Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

海外赴任・妻の英語準備にアメリカ駐在妻のおすすめ教材2選!【駐妻英会話・勉強法】

f:id:MsLittlepond:20211104230443p:plain

 

アメリカ駐在妻のLittlepondです。

 

2018年に夫の転勤で、小3の娘を連れてマサチューセッツ州ボストン郊外に移住しました。

 

きっとこの記事を見つけてくださった皆さんは

 

「パートナーの海外赴任に帯同するけど、英語が不安……」

 

とお悩みで、検索してくださったと思います。

 

私はアメリカに来て4年目ですが、最初はものすごく英語で苦労しました。

 

 

しかし、現在は買い物やレストランの店員との会話はもちろん、病院での問診や学校ボランティアや習い事のコーチとも英語で会話できるようになりました。

 

そのために私が40歳を過ぎて取り組んだことを、この記事でご紹介します。

 

アメリカで駐在妻をやっている私が、たった一つ言えることは

 

「英語圏で駐在妻になるなら英語は準備してきた方がいい」

「しかも、なるべく渡航前に効率よく」

 

です。

 

 

私がアメリカに来てから、英語ができず心を病んで一度日本へ帰り、ガチで取り組んだ英語教材で、駐在妻の英語が独学で身につく英語教材を、渡航までの月数別(3〜6ヶ月・1〜3ヶ月)でご紹介します。

 

ご自分のタイプと、渡航までの時間(月数)でできるものどちらか一つやれば「不自由なく過ごせる駐妻英語」を習得してから海外渡航できます。

 

もちろん私のようにひきこもり駐在妻になってしまうことも、英語ができなくて惨めな思いをすることもないはずですよ。

 

 

 

 

 

駐在妻に必要な英語とは?

海外の子供たち

子供がいる駐在妻は英語を話す機会が多い

 

子連れでの海外赴任では、英語を話せないと親子でツラいことも多かったです。

 

母親が英語ができない日本人家庭は、子供も日本人だけで群れて英語力も伸びず、習い事やスポーツなどの課外活動もできず、

 

親子で引きこもるだけのもったいない海外生活

 

をしています。

 

 

もしあなたが英語圏へ、幼児〜中学生と帯同するとしたら……

 

✔️学校の先生と子供について話す

✔️保護者同士のコミュニケーション

✔️ナーサリー・プリスクールでの業務連絡

✔️習い事やスポーツのコーチとの連絡

✔️病院(問診、健康診断)

✔️買い物

✔️カフェやレストランでの注文

✔️地域や学校のボランティア活動

✔️ホームパーティー(アメリカはやたら多い)

 

 

最低でもこのくらい英語を話す場面はあります。

 

でも、安心してください。

 

アメリカは英語が母国語でない人も多く、中学レベル英語をわかりやすく話せれば、ぜんっぜん普通に、誰とでもコミュニケーションできちゃいます。

 

そこで、私が「中学レベル英語を使いこなす」ことにこだわって試した英語教材で、

 

✔️毎日15分〜20分で渡航前に終わる

✔️あの人、英語しゃべれるんだ!と思われる

✔️スマホやタブレットだけで学習OK

✔️駐在妻が生活に不自由しないレベルの英語力がつく

 

 

そんな教材を2つご紹介します。

 

 

3〜6ヶ月で駐妻英語の準備「JJ ENGLISH エクササイズ」

JJ ENGLISH エクササイズ

JJ ENGLISH エクササイズ公式サイトより

 

渡航前3〜6ヶ月でちょうど完結できるのが、講談社が開発協力したJJ ENGLISHエクササイズです。

 

今から始めて、海外に行ってからもじっくり時間をかけて英語を習得したい人が、長く手元に置いて使える日本の英語教材です。

 

JJイングリッシュは渡航前も海外へ行ってからも長く使える英語教材

 

動画を観ながらセンテンスを「音読」し、中学で習ったフレーズをリアルに使える表現としてアウトプアットするトレーニングができます。

 

これは、英語表現を増やせてスピーキングが伸びる教材です。

 

✔️中学までの英文法ならなんとかなると思う

✔️相手が言っていることはなんとなくわかる

✔️でも、自分からは何も話せない

✔️海外赴任をきっかけに中学英語を総復習したい

 

そんな人にはこれがピッタリです。

 

毎日15分、1、2テーマずつをやれば、早ければ3ヶ月で言いたいことが英語にできるようになります。

 

また、海外へ持参して「現地でオンラインや家庭教師(チューター)とのレッスンでも使える」のもメリットです。

 

教材を購入すれば、オンライン教材にもアクセスできるので、世界中インターネットにつながる場所なら利用できます。

 

私はこれで覚えたフレーズを応用できるようになったら、スピーキングがだいぶ「fluent(流暢に)」なったと英語チューターやアメリカ人の友人から褒められるようになりました。

 

題材は日本の文化や食べ物、日本ならではの慣習がメインなので、日本をアメリカ人に説明したい人や、将来は日本の観光や文化紹介のボランティアを目指す人にもおすすめです。

 

 

【JJ ENGLISH エクササイズ】

通常版価格:¥32,450(税込)

学習期間:2ヶ月〜10ヶ月(自分のペースで進められます)

使用ツール:スマホ・PC・タブレット(ストリーミング可)、CD、テキスト

海外での使用:可(教材持参 or オンライン教材)

 

郵送でCDとテキスト、オンライン教材の情報、IDとパスコード用紙が送られてきます。申し込みから到着までは数日〜1週間程度かかるのでご注意を。

 

 

 

JJ ENGLISHエクササイズ← 公式サイトはこちら

 

 

 

1〜3ヶ月で駐妻英語の準備「30日間英語脳育成プログラム」

30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラムのレッスン画面より

 

 

渡航まであと数ヶ月! 今さらなのはわかっているけど、やっぱり英語をやりたい!

