Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカ現地校に子供が合わなかったら親がやるべきこと

f:id:MsLittlepond:20211103080207p:plain

 

 

アメリカ駐在妻のLittlepondです。

 

夫の転勤帯同で2018年よりマサチューセッツ州に移住しました。現在6年生の娘は現地校とボストン日本語学校(補習校)に通っています。

 

これから家族で海外赴任の予定で、この記事をご覧になっている皆さんは、きっとお子さんを現地校に編入させる予定で

 

「もし子供が現地校に馴染めなかったり、合わなかったらどうしよう?」

 

と不安に感じているかもしれません。

 

わが家も娘を小3で編入させましたが、ものすごく心配でした。

 

アメリカ現地校では、編入しても合わない子供をどうするか、多くの駐在員家庭が悩んで対策を考えながら、親と学校が協力して頑張っています。

 

そこで、この記事では実際にお子さんが「現地校イヤだ」と言い出す前に、親が心の準備をしておけることをお伝えしていきます。

 

子供は親よりも、はるかに高い言葉や文化の壁にぶち当たりますが、親のサポート体制や、柔軟な発想が子供を助けてあげられることもあります。

 

これを読んでいただければ、お子さんが現地校に合わなかった場合、親がしてあげられることがお分かりいただけるはずです。

 

わが家も最初の1年間は現地校でだいぶ苦戦しました。

 

そこで、私の経験をはじめ、他の日本人駐在員家庭がやっている対策を、子供のツラいことと対応方法別にご紹介していきます。

 

 

現地校の英語がわからなくて合わない

英語のテキスト

学年が上がるほど英語がわからないのは当たり前

 

長女は小学3年生で編入しましたが、最初の3ヶ月〜半年は担任の言っていることは「まったく」理解できていませんでした。

 

駐在員家庭の子供は、まず100%「先生の言っていることがわからない」と言います。

 

編入当時、娘が唯一学校で言えた言葉は「May I  go to the bathroom?(トイレに行ってもいいですか?)」だけでした。

 

しかも、日本の小学校とは構造も勝手も違う校舎内で迷子になり、声をかけてくれた上級生に「Ms.◯◯」と担任の名前しか言えませんでしたが、無事にクラスルームまで送り届けてもらえたそうです。

 

なので、小学校2年生くらいまでなら放り込んで2、3ヶ月もすれば自然に馴染みますし、3年生以上でも、半年から1年で学校の英語には慣れてくれます。

 

英語がわからないと言われて、やみくもに「全日制の日本語学校に編入させよう」とは思わなくても大丈夫です。

 

日本語学校が通える範囲にあればいいですが、マサチューセッツ州には全日制の日本語学校はありませんので、なんとか現地校に通わせるようにしなければいけませんでした。

 

もし、子供から「もっと英語がわかるようになりたい」とSOSが出た場合には、英語の家庭教師(Tutor)を考えてあげると良いでしょう。

 

 

現地校の先生が合わない

アメリカの学校の先生

先生が合わない場合、こちらからハッキリと意思表示をしよう

 

 

長女が一番「学校イヤだ」と主張してきたのが、この「先生が合わない問題」でした。

 

しかも、英語が母国語ではない生徒が、授業についていく英語をフォローする「ELL(English Language Learner)」クラスの先生が、ヒステリックで毎回言うことが違い、課題を満足にできないとキーキー怒ると言うではないですか。

 

アメリカ人の先生は「大らかで、なんでも褒めてくれるイメージ」を勝手に抱いていた娘は、そのギャップにショックを受けてしまい、ELLに行きたくないと言いだしました。

 

ただでさえ英語は母国語ではないのに、これ以上遅れてしまったらますます学校が嫌いになってしまうと思い、現地の保護者に相談したところ「校長にメール」を提案されました。

 

アメリカ人は、担任や特別クラスなど、学校の先生へのクレームは校長先生に直接メールをします。

 

学校のホームページでは、校長のメールアドレスを公開しているので、そこへ「ELLの◯◯先生がヒステリックで、娘がイヤがっている」とハッキリ連絡をしてみました。

 

すると、そのELLの先生へ校長からすぐにお叱りがあったそうで、次の週からは人が変わったように怒らなくなったようです。

 

アメリカは「言ったもん勝ち」文化ではありますが、先生も定期的に生徒から評価され、それが学校レベルや査定に影響するので、日本よりもわりとすぐに対応してくれます。

 

