Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

海外赴任の英語準備!"聞き取れない人"と"話せない人" のタイプ別教材【40代純ジャパ駐在妻のおすすめ】

f:id:MsLittlepond:20211116121151p:plain

 

アメリカ駐妻歴4年目のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤でマサチューセッツ州に移住しました。渡航当時小3だった娘は、現地校の6年生で、土曜の日本語補習校にも通っています。

 

これからパートナーの海外駐在や赴任、留学などで英語圏へ渡航予定の皆さんで、英語ができなくて不安な方が、この記事を読んでくださっていると思います。

 

 

「英語は読めるけど、話せないから不安」

「英語を聞き取れない、相手の言っていることがわからない」

 

だから

「渡航前に何か英語の準備はした方がいい?」

 

 

とお悩みの方へ、現役のアメリカ駐在妻の立場でお答えします。

 

 

私も受験英語はさんざんやって読み書きはできても、口から英語が出てこない典型的な「純ジャパ」でした。

 

当然、アメリカに来た当初はスーパーマーケットの店員さんが何を言っているかも聞き取れず、病院も一人では行けず、子どもの学校のPTAどころか授業参観も行けず、英語はすべて夫に頼りきり。

 

 

数ヶ月でひきこもり駐妻となり、1年間は家族以外と話さない生活になりました。

 

 

そんなアメリカ生活で「うつ」になりかけた私は、翌年夏に一時帰国し、日本の英語アプリや教材を5〜6つ必死で試した結果……

 

 

今ではやっと一人で学校の先生との面談や病院での問診がこなせる英語力が身につきました。

 

 

この記事では私のように、海外へ行って英語ができず引きこもりになる前に

 

「読み書きはできるのに英語が話せない人」や

「英語を聞き取るのが苦手な人」

 

そんな私みたいな、受験英語はわりとちゃんとやってきた典型的な純ジャパが

 

「40歳を過ぎてアメリカで生活する英語力を身につけた」

 

英語教材で

 

スピーキングかリスニングのどちらを強化したいか、タイプ別に2つご紹介します。

 

どちらの教材も着地点は

 

「アメリカで駐在員家庭が日常的に接する人たちと英会話ができるようになれる」

 

そんな英語教材です。

 

ひきこもり駐在妻になりたくない人はもちろん、海外駐在員になるのに実は「英語での世間話」や「雑談」が苦手だという人にもオススメできる教材をお伝えします。

 

 

 

 

 

  

話せない人の「JJイングリッシュ」

JJイングリッシュの教材

アメリカでも続けている「JJイングリッシュ」

 

英語が話せなくて苦労した私がやった教材のなかで「英語は読めるのに口から英語が出てこなくてイライラしてしまう人」におすすめはJJ ENGLISH エクササイズ (開発協力:講談社)です。

 

 

【JJ ENGLISH エクササイズ】

 

価格:¥32,450(税込)

学習期間:2ヶ月〜10ヶ月

使用ツール:スマホ or タブレットor PC +テキスト

海外での使用:可

 

教材データはスマホへのダウンロードもストリーミングもOK(CD付き)

 

 

「純ジャパ」が「中学英語を使える英語に」このキャッチフレーズは、まんま私のことでしたので、やはり「日本人には、日本の英語教材がいい」と再認識しました。

 

アメリカでは大人向けESL(英語教室)という手もありますが、ネイティブ講師と話すにはある程度の英語力が必要ですし、日英バイリンガル講師では大人は気恥ずかしい場合もあります。

 

私は受験英語はさんざんやって文法の基礎ができていたので、2、3ヶ月でスピーキングが目に見えて上達しました。

 

毎日、とりあえず教材のとおりに続けていたら、夫の同僚と30分程度の世間話ができるようになっていて、夫が驚いていました。

 

始めたときはちょっぴり胡散臭さも感じた教材ですが、日本人の講師陣はひとクセあって面白いですし、何より「今まで知っていた表現をリアルに通じる使い方」にして教えてくれます。

 

しかもネイティブのナレーターは完璧なアメリカ英語なので、ひたすら発音を真似しました。

 

英語が口から出てこない人は、続けるうちに英語を話すシチュエーションが突然やってきても、英語がスラッと出てくる感覚を味わえるはずです。

 

