Pre駐妻.com

パートナーの海外転勤について行く人のためのブログ。

アメリカ現地校の授業レベルはどれくらい?社会科(Social Studies)編【海外駐在・赴任】

アメリカ地図

アメリカ現地小学校の「社会科」の授業はどんなことをやるの?

アメリカ駐妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に住んでいます。こちらへ来た当時は小学3年生だった娘は、現在は現地校の5年生です。

 

今回は「アメリカ現地小学校の社会科(Social Studies)」ではどんなことを学ぶのかをご紹介します。

 

日本の小学校では、社会科は地理的な学習をしますが、アメリカでも同じです。

 

これからアメリカや英語圏での駐在、赴任を予定のご家族には、現地校の英語レベルも参考にしていただけるはずです。

 

 

3年生で「市(Town)」と「州(State)」

マサチューセッツ州の地図

まずは自分の住む州について学ぶのが地理学習の始まり

日本と同じように、社会科の学習が本格的になると、まずは「地理」が始まります。

 

3年生では自分の住む「Town(市)」や「State(州)」について学びます。

 

娘は3年生で現地の公立校に編入しましたが、英語がわからないだけでなく「市」と「州」の区別もついていなかったので、かなり混乱したようです。

 

もし、お子さんが社会科の学習を始めているなら、渡航前に行く州や、市のことを少し勉強してくると良いでしょう。

 

自分はどの「州」の、どの「市(郡)」に住む予定なのか、伝えておくと社会科の授業がわかりやすくなるはずです。 

 

4年生までに「市・州・地方(Region)」

 

アメリカの地方を色分けした地図

3、4年生ではRegion(地方)について理解する

さらに本格的に社会科(Social Studies)だな、と感じるのが「Region(地方)」についての学習です。

 

アメリカの5つの地方

・West(西部)

・South West(南西部)

・Mid West(中西部)

・North East(北東部)

・South East(南東部)

 

これらに、アラスカ州ハワイ州が加わります。

 

日本だと関東地方、東北地方、九州地方のような「地方の呼び方」を学ぶ感覚に似ています。どの州がどのRegion(地方)か?を学んでいきます。

 

 「州」を覚える

アメリカ東海岸の州

自分の住む地域の「州」の位置を学習

次は、自分の住む州と、周辺の「州の位置」を確認します。

 

いわゆる「白地図」で、日本の小学生とほぼ同じです。

 

アメリカでも「社会は暗記」で、子どもたちは何も見ないで埋められるよう、ひたすら覚える作業をしていきます。

 

州のシルエット(形)を見て、名前が出るまで暗記します。これも日本地図と同じですね。

 

大人の私はマサチューセッツ周辺の「ニューイングランド6州(マサチューセッツ・メイン・ニューハンプシャー・バーモント・ロードアイランドコネチカット)を覚えるだけでも2年かかりました(笑)。

 

頭の柔らかい小学生のうちに、アメリカ全土の州と州都は覚えさせられます。

 

「Capital(州都)」も覚える

アメリカ東海岸の州と州都

州を覚えたら、次は「州都」の場所と名前を覚える

州を覚えたら次は「Capital(州都)」。マサチューセッツでいう「ボストン」です。

 

サウスキャロライナ州は「コロンビア」

テネシー州は「ナッシュビル

ミシシッピー州は「ジャクソン」

 

これも「県庁所在地」のようにひたすら覚え、テストもあります。ちなみに娘の担任は3、4回テストをやりました。

 

私はこれも50州分も覚える自信はまったくありません(笑)。

 

テストは語群から選ばせるものと、最初から州と州都名を書かせる問題があります。

 

ここまでが4年生の社会科のメインテーマと言ってもよい学習です。

 

もし渡航前にお子さんが赴任先の地域に興味を持っていたら、前もって勉強して来ても良いでしょう。

 

娘は日本でも社会の暗記モノは得意だったので、Social Studiesの授業は最初からわりと楽しんでくれました。

  

アメリカ現地校にソフトランディングできる発音が身につく英語教材

 

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com