 

そんな人が、日本で駆け込み英語トレーニングができるだけでなく、海外に行っても続けられるオンライン教材が30日間英語脳育成プログラムです。

 

 

渡航まで時間がない駐在員&妻にはこれがオススメです!

 

 

テキスト、CDは一切ありません。スマホ・タブレット・PCでアプリ感覚でできるオンライン教材で、海外でもインターネットさえつながればいつでもどこでもできるからです。

 

30日間英語脳育成プログラム

アプリ感覚で1日1レッスンを30日続け、リスニングとスピーキングを鍛える

 

英語を聞いたままの順番で理解し、それを自分でも話せるようになる「テキストリスニング」「リピーティング」「シャドウイング」の3ステップのトレーニングが効率よく進められます。

 

✔️英語がブラブラーっと雑音にしか聞こえない

✔️英語だと言っていることが半分も理解できない

✔️相手が言うことがわからず愛想笑いで済ませてしまう

 

そんな人でも単語が聞き取れ、会話の内容を理解できるようになる教材です。

 

私はまず毎日1ヶ月やってみたら、始めたときにぜんぜん聞き取れなかった最初のレッスン音声に戻ってみると、ハッキリ聞き取れるようになりました。

 

「え?なんで最初これが聞き取れなかったんだろう?」と不思議に思ったくらいです。

 

海外に到着したら、住宅の手続きや、子供の学校の編入面談、SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)の申請など、英語が聞き取れなければ致命的なシーンはたくさんあるのに、相手の言っていることがいつも中途半端にしか理解できない……

 

そんな人が1ヶ月の駆け込みで「リアルなアメリカ英語のやりとり」に取り組めて、耳を英語に慣らすのに役立つのがこちらです。

 

初級(TOEIC300点〜500点レベル)と中級(TOEIC500点〜700点レベル)があり

 

レベル別にスタートできる「初級+中級」のセットもおすすめです。

 

初級編終了後に多くの人が中級編を申し込むそうですので、最初から割引のあるオトクなセットの方がおススメです。

 

私はこれをアメリカから購入し、初級が終わったら中級をやりたくなったので改めて購入しましたが、最初から「初級&中級セット」にしておけばよかったと後悔しています

 

初級&中級をやれば、駐在妻はもちろん、英語での世間話に自信のない駐在員のパパさんたちも、ビジネス&日常会話をレベルアップできるはずです。

 

 

【30日間英語脳育成プログラム】

価格:¥21,450(初級)/¥24,750(中級)/ ¥43,450(初級+中級セット)

学習期間:1ヶ月〜3ヶ月

使用ツール:スマホ、PC、タブレット

海外での使用:可(しかも海外から購入もOK)

 

 

申し込むと教材へアクセスできるシリアルコードが発行されるので、決済後すぐにスマホやタブレットだけで世界中どこででも学習を始められます。

 

また、購入時の電話番号の登録は海外の番号でもOKなのです

 

海外在住でも「今さらESLに行くのも面倒……でも、こっそり日本の教材で英語をやり直してみたい!」という人がオンライン学習できるツールです。

 

8日間無料で試せるレッスンは「これめっちゃカンタンすぎないか?」と私は感じました。でも、レッスンが進むごとにどんどんレベルがアップします。

 

2週間経った頃から急に英語が英語のままで〝意味をもった言葉〟として聞こえ出すので、最初の2週間がとても大切だと感じました。まるで「英語を理解する脳ミソを鍛える筋トレ」のような感覚で、英語がだんだんわかるようになっていきます。

 

逆に、これが2週間続かない人は、もう英語は諦めたほうがいいと思えるくらい。

 

たった2週間続けることさえできれば「あー!英語がわかってきた!」という光が見えるはずです!そうしたら30日はあっという間です。

 

 

30日間英語脳育成プログラム ← 公式サイトはこちら

 

 

 

まとめ

 

私はアメリカでまったく英語ができずに苦しい思いをしましたが、2年かけて日本の英語教材を試しまくり、今ではアメリカでどこでも一人で出かけられるようになりました。

 

夫に手を借りることも、日本人だけで群れて行動する痛い駐在妻からも卒業できたのです。

 

2年かけてアメリカ駐在妻として英語をやり直してわかったのは、 英会話に王道はないということ。やっぱり地道に教材をやらないとダメでした。

 

アメリカに住んだだけでは、英語ができるようには絶対になれません。

 

聞き流すだけ系、結果にコミット系、英会話の情報商材系に手を出すのも、タダのお金の無駄使いだともわかりました。

 

この3つの教材のうち、渡航前に取り組める時間と、ご自身のタイプに合うものを一つやっておけば、必ず駐在妻に必要な英語力、とくにスピーキング力は身につきます。

 

英語ができる駐在妻は悔しいけれどほんっとうにカッコいいんです。

 

私はそうなれなかったので、悔しすぎて英語をイチからやり直しましたが、皆さまの海外駐在妻生活は、最初から英語とともに充実することをお祈りしています!

 

英語ができる駐在妻として、他の「英語ができない駐在妻」に差をつけちゃってください。

 

 

✔️ 渡航まで6〜3ヶ月ある人は

JJ ENGLISHエクササイズ

 

 

 

✔️渡航まで1〜3ヶ月しかない人&海外在住の人

30日間英語脳育成プログラム

 

 

 

30日間英語脳育成プログラム「駐妻向け公式サイト」はこちら