 

「私、ちゃんと話せるようになってるじゃん♪」

 

 

と、夫の同僚や娘の友達のアメリカ人ママたちと話すたびに、ほくそ笑むことができるようになれました。

 

 

JJ ENGLISH エクササイズ ←公式サイトはこちら

 

 

 

聞き取れない人の「30日間英語脳育成プログラム」

30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラムは英語を「聞けるようになる」トレーニングができる


30日間英語脳育成プログラムは、リスニングが絶望的に苦手な人にオススメです。

 

「英語を聞いたままの順番で理解していく」ことを、30日という短期間で習得するのが目的の教材だからです。

 

英語がブラブラブラーっと雑音にしか聞こえない人でも、続けるうちにまず単語の一つ一つがちゃんと聞き取れるようになってくる教材です。

 

まず英語を聞き、それを口に出してアウトプットすることで、さらにスピーキングもできるようになってきます。

 

相手が言っていることがわからず、いつも愛想笑いで英語を聞き流してしまう人には、こちらをオススメします。

 

また、アメリカなど英語圏へ渡航してまず乗り越えなくてはいけないのが「住宅の契約」「子供の学校の手続き」「免許やSSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)の発行など、事務的な手続きです。

 

それを通訳なしで行える即戦力をつけるためには、相手の言うことを聞き取れる「リスニング力」をつけておく方が圧倒的に良いです。

 

 

【30日間英語脳育成プログラム】

 

価格:¥21,450(初級)/¥24,750(中級)/ ¥43,450(初級+中級セット)

学習期間:1ヶ月〜3ヶ月

使用ツール:スマホ、PC、タブレット(WEB教材のみ)

海外での使用:

 

テキストやCDは一切ありません。

 

この「30日間英語脳育成プログラム」には初級(TOEIC300点〜500点レベル)と中級(TOEIC500点〜700点レベル)があります。

 

別々のレベルからスタートできる「初級+中級」セットもオススメです。

 

また、学生向けのTOEIC対策や受験英語ではなく「大人が日常会話でリアルに使える表現」が多いのも魅力だと感じます。

 

申し込みが終了し、決済後にオンライン教材へアクセスできるシリアルコードが発行されるので、教材を待たずにすぐに学習を始められます。

 

一度、教材へアクセスできるコードを手に入れれば、Wi-Fi環境がある場所であればどこでも、スマホ、タブレット、PCなどで学習を進められます。

 

(海外からの申し込みの場合は、海外の電話番号の登録でOKです)

 

最初は「え?こんなにカンタンなの?」と感じたり、逆に「これじゃ難しすぎる」と感じたりする方もいるかもしれません。

 

しかし、まずはとにかく2週間続けてみることをおススメします。

 

個人差はあると思いますが、2週間経った頃から急に英語が〝意味をもった言葉〟として聞こえ出しますので、最初の2週間がとても大切です。

 

2週間続ければ「英語がわかってきた!」と、きっと光が見えてくるはずです!

 

 

30日間英語脳育成プログラム  ← 公式サイトはこちら

 

 

まとめ

 

海外赴任する駐在員の皆さま、またその妻の皆さまは、日本で時間があるうちに「日本の英語教材」を使って、スピーキングかリスニングの「どちらか苦手な方」を強化しておくことをオススメします。

 

✔️ 言いたいことが英語で言えないストレスを解消したい

✔️ じっくり英語に取り組みたい

 

そんな人は

JJ ENGLISH エクササイズ 公式サイトはこちら

 

✔️ 相手の言っていることを聞き取れるようになりたい

✔️ 短期間で集中して英語の準備をしたい

 

そんな人は

30日間英語脳育成プログラム ←公式サイトはこちら

 

 

どちらの教材も、アメリカで日常生活を送るレベルの英語が身につきますので、皆さまの海外生活のスタートに役立つはずです。

 

英語はできないよりできた方が、私のように無駄にひきこもり駐在妻になることなく、海外で「リア充駐在妻」になれますよ。

 

この記事が、これから海外赴任や帯同する皆さまの、英語力アップに役立てば嬉しいです。

 

 

中学英語を「使える英語」にできる英語教材!

官公庁・国立大学・大手法人でも多数導入の英語教材!