても大丈夫か?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤でマサチューセッツ州のボストン近郊に住んでいます。長女は現在小学5年生で、現地校とボストン日本語学校(補習校)に通っています。

 

この記事では

 

「海外赴任に英語ができない妻を帯同して大丈夫か?」

 

とお悩みの皆さんに、英語ができないアメリカ駐在妻だった私が「あまり大丈夫ではない」ことをお伝えします。

 

 

まずは、カンタンに私のことを少しだけお話しします。

 

海外在住経験ゼロ純ジャパ40代主婦として、夫のアメリカ赴任に帯同

駐妻1年目:英語ができず、家事オンリーの「ひきこもり駐妻生活」

駐妻2年目:日本の英語教材を5〜6つ試して英語克服に動き出す

駐妻3年目:健康で文化的な最低限度の駐妻生活を営めるようになる

 

今では買い物、レストランの店員との会話はもちろん、病院での問診や、小6長女の学校ボランティアや習い事のコーチとの会話が、すべて英語でできるようになりました。

 

英語ができないままでいたら、娘にも夫にも負担をかけ続けていたと思います。

 

そこで、これから海外赴任する夫の皆さんには、英語ができない駐在妻の現実と、悩む前の予防策や解決方法を知っていただきたいのです。

 

これを読んでいただければ、夫婦で、家族でストレスなく海外赴任ライフを送るための準備ができるはずです。

 

 

 

英語ができない妻が夫に頼ること

英語ができない駐在妻

英語ができないと夫が専属通訳になることに

子供の学校関係

まず、私が英語で苦労したのが「子供の学校関係」です。

 

娘は小3で現地校に編入しましたが、私ができたのは「毎日の送り迎え」だけで、先生とのコミュニケーションがぜんぜん取れませんでした。

 

ある日、おたくの娘さん、ちょっと英語ヤバいから家庭教師をつけた方がいいよ的なことを、学校の先生から言われて「はっ??」となり、慌てて夫に相談しました。

 

学校へ迎えに行ったときにいくらでも担任と話すチャンスはあったのですが、英語を拒否し続けていたので状況がわからず、先生もしびれを切らして伝えてきたのだと思います。

 

結局、英語ができる夫が担任と話し、ELLの先生や校長もまきこんで娘の英語力のフォローをしてくれましたが「お母さん英語しゃべらないんじゃ仕方ないね〜」という空気が針のむしろのように感じました。

 

病院などの日常生活

娘の健康診断はもちろん、歯医者さん、定期健康診断など、病院には一人では行けませんでした。

 

まず、受付で質問されていることもさっぱり分からず、絶望的なリスニング力のままアメリカに来たことを激しく後悔しました。

 

これも夫に仕事を休んで対応してもらいました。会社を休む際に「妻が英語ができないもので……」と電話で言ったりメールに書いていたので、本当に申し訳なかったです。

 

運転免許の試験や娘の学校のボランティアなど、私の英語力ではどれもムリだったので、いちいち頼むたびに、夫は私に隠れて「はーっ」とため息をついていました。

 

トラブル対応

アメリカの住宅は洗濯機や食洗機、冷蔵庫などがすぐ壊れます。

 

これも、修理に来てくれる人との会話がおぼつかないので、夫が仕事を休んで対応してくれました。

 

クルマがパンクしたり、娘が急に熱を出したり、大雪で停電したりなど、急に「英語で対応しなきゃいけないシチュエーション」がやってくると、すぐ夫に電話して助けを呼びました。

 

夫も「そんなことくらいオマエがやれ」と言いたいのをグッと我慢していたに違いありません。海外赴任直後で仕事も大変な時期なのに、いちいち「通訳」のために会社から呼び戻され、仕事の手を止めていたので、会社の人からも私は「面倒臭い妻」扱いだったかもしれません。

 

英語ができないとなりがちなイタい駐在妻のパターン

アメリカでのホームパーティー

怖かったのは外国人だらけのパーティーでした

外国人との集まりを拒否

 なにより私が恐れていたのがアメリカ人のホームパーティーです。

 

アメリカのTVドラマの中だけでしょ〜、と思っていましたが、本当にしょっちゅうあるんです、ホームパーティー。夫の同僚やボスが、アメリカに来て間もないから楽しませてあげようと家に呼んでくれるのですが、私にとっては楽しむどころか、恐怖の時間でしかありませんでした。

 

一言二言、英語で挨拶をしたら、わかりもしない英語の会話を愛想笑いを浮かべながら聞いているだけ。たまに英語で質問され、カタコトの英語で返すと、変に気を遣った夫が私の何言っているかわからない貧相な英語を、流暢な英語に通訳する始末……

 

「こっちだって英語をしゃべってるんじゃボケ!」

 

なけなしのプライドが、こっぱみじんに砕け散りました。

 

そんなことを繰り返すうちにホームパーティー恐怖症になり、アメリカ人との接触を避け始め、挙げ句の果てには「あなただけ行って来て」と参加を拒否するようになりました。アメリカではパーティーは夫婦揃ってが原則なので、夫もだいぶヒンシュクを買ったことでしょう。

 

日本人との密な関係でトラブル

 結局、私が会話できたのが「日本人の駐在妻さん」だけでした。

 

娘が同じ小学校に通っていた日本人ママと適度な距離感を保ってお付き合いを始めたつもりでしたが、私よりハイレベルで病んだ人に出会ってしまい、他人との距離感がおかしくなっていたのか、アパートの入り口で偶然を装って待ち伏せされるようになりました。

 

しばらくすると「今、◯◯にいたでしょ?」「今日、一緒にランチしない?」と、怒涛のLINE攻撃が始まったのです。

 

「ストーカーか?」と恐怖さえ感じました。

 

海外で病んだ駐在妻で絡むと、ネガティブな日本人同士で「お互いに助け合わなくちゃ」という精神に火がついてしまい、他人との距離感がわからなくなってしまう人も多いことがわかりました。

 

ひきこもる

日本人との付き合いさえ面倒くさくなった私は、ほとんど家から出なくなりました。

 

スーパーやショッピングモールの店員さんが言っていることもわからないし、カフェでの注文もおぼつかない。しかし、言葉の通じる日本人とツルむのも面倒臭いので、一人で家事だけする生活の方がまだマシだと思うようになったのです。

 

そこから1年以上、ひきこもり駐在妻として、健康的でも文化的でもない最低以下のアメリカ生活をスタートさせてしまったのです。

 

駐在妻に必要な英語は住むだけでは身につかない

英語ができずにひきこもる駐在妻

中学高校で英語はやったのになぜ話せない?

