Pre駐妻.com

パートナーの海外転勤について行く人のためのブログ。

アメリカ現地小学生の英語レベルは?(高学年リーディング編)【海外駐在・赴任・準備】

英語の本

現地の小学生、高学年はどのくらいのレベルの英文が読める?

アメリカ駐妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年の夏に夫の転勤のため、アメリカ・マサチューセッツ州に小3だった娘を連れて引越しました。現在、娘は現地校の5年生です。

 

アメリカに来たばかりの頃は、娘は現地校のリーディング(読書)の時間が何より苦痛だったらしく、今でも本を読むのはあまり好きではありません。

 

英語でも日本語でも、活字を読むと5秒で眠たくなってしまうと、のび太くんみたいなことを言うようになりました。

 

しかし、アメリカの小学校では読書はマストです。国語の授業も日本のように教科書はなく、担任が用意した題材をクラス全員で読み、作家の言いたいことや、自分の感想を生徒がプレゼンします。

 

今回は、小5の娘が現在読んでいる本と、その英語レベルについてご紹介します

 

これから海外駐在、転勤帯同を控えている人には、現地小学校へ編入する子どもの英語力の目安にしていただけると思います。

 

 

 熱心に読んでいると思ったら、漫画?

アメリカのマンガ本

娘が読んで大笑いしていたのはGrafic Novels(マンガ)でした

最近、分厚い本を熱心に読んでいるので、とうとう娘も本が好きになってきたかと思ったのですが、よくよく見たら……

 

マンガの中身

 

漫画でした!(泣)。

 

マンガの中身

 

これを読んで、1分に1度くらい大笑いしています。

 

本の学校だと学習マンガでない限り「読書に入りません!」と怒られると思うのですが、こちらの学校では全然OK。自分がおもしろいと思える本ならなんでも読書の時間に読んでいいそうです。

 

活字嫌いな娘としては、こんなにステキな国はありません。このシリーズを片っ端から読み、現地校3年目にしてやっと読書の時間を楽しめるようになってきたようです。

 

実際に授業で使うレベルはこちらの本

さて、娘が最近リーディングの授業で読んでいるのがこちらの本です。

学校で読んでいる英語の本

アメリカの小学生のカバンには必ず1冊は本が入っています

 付箋がバッサバサ付いていますが、わからない単語を調べたり、授業で発表したいところに貼り付けているようです。

 

内容はこんなレベルです。

英語の本の内容

内容はこちら。軽く日本の中学、高校レベルの英語は超えているような……

in such a bad mood  機嫌が悪い

Grumbled(過去形)ブツブツと不平を言う

nod うなずく

 

高校生でも教科書では習わないのでは?と言う単語もたくさん出てきます。

 

ちなみにこちらは小学4年生の推奨図書の一冊なので、5年生はもう少し語彙も多く、難しい本を読んでいる子もいます。もし、5年生へ編入するとしたら、このくらいの英文が読めていないと現地校の通常授業について行くのは難しいです。

 

でも、日本から来た駐在員の子供たちは、こんなに最初から読める子はほとんどいません

 

現地校のELLに入れば、小学生であれば1年くらいで、授業にはなんとかついていけるようにはなります。

 

もし、日本で準備をするのであれば、自分のレベルに合ったストーリーを英文で読みこなせるようにしてくると良いと思います。決して、無理はさせないように。

 

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

  

pre-chuzuma.hatenablog.com