Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

アメリカ駐在妻のストレス解消に日本から持参すべき美活アイテム5選!

アメリカ駐在妻のストレス解消

駐在妻のストレス解消には、日本から美活アイテムを持参するのがオススメ


 

 

アメリカ駐在妻歴3年のMs.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に移住しました。小6の娘が一人います。

 

パートナーの海外赴任へ帯同する皆さんに向けたこのブログですが、今回は「アメリカ駐在妻がストレス解消のために日本から持参した美活アイテム」をお伝えします。

 

私はアメリカに来て最初の1年は英語もできず、友人もできず、夫と娘のために家事をやるだけの「完全ひきこもり駐妻」でした。

 

後々、英語を克服し、アメリカ人や日本人の友人もできて、少しずつひきこもりを卒業しましたが、家にいるときに悶々と溜まるストレスを解消してくれたのは、日本から持って来たアイテムでした。

 

海外生活を始めると、最初のうちはいきなり世界が変わるので、妻はその変化に耐えきれずにひきこもりがちになってしまいます。

 

しかし「自分を癒すアイテム」がいくつかあれば、リフレッシュしたりキレイになったりしていくうちに、だんだんと「外に出る勇気」も湧いてきます。

 

この記事では、私が「日本から持参して良かった〜」と心から思っているアイテムをご紹介します。これから駐在妻になる皆さんの渡航準備の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

美容アイテム

海外のエステ

エステで癒されたくても、海外生活ではカンタンにはいきません

 

海外生活を始めると「疲れたからスパ(エステ)に行って癒されたい!」と思っても、なかなかハードルが高いものです。

 

ネット予約をしても全然違うメニューが予約されていたり、自分の要望が伝えられなかったりといった言葉の壁はもちろん、日本のように衛生的で技術的にも信用できるサロンを探すのも一苦労です。

 

そこで役に立ったのは、美容家電などのアイテムでした。

 

まず一つ持って来るなら、絶対に「浮腫み防止のコロコロローラー」がオススメです。

浮腫み防止に役立つローラー

浮腫みとの戦いでもあるアメリカ生活の必需品は「コロコロ系ローラー」

 

アメリカの塩分多めの食事と、桁違いに広いアメリカのスーパーマーケットで歩き疲れてすっかり浮腫みがちになった足を、コロコロしてスッキリ足にしてくれたのが【ルートローラー】 でした。

 

これを使い続けていると、レギンスで外出することの多いアメリカでも足のシルエットを気にせずにいられます。

 

最初は自宅にこもってNetflixや日本のTV番組ばかりを観ていましたが、これがあったので画面を観ながらひたすらコロコロ、コロコロ……。

 

あれ? 気づくとなんだか浮腫みまくった足がスッキリ。

 

おかげで、下半身太りをせずに済んだ気がします。

 

 

【ルートローラー】  ← 公式通販サイト

 

 

さらに、ヤーマンの家庭用キャビテーションマシーンRFボーテ キャビスパ で、お腹周りや顔にEMSを当て、ひきこもり中は家で動画配信を観ながら、ひたすら「ここの脂肪、なくなれ〜!」とキャビテーションしました。

 

 

 

 

アメリカに来て半年で5kg増えましたが、その後の3ヶ月で3kgほど体重が落ち、あやうくアメ食太りしそうになった40代のカラダも1年後には渡航前と同じサイズまで戻すことができました。

 

ヤーマンの美容家電は、アメリカでも変圧器を通さなくても使えるので便利です。

 

 

RFボーテ キャビスパ 公式通販サイト 

 

 

サプリメント

アメリカのサプリメント

日本から持って来た方が良いものの一つがサプリメント

 

アメリカ赴任で日本から持って来た方が良いものの一つがサプリメントです。

 

このように、アメリカのサプリメントはとにかく巨大です。

 

誰がこんなでっかいのを飲み込める喉の持ち主なんでしょうか。アメリカ人の友人に「こっちのサプリメント、大きすぎて飲み込めないんだけど」と言ったら「Yeah!Me too!」と返されました。

 

アメリカ人さえ「デケーよ」と思う大きさなので、日本人が常飲するのは至難の技です。

 

いつも飲んでいるものがあるなら、日本から持ってくるのを強くオススメします。

 

しかもアメリカのサプリメントは日本の処方よりも成分が多めの商品も多く、ドラッグストアやホールフーズなどで専門のスタッフに相談してから買うのが良いです。

 