「このまま廃人駐在妻を続けるワケにはいかない」

 

と一念発起し、現地でELLを探したり文法書を買ったりもしましたが、教会や図書館のELLは日本人ばかりで完全に「日本人の駐妻交流会」になっているし、英語を英語の文法書で勉強するには難しすぎました。

 

現地のハイスクールでやっている大人向けELLのグループレッスンでは、しゃべれる人が延々と話し、しゃべれない人はただ話を聞いているだけで終わりました。

 

アメリカで駐在妻が英語を学べる場所を探すのは、恐ろしく難しいことにも気づいたのです。

 

そこで、1年目の一時帰国時に日本の「英語教材」「英語アプリ」を6つほど購入し、今まで2年をかけて取り組んでみました。

 

アメリカ駐在妻は「子供のこと」や「日本のこと」を聞かれてすぐに「言いたいことを英語にできること」が求められます。ビジネス英語やTOEIC対策教材では駐在妻に必要な瞬発力のある日常英会話は身につきません。

 

大切なのは「中学レベルの英語」で「自分の言いたいことがすぐに言える」ことです。

 

そんな駐妻英語を身につけるためには「聞き流す系」や「結果にコミット系」の英語教材ではなく「音読系」が一番効果があると気づきました。

 

これから紹介する3つは「音読系」で日本人が苦手なスピーキングが鍛えられます。中学、高校でしっかり英語をやった人であれば、どれか一つをやれば絶対にアメリカでも一人で行動できる英語力が身につくものです。

 

「妻に期待する英語レベル別」おすすめ英語教材

日本の英語教材

日本の英語教材を一つやるだけで、ひきこもり駐在妻にならずに済む

 

レベル1「買い物やカフェで注文・挨拶や世間話ができる」

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

 アプリで動画を観るスタイルで、隙間時間にやりたい人や、何から英語をやれば良いかわからない人が気軽に始められます。お店やレストランでの基本のやりとりはもちろん、アメリカ英語のベーシックなやりとりが網羅されています。

 

コース期間は6ヶ月と12ヶ月がありますが、中学英語の基礎がある人なら6ヶ月で十分です。アプリなので海外でもWi-Fiさえつながれば続けられます。

 

レベル2「病院や学校など、事務的なやりとりができる」 

七田式7+ENGLISH

 アメリカ人がリアルに使う「60フレーズ」を1日20分、2ヶ月(60日)で無駄なくインプットしていく教材です。

 

渡航まで時間がないけれど、自分が言いたいことが伝えられる最低限の英語表現だけはマスターしていきたい人にぴったりです。

 

レベル3「日本文化や慣習なども説明できる」 

JJ ENGLISH エクササイズ

 こちらも動画で、中学英語で習った文法やイディオムを「アメリカでリアルに使える表現」としてインプットする教材です。

 

「中学高校で習ったが、ネイティブが使うと違ったニュアンスになる」というような正しい使い方を教えてくれます。

 

日本の文化を題材にした教材なので、日本のことを聞かれて使える表現がたくさん出てきます。

 

この3つのなかでは「JJ ENGLISH」がいちばんボリュームがあり、進め方によっては2ヶ月から1年ほどかかります。しかし、自分のペースで長く英語を続けたい人や、小学校中学年以上のお子さんと共用したい人には、かなり多くの英語表現が身につくのでオススメです。

 

 

まとめ

 

海外駐在に帯同する妻も英語ができれば「夫」もストレスなく過ごせま

 

現役アメリカ駐在妻で、英語ができずに1年間ひきこもった私が自信をもって言えることです。

 

だからといって直接「英語やっといてよ」と言われたら、妻としてもプライドが傷つきますし、会社が準備費用を出すからと、いきなり英会話レッスンに申し込んだりしてプレッシャーをかけるのもいけません。

 

きっと「そもそも私は英語ができないのに海外についていくんだから、あなたがフォローしてくれればいいでしょ」と開き直られます。

 

そんなときは、奥さまにもこの記事をお読みいただいてもいいですし、ダンナさまも一緒に英語に取り組んでもいいと思います。ビジネス英語はできるけど、雑談が苦手という方にも、ここで紹介した英語教材はぴったりだからです。

 

私の夫は帰国子女なので、英語ができない人の気持ちがわかりません。

 

しかし、努力で身につけた英語力で海外駐在員に選出されたダンナさまに「海外生活を楽しめるように一緒に英語やっておこう」と言われたら、奥さまの気持ちも動くと思います。

 

私は生まれて初めて「学校以外の英語」を日本の英語教材で勉強し直して、改めて英語の楽しさがわかりました。今では「日本の英語教材オタク」になりつつあります(笑)。

  

夫婦で英語ができる海外生活ほどハッピーなものはありません。

 

海外での友人が倍に増えますし、新しい世界にガンガン触れられます。

 

皆さまが、充実した海外赴任生活を送れることをお祈りします。

お読みいただき、ありがとうございました。