Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

アメリカ駐在妻が日本から持ってきて良かった100均グッズ7選!【アメリカ赴任・準備】

100円ショップ・100均

アメリカ赴任に日本から持っていくべき100円ショップのアイテムは?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年よりマサチューセッツ州に住んでおります。夫の転勤で移住し、渡航当時小3だった娘は現在は5年生。ボストン日本語学校(補習校)にも通っています。

 

今回の記事は、日本から持ってきて良かったものシリーズ「100均アイテム」編です。

 

100円ショップには、海外赴任に持って行くのに値段も品質もサイコーな商品が揃っています。マサチューセッツには大型日系スーパーマーケットやDAISOは無いので、痒いところに手が届く日本グッズが買えるお店がなかなかありません。

 

そこで、これから海外へ出発される皆さんが「日本で買って持って来ると便利な100円グッズ」をご紹介します。わが家が実際に持ってきたアイテムがなぜアメリカで役に立ったのか、渡航前の100円ショップでは何を買うべきかをお分かりいただけるはずです。

 

 

食器類

そば用ザル、そばちょこ

100均の蕎麦ざるとそばちょこ

安くて気の利いたものが売っていないアメリカで一番重宝したもの

 

蕎麦ざるは、プラスチックで軽いのが100均に売っています。

 

ボストン近郊で買おうとすると探すのが大変ですし、見つけてもかなりお高いので、持ってきて正解でした。そばちょこもこちらで探すと高くて良いものが見つからないので、こちらで十分でした。100円には全然見えません。

 

洗いやすく、お蕎麦を食べるときにも日本を感じられるので、アメリカではだいぶ重宝しています。

 

日本人が遊びに来たときにこれでお蕎麦を出したらすごく喜んでくれて「どこで買ったの?」と聞かれて日本の100均だと答えたところ、次に一時帰国したら絶対これ買ってこよう!と言っていました。

湯のみ&日本酒用のおちょこ

日本酒のおちょこと湯のみ

湯のみや日本酒用のおちょこもなかなかアメリカには売っていません

これも日系スーパーが少ないボストンへ持って来て正解でした。100円には見えません。

 

意外と日本酒はアメリカでもたくさん売っています。ホームパーティーで日本酒をふるまうときに、アメリカ人に「自分の好きなおちょこを選んで」と差し出すと、全員が「Wow!」「Beautiful!」と言ってものすごく喜んでくれます。熱燗で楽しみたいなら徳利もセットで買って来ると良いと思います。

 

湯のみもアメリカで買うと高いですし、センスのいい日本雑貨を売るお店があれば良いのですが、日系スーパーのないボストン近郊では日本の100均の方が良いもの買えたな〜と思っています。

 

ポチ袋&封筒(お札が入るサイズ)

ポチ袋と封筒

日本人同士でお金や小切手をやりとりするときに便利なポチ袋と封筒

これは「日本人同士」で使うアイテムです。

 

日本人コミュニティや子供の日本語補習校などでは現金や小切手(チェック)をやりとりすることがあるのですが、そのまま渡すのは日本人的には失礼に感じますし、名前も書けるので重宝します。

 

渡すと「あー、これってすごく日本だね〜」と喜んでもらえます。

 

ちなみに、引越しの際にアメリカ人スタッフにチップを渡すのにポチ袋に入れて渡したら、喜んでいいのかビミョーなリアクションだったので、日本人限定で使うようになりました。

 

ラッピンググッズ(透明な袋)

100均のラッピング用品

中身が見えるラッピング用品があまり売っていないアメリ

こちらは子供のバレンタインハロウィンなどのイベントで大活躍します。

 

アメリカの場合はプレゼントやギフトは「中身が見えない」のが大前提なので「もらった瞬間に何が入っているかがわかる」ラッピンググッズがありません。

 

日本のラッピンググッズ

日本のキットカットを100均のラッピングに入れてクラス全員へ

アメリカの小学校では、担任の方針にもよりますがバレンタインデーは基本的に「クラスメート全員」「担任」「サポーター」「ELLの先生」など、30人近くにギフトを用意するので、かなりの数をラッピングしなければなりません。

 

100均の50枚も入っている透明な袋はとても役に立ちました。

 

中身が見える状態で渡されることに慣れていない子供はもちろんですが、娘のクラスは担任の先生が一番喜んでいたそうです!「So Cute!」「Nice!」を連発していたとか(笑)。娘は「私のギフトが一番注目を集めていた」とドヤ顔で帰って来ました。

 

ハロウィンのお菓子ラッピング

ハロウィンでも、親しいお友達にあげるお菓子にはこんな風に使えます

 

扇子

100均の扇子

アメリカ人へのギフトとして喜ばれるのが100均の扇子

これはアメリカ人へのちょっとしたお土産やギフトとして喜ばれます。

 

コッテコテの和柄の方がよりリアクション大きめで喜んでくれます。ご近所さんや、夫の会社の同僚、お友達になった人に気軽に渡しています。暑い時期には折りたためるポータブルな扇子はアメリカ人にとっても便利なのだとか。

 

「えっ!!こんなに素敵なのもらっていいの?」と驚かれますが「日本では1ドルくらいのお値段だから」と言うと、さらに「これが1ドルで買えるのか!」と驚かれます(笑)。

 

洗濯ネット

100均の洗濯ネット

日本人が日本の100均で買って帰る定番は洗濯ネット

日本の100均アイテムで、アメリカ在住の日本人の定番はやはり洗濯ネットです。

 

アメリカの洗濯機、乾燥機は強力で衣類も痛むので、デリケートなものはやっぱり洗濯ネットに入れて洗う方が長く着られます。

 

アメリカ人の友人が自宅に遊びに来たときに、この洗濯ネットを見て「なにこれ?」と言うので、説明してあげたところ「なにそれ!私も欲しい!」となり……

 

開封していない100均の洗濯ネットをいくつかあげたらものすごく喜んでいました。アメリカって洗濯物をネットに入れて洗う発想がないんだな〜と思った出来事です。

 

ラップ類

日本製のラップ類

アメリカのラップは使いにくいので日本製が喜ばれます

アメリカのキッチン用品でイライラするものナンバー1は「ラップ類」です。

 

切りにくい、くっつかない、これ本当にラップとして機能するのか?みたいなものばかりです。

 

なので、現地の日本人にギフトとしてあげるなら日本のラップが最適です。アメリカの日系スーパーでも日本製ラップは買えますが、ものすごく割高なので普段はアメリカのラップをイライラしながら使っている日本人も多いのです。

 

しかし、日本から来た人にラップをいただくと「日本の使いやすい〜!」と感動します。

 

100均にあれば、小さめのものを日本人用ギフトとして買っておくのをオススメします。

 

 

 

以上、アメリカ赴任へ持っていく100均アイテム、いかがでしたでしょうか?

渡航の準備で100円ショップへ行かれる際の参考にしていただければ嬉しいです。