Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカ駐在妻、生理用品どこで買う?現役駐妻がサニタリー事情を教えます!

f:id:MsLittlepond:20220127033300p:plain

 

アメリカ駐在妻のLittlepondです。

 

2018年より夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に住んでいます。

 

この記事では、これからアメリカへ駐在・赴任でいらっしゃる女性の皆さまへ向けて

 

「生理用品ってどこで買えるの?」「アメリカの製品ってどうなの?」

 

「日本製のナプキンってアメリカでも売っているの?」

 

と心配な方のために、現地のサニタリーアイテム(生理用品)事情をお伝えします。

 

渡航の準備の参考にもしていただけるはずです。

 

 

 

どのお店にどんな商品がある?

現地スーパーマーケット&ドラッグストア

アメリカのスーパーの生理用品コーナー

どこのスーパーでも大量に生理用品は売っています

まず、アメリカならどこのスーパーでも「大量に」生理用品は売っています。

 

タンポンや月経カップ、吸収ショーツなど、さまざまな商品があり、すべての商品を試すには何年かかるかわからないほどです。

 

ナプキンは全体的に「日本のより大きくて厚いな〜」という印象です。

 

「ULUTRA THIN」(超薄)とか書いてあっても、日本人的には「これのどこが超薄?」と感じるでしょう。

 

表面の素材も日本のとはだいぶ違うので「少ない個数のパッケージで試してから買いたいな」と思うのですが、残念ながらお試し用の少量パックや試供品はなかなかありません。

 

買うとなったらジャケ買いで、いきなり28個入りとかを買うことになります。

 

全米チェーンのCVSWalgreensなどのドラッグストアでも同じような売られ方です。

 

ちなみに、現地スーパーでもドラッグストアでも、日本で見たことのあるブランドやメーカー、商品名はほとんど見かけません。

 

よくあるのは「Kotex」や「Always」などです。

 

 

日系スーパー・食料品店

アメリカの日系スーパーの生理用品コーナー

日系のスーパーでは日本の生理用品も売っています

日系スーパーでは、日本製の生理用品もこんなに売っています!

 

「どうしてもアメリカ製は肌に合わない」となったら、ちょっとお高いですが日本製を使うのもアリでしょう。

 

ロリエ、ソフィなどが多く、夜用、昼用、多い日用、少ない日用などサイズや個数のラインナップも幅広いのがさすが日本製。

 

日本では当たり前ですが、アメリカの商品はサイズや個数の幅がそれほど広くありません。

 

カユいところに手が届くけど、使って痒くならないのはやっぱり日本製品だよなー、といつも思います。

 

 

Amazonで買える生理用品

Amazonを受け取るアメリカ駐在妻

生活雑貨と一緒に生理用品もAmazonで頼んでしまう手もアリ

Amazon’s Choiceやレビューを参考に

 

現地のスーパーやドラッグストアに行っても、アメリカの生理用品を買ったことがなければ「ジャケ買い」しかありませんが、だいぶ勇気がいります。

 

そんなときに参考になるのは「Amazonのレビュー」です。

 

Amazon’s Choiceで、レビューの多い商品をご紹介します。

 

アメリカならスーパーやドラッグストアでよく見かけるブランドです。

 

■ Kotex

 

■ Real Organic

 

■ Stayfree

 

■ Always

 

Amazon USAで買える日本の生理用品

 

でも「アメリカ製の生理用品ってやっぱ使うの怖いわ〜」と漠然と不安に襲われた皆さま。

 

大丈夫です! アメリカのAmazonでも、日本製のナプキンが買えます!

 

お値段は「おおっ……やっぱり日本より高いわ〜」と一瞬ひるみますが、デリケートゾーンにのこととなったら、背に腹は代えられません。

 

生理中に無駄なストレスを抱えたくない人は、日本製を選ぶのもアリでしょう。

 

見慣れた日本のパッケージはこちらです。

 

※2022年1月現在、花王の「ロリエ」シリーズが主なラインナップです。

 

■ ロリエ

 

 

ただし、生理用のショーツはアメリカには良いものがあまりありません!

 

これは日本から持参するのをオススメします。

 

まとめ

アメリカの生理用品

アメリカならどこでも買える生理用品、自分に合うのを見つけよう

 

アメリカでは、スーパーやドラッグストアではいくらでも生理用品は手に入ります。

 

日系スーパーでは、少々お高めですが日本製品も売っています。

 

アジア系スーパーでは韓国製の商品もあるので、オーガニックコットンを使った商品なども買えるはずです。

 

私は肌が強くないため、生理用品は心配だったので、日本からnunonaの布ナプキンをいくつか持参しました(画像を載せるのは自主規制しますが……)。

 

渡航当時、私が住むマサチューセッツで日本製はなかなか手に入らなかったので、アメリカ製品を試し、ちょっとでもかぶれたら布ナプキンを使うようにしていました。

 

今では、多い日だけ日本製のナプキンを使い、軽い日は布ナプキンで済ませています。

(それが一番コスパがよく快適です)

 

アメリカにいらっしゃると、自分に合う生理用品を見つけるのが最初は大変だとは思いますが、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

nunona公式通販サイト