Pre駐妻.com

パートナーの海外転勤について行く人のためのブログ。

海外赴任!子供は渡航前に英語の勉強をするべき?【海外駐在・子供・英語準備】

英語の勉強

海外渡航前に子供の英語は勉強させておきべき?

アメリカ駐妻歴3年目のMs.Littlepondと申します。

 

これを読んでくださっている皆さんは、これからパートナーの海外駐在・転勤・赴任などに帯同予定で、お子さんの英語をどうしようか?と考えていらっしゃると思います。

 

私は3年前に小3だった長女を連れてアメリカへ渡航し、娘を現地校へ放り込みました。

 

海外に住むのは母娘ともに初めてでしたが、アメリカに来て2年半が経った今では、娘も私も英語をなんとか使いこなし、現地の生活にも慣れてきました。

 

海外赴任が決まってからは、娘と自分のためにアレコレと英語の準備をしましたが、改めて考えてみると、効果があったものはだいぶ限られます。正直、これは日本でやらなくても現地の学校で十分だったな〜という勉強もたくさんありました。

 

そこで今回は、我が家が渡航前に子どもの英語について心がけたことと、実際にやったことをお伝えします。

 

今、アメリカで現地校に編入させてみて、渡航前にやっておいて良かったと思えたことをご紹介します。「海外赴任が決まったら、子どもの英語は何からやれば良いのか?」の参考にしていただけるはずです。

 

 

渡航前に勉強しても、インター校出身でなければ無理 

まず、どんなに日本で英語を頑張って勉強してきても、インターナショナルスクール出身でない限り、いきなり現地校に馴染むのは無理だ、と思っていてください。

 

駐在員の場合は日本で公立小学校に通わせていた人が圧倒的に多く、英語教育に力を入れている私立校出身がごく一部だけです。

 

また、小2くらいまでの低学年か、小3以上の中・高学年かによっても英語を準備するニーズが違います。7歳くらいまでの子を現地校に放り込むと2、3ヶ月後には親との会話が

 

「マミー!今日、LeoとMikeのLunchはPenutbutter sandだったよー! It looks so yummyだったんだー!」

(今日、レオとマイクのお弁当はピーナッツバターサンドでとても美味しそうだったの意)

 

と、ルー◯柴ばりの日英語ブレンドで話し始め、英語の発音はネイティブレベルまで達してしまう子がほとんどです。

 

むしろ親が「この子、日本語は大丈夫か?」と心配し始めるくらいです。

 

なので、幼稚園の年長〜小学2年生の前半くらいのお子さんであれば、英語が聞けて、そのまま発音を真似するような教材をやってくる程度で十分だと思います。

 

小3以上は「勉強」ではなく「自信をつけるため」の英語を

オンライン英会話を楽しむ男の子

英語は「勉強」ではなく「通じる自信をつけるため」に

娘は小3の新学期(9月)から現地校に編入し、通常クラスに加えてELL(English Language Learner)クラスに入りました。ELL(ELS)クラスは家庭で英語を使わない子が授業についていくためのクラスで、駐在員家庭はこのELLがある学校を選択した方が良いです。

 

しかし、ある程度の準備はやはり必要だと思います。

 

3年生になると、授業での読書量、算数の文章問題を解く英語力、日常会話の単語力などがグッと上がります

 

しかし、まず何より大事なのは、担任やELLの先生の発音を聞く力なので、日本で準備をするなら「リスニング」と「リピート」に慣れておくことです。

 

娘は「先生の言っていることを半分くらい理解する」まで半年以上が必要でした。担任がスーパーハイスピードで話すイタリア系アメリカ人女性で、帰国子女の夫でも「あの先生、喋るのが速すぎて何言ってるか全然わからない」というほどだったので。

 

それでも娘は日本の英会話スクールマンツーマンレッスンを集中的に受け、リスニング教材にも取り組んだので、なんとか最初の1年を不登校にならずに通ってくれました。

 

なので、3年生以上のお子さんでも「読み書き」より「聞く→ 声に出す」のトレーニングをしておくと良いと実感しています。

 

オンライン英会話でも良いですし、コロナ禍の収束後にはまた対面レッスンも復活するかもしれません。とにかく「英語が聞こえた!」「自分の英語が通じた!」という体験を十分にさせてきてあげてから渡航すると、自然と自信が芽生えるはずです。

 

事前に「英語を勉強してきた!」と自信ばかりをつけさせると、現地で「あれだけ勉強してきたのに、全然ついていけない……」と打ちのめされる危険性もありますので、あくまでも「勉強」ではなく、子どもが楽しめる程度の英語をオススメします。

 

すでに英語教材をやっているのであれば、覚えた英語を使う場としてオンライン英会話でマンツーマンレッスンをやれば十分ですし、なにもやっていないのであれば、遊びながら自然に発音や語彙、アメリカの子どもがよく使うフレーズを身につけられる【しちだの英語ペン】のような教材を、何か一つやればOKです。

 

娘が小学校入学から唯一、ほぼ毎日続けられたのがこの英語ペンでした。「リスニング」と「発音」がかなり鍛えられる「オモチャと教材の中間」のような感覚で続けられます。

 

現在、アメリカ現地校で授業を受けていますが、たまに「あ、この先生が言っていること、前に英語ペンでやったことある!」と気づくことがあり、3年以上経って「役に立っていたのかも」と親も実感しています。

 

(まとめ)

・文法・語彙などの「お勉強」は子供には必要なし。現地校のELLでフォローしてもらえます。

・教材をやるなら「遊びながら身につくもの」

・さらにオンライン英会話で「自分の英語が通じる喜び」を体験させる

 

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

pre-chuzuma.hatenablog.com