先生がイヤだと言ったら、担任やELLに関わらず思い切って「校長先生に直訴」を試みましょう。

 

 

現地校の授業が合わない

お勉強が苦手な男の子

日本の小学校とは進度も内容も違うアメリカの授業がストレスになることも

 

一言で「授業がツラい」と言っても

 

「英語がわからないから授業内容の理解が難しい」

「日本の授業よりも自由な発言を多く求められる」

 

という2つの原因があります。

 

アメリカよりも日本の方がはるかに小学校の勉強の進度は早いので、低学年のうちはそれほど心配することはないでしょう。

 

アメリカの小学校は、算数は日本の学年の「おおよそ1年遅れ」くらいの内容です。

 

掛け算は日本では2年生でやるところをアメリカでは3年生で、少数の計算などは4、5年生がメインです。

 

なので、駐在員家庭の子供は「日本語補習校で習った算数を、現地校で英語でおさらいする」というパターンになるので、日本語で算数を理解していれば現地校のMath(算数)には余裕でついていけます。

 

 

問題なのは、英語の「国語(Language Art)」の授業です。

 

Reading、Writingはもちろん、英語で作文やエッセイ、自分の主張などを書く機会が多く、それを親に発表することもあります。

 

こればかりは日本で「読み書き」まで準備してきた子でも、なかなか苦戦します。

 

これを解決するには「家庭教師(Tutor)」をつけることです。

 

わが家は編入から半年ほど経ってから、英語の家庭教師(Tutor)を探し、週に1回はこの「Language Art」を中心に勉強をフォローしてもらいました。

 

学校では子供たちはなかなか質問ができませんし、英語でどうやって質問するかを考えているうちにどんどん授業は進んでしまいます。

 

個人的に質問できるよう、家庭教師をつけてあげると、わからない内容をマンツーマンで聞くこともができます。

 

 

また、思い切って「編入する学年を最初から1つ下げる」のも解決方法の一つです。

 

 

娘は3月生まれで日本では早生まれですが、アメリカでは「9月生まれ〜翌年8月生まれ」が1学年になることが多く、娘の場合は学年でも真ん中の年齢にシフトすることができました。

 

しかし、日本で6月〜8月生まれの子は、現地だと学年の中で早生まれになり、低学年では勉強についていく力にも差がでます。

 

英語が不安であれば、思い切って「学年を下げる」のもオススメです。

 

アメリカでは小学校から留年(勉強が不十分だったらその学年をもう一年履修)や、学年下げをしている家庭がたくさんいます。

 

駐在員家庭では、春夏生まれの子は1学年下(日本より半年下)へ編入している子も多いです。

 

アメリカの学年は日本の半年遅れ(同じ学年で9月新学期)なので、子供の勉強が心配であれば考慮してあげましょう。

 

また、日本と違ってアメリカの授業では「自分の意見を言うこと」「自分の意見をまとめてレポートで提出すること」が多く求められます。

 

日本のように黙って授業を聞いて、テストの成績が良ければ通知表にも良い評価がつくわけではありません。むしろ「授業中にガンガン発言して、子供にとってはむしろウザいくらい」の子が先生からものすごく評価され、逆に発言しないと「授業に参加していない」と成績を下げられてしまうこともよくあります。

 

日本人の子は「発言しないと良い成績がつかないのが納得いかない」「みんな発言しているのに自分は英語もできないから発言できない」とヘソを曲げてしまうこともあります。

 

「アメリカではとにかく自分の意見をアウトプットできること」が評価されることを親からも根気よく伝える必要があるのです。

 

 

まとめ

 

・英語がイヤな場合 → 半年くらいは様子をみましょう。英語は慣れます。

・先生がイヤな場合 → 校長先生に直接メールで現状を訴えましょう。

・勉強がイヤな場合 → 家庭教師(Tutor)をつける、学年を1年下げるなどの方法を

 

この他にも、お友達ができるようにPlay Date(親子で一緒に遊ぶ)を積極的にしたり、習い事を探して学校以外でも夢中になれることを探しました。

 

学校以外でも、アメリカには子供ができるアクティビティはたくさんあります。

 

なので、気楽にゆっくりお子さんを見守ってあげてください。

 

学校も協力してくれますので、子供は自分の力で最適な方法を選択できるはずです。

 

 

この記事が、これからアメリカへ赴任されるご家庭のお役に立てば嬉しいです。