Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が「いま知りたいこと」を、現役駐在妻が伝えるブログ

“駐妻うつ”予防のために私がアメリカでやったこと【海外駐在妻・ひきこもり】

f:id:MsLittlepond:20211104055251p:plain

 

 

アメリカ駐妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に住んでいます。一人娘は小学6年生で、現地校と土曜の日本語補習校に通っています。

 

これからパートナーの転勤で海外生活を始める皆さんで、この記事にたどり着いた方は

 

「現地でうつになったらどうしよう?」

 

と不安を感じているかもしれません。

 

私はアメリカに来て最初の1年間は「ひきこもり駐妻」をやっておりました。

 

毎日、日本のYahoo!ニュースを読んで時間が過ぎていき、外へ出ない日々が続きました。コロナウィルスでパンデミックが起きる2年も前からステイホーム生活をしていたのです。

 

だんだん「これはもしかしてウツなのか?」という症状が出て来ました。

 

眠れない、家事ができない、頭痛、耳鳴り、このままだと精神か身体のどちらかが崩壊しそう……

 

そこでやっと、自分が「駐妻うつ」になりかけていることに気づき、これではいかん!と行動に移したのです。

 

そこでこの記事では

 

「駐妻うつになりかけた私が、予防のためにやったこと」

 

をご紹介します。

 

 

今、すでに駐妻うつになりかけている方や、これから海外渡航を予定していて、心を病んでしまわないか心配な人は、これを読めば「海外生活でウツにならないためにできる最低限のこと」をお解りいただけると思います。

 

 

 

 

駐妻うつの予防法「朝陽を浴びる」

カーテンを開ける女性

まず勧められたのが朝陽をしっかり浴びること

 

眠れない症状を改善するには「朝陽を浴びること」が一番大切だと実感しました。

 

アメリカでは不眠や時差ボケの矯正のために「メラトニン」を服用する人が多くいます。日本では認可されていませんが、睡眠ホルモンと言われるメラトニンは、普通にドラッグストアで購入できてしまいます。

 

最初は私もメラトニンにめちゃくちゃ頼りました。

 

しばらくは寝つきも良くなるのですが、ストレスの方が勝ってしまったのか、また眠れなくなりました。そこでアメリカに来る前に受講したストレスマネジメントの講義を思い出し、資料を確認してみると……

 

朝陽をしっかり浴びる「認知行動療法」の文字を見つけました。

 

体内時計が狂ってしまう、自律神経が乱れてしまうときには、朝しっかり陽の光を浴びて、脳内でしっかりメラトニンが作られるようにする、と書いてありました。

 

メラトニンは飲むのではなく、自分の体内で作らなければいけなかったのか、と思い、朝は思い切りカーテンを開けて、一度しっかり光を全身で感じるようにしてみました。

 

すると、一週間くらいで寝つきが良くなり、1ヶ月も続けたらしっかり8時間近く寝られるようになりました。

 

駐妻うつと引きこもりの予防法「ウォーキング」

森の中を歩く女性

体内リズムを整えるにはウォーキングも効果的でした

 

次にやったのは「ウォーキング」でした。

 

1年間、家の周りのことさえよく知らなかったのですが、アメリカの住宅街には遊歩道やバイクトレイルがたくさんあり、ランニングやウォーキング、サイクリングを楽しむ人が日本よりも圧倒的に多くいます。

 

「近所にこんな素敵なトレイル(遊歩道)があったことも知らなかったのか」

 

そう思い、毎日30分ほど歩くようにしたら、適度に身体が疲れ、夜はしっかり眠れるようになりました。

 

慣れてきたら1時間ほど歩くようにして、トレイルだけでなく、お店が多い街の中にも行ってみました。こんな場所にカフェがあったのか、こんなに大きな教会があったのか、こんな小さなグロサリーストアがあったのか、などなど……

 

今さらながら、発見の毎日でした。

 

1年も住んでいたのに、近所のことすらまったく知らなかったことに気づきました。

 

私はぜんっぜん、アメリカを楽しんでいなかったということに。

 

毎日、同じ時間にウォーキングに出るようになると、近所の人とも挨拶くらいは交わせるようになり、半年後にはカフェで一人で時間を過ごしたりもできるようになりました。

 

やっと、健康で文化的な最低限度の駐妻生活のスタート地点に立てたような気がしたのです。

 

だから、海外生活でひきこもりそうになったら、安全な範囲でとにかく近所を歩きましょう。

 

身体の健康のためだけでなく、ココロの健康にも良いはずです。

 

駐妻うつと引きこもりの予防法「家族以外の人と話す」

会話をする二人の女性

英語でもいいから誰かと話したかった

 

やはり「家族以外の人」と話さなかったのが、自分がウツになりかけた原因でもあります。

 

私はボストン日本人会のホームページで、茶話会やサークルの案内をみつけ、少しずつ参加するようにしてみました。

 

 

同じ「駐妻」ではなく、現地に長く住んでいる日本人と話すようにすると、最初はみんな「うつ」っぽい症状を経験し、それをどう乗り越えたかを教えてくれました。

 

 

私だけがアメリカに来てウツになっているワケじゃない、と思えたことで、少しずつ気も楽になりました。

 

自分のことを話し、それを聞いてくれる人がいるだけでも十分でした。

 

 

そして日本人の皆さんから「一度、少しの間日本へ帰ってみたら?」というアドバイスを受けました。

 

アメリカ生活に限界を感じているなら、と日本へ一時帰国して思ったのは、「やっぱりイチから英語をちゃんとやった方がいいな」ということ。

 

そこで私がチャレンジしたのが、この記事で紹介している日本の英会話アプリです。

 

 

 

中学英語をしっかりと「現地で使える英語」にレベルアップでき、日常会話はもちろん、世間話だって2時間くらいはできるようになれました。

 

 

結局、英語を身につけたことが私のうつ症状を大きく改善しました。

 

 

とにかく「誰か家族以外の人と、たとえ英語でも話せること」が、こんなに自分の「うつ症状」を治してくれるのかと、改めて実感しました。

 

 

さらに、英語は自分に自信も与えてくれて、今では英語で家族の愚痴も言えるくらいになったと思っています(笑)。

 

 

まとめ

 

最初からひきこもらない駐妻になるのが理想ですが、できる人は少数だと思います。

 

海外駐在妻が、ひきこもったり、ウツになるのは仕方がないことですが、それを分かち合える人と話をすることで、不思議なくらいスーッと、心がラクになっていきます。

 

でも、そんな人を見つけるには、やっぱり外に出なければいけません。

 

今、ひきこもっている駐妻さんは、思い切って外に出ましょう。

 

ひきこもり駐妻になってしまわないか心配な人は、外に出る勇気を持って渡航しましょう。

 

安心してください。

 

1年間もひきこもった私でもできたのですから「駐妻うつ」は必ず防げます。

 

この記事が、これから海外へ行く妻の皆さんのお役に立てば嬉しいです。

 

 

 

 

 

Pre駐妻.com は未来の駐在妻のお役に立ちたいブログです。

 

今、皆さまが疑問や不安に思っていることや、知りたいことなど、どんなに小さなことでもOKですので、コメント欄からお知らせください。

 

ご意見、ご感想、誰にも聞いてもらえない駐在妻の愚痴にもお応えさせていただきます。

 

 

Ms.Littlepond

 

 

完全無料!日米5000万DL突破の最新ニュースアプリはスマートニュース