私は、日本にいるときからPMS月経前症候群)がひどく、生理前は眠気や頭痛で家事や仕事がまったくできなかったので、【SmileSeed(スマイルシード)】 というサプリを日本から持ってきていました。

 

これと同じような処方のサプリメントアメリカには無かったので、渡航後すぐの慣れない生活でも、体調の安定にはずいぶん役に立ったと思います。

 

もちろん、サプリのサイズも毎日飲みやすい大きさです。

 

 

 

PMS(月経前症候群)改善サプリ【SmileSeed】 公式通販サイト

 

 

アメリカの寝具

アメリカの寝具、とくに「枕」はあまり良いものがありません

 

アメリカ赴任で日本から「持って来れば良かった〜」と後悔したのが「枕」です。

 

 

基本的にベッドや布団など寝具はアメリカ中どこでも買えますが、高機能の枕はテンピュールなど低反発系しかありません。これがどうしても首が痛くなってしまうんです。

 

 

枕だけは、自分に合ったものを持参するのをオススメします。船便の荷物に梱包してもらいましょう。

 

 

ちなみに、私は次の一時帰国で絶対に日本で買おうと思っているのが、駐在妻友達に教えてもらった睡眠美容枕『リンクルフリーピロー』です。

 

スマホの使いすぎでストレートネックになってしまったり、首にシワができるのも防いでくれる枕で、その友人はわざわざ日本から送ってもらってめっちゃ快適な睡眠生活を送っているそうです。

 

なかなか自分に合う枕を見つけるのが難しいアメリカでは、羨ましい限りです。

 

 

 

睡眠美容枕『リンクルフリーピロー』公式サイト

 

 

温活アイテム

5本指ソックス

とにかく寒い北米の冬には、5本指ソックスが必需品でした

 

アメリカの住宅はセントラルヒーティング(全館暖房)なので暖かいのですが、床暖房はないのでフローリングが冷えます。

 

そこで、家でも外でも暖かく過ごせているアイテムが、5本指のシルク混ソックスです。

 

アメリカには5本の指が独立したソックスがあまりありません。

 

そもそも指が分かれているソックスを体を温めるために履くという発想が無いようです。

 

私の5本指ソックスを初めて見た娘の体操教室のコーチが「それ良さそう!」と言うのでプレゼントしたところ「靴下を替えただけでこんなにあったかい!!」と、すっかり日本製の5本指ソックスの虜になってしまいました。

 

日本の温活グッズサイトの【アルポカ】 は、5本指ソックスをはじめ、日本製の温活グッズがたくさん揃っています。一時帰国の度にたくさん注文して、アメリカに持ち帰ります。

 

 

五本指ソックス

おすすめはアルポカの「京都 絹糸屋さんのなめらか五本指ソックス」

 

 

 人生ごと温める。温活といえば【アルポカ】 公式サイト

 

 

  

レーニングウェア

アメリカのヨガクラス

アメリカでヨガやウォーキングをするならウェアは日本から持参がオススメ

アメリカ生活も慣れてくると、ストレス解消のために運動を始める駐在妻もたくさんいます。

 

しかし、日本人にとって問題なのは、アメリカのトレーニングウェアが超ダサいことです。しかも、サイズもあまり日本人にフィットしません。

 

ヨガウェアもゆるいシルエットのボトムスはなく、ピッタピタでお尻の割れ目までくっきり出ちゃうようなレギンスばかり。日本のヨガクラスで見るような、着心地もよくて機能的なウェアが売っていないのです。

  

日本人として気分が上がるようなヨガウェアや、フィットネスを続けたくなるようなスタイリッシュなウェアがないので、これも日本から持ってくるのを本当にオススメします。

 

 

まとめ

 

私の「ひきこもり駐在妻生活」を救ってくれた日本の美活アイテムは

 

・自宅で使える美容グッズ

・体調を整えるサプリメント

・寝心地のよい枕

・5本指ソックスなどの温活アイテム

・運動したくなるようなトレーニングウェア

 

この5つでした。

 

これからアメリカへ渡航する皆さんも「自分を癒すアイテム」を日本から持ってくるのを本当にオススメします。

 

自分のことはある程度はガマンしなければいけない駐在妻生活でも、自分をケアしてあげられるものがあれば、自分らしさを失わずにいられるはずですよ。

 

この記事が、これから新しい生活を始める皆さんのお役に立てば嬉しいです。