Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

ふくしまプライド。フェア in アメリカ@Maruichi Select レポート!

f:id:MsLittlepond:20220226022027p:plain

 

ボストン駐在妻のMs.Littlepondです。

 

2022年2月19日(土)〜25日(金)まで、ボストン在住の日本人におなじみの「Maruichi Select ブルックライン店」で行われた「ふくしまプライド。フェアinアメリカ」へ行ってまいりました。

 

昨年9月にアメリカでは輸入規制が解除され、福島県産品が輸入されるようになりました。

 

そして、福島県がお米や牛肉、くだものジュースなどをPRするための物産展が、マサチューセッツではMaruichiさんで開催されることに。

 

ボストン在住日本人は「日本の物産展」が来るだけでもテンション爆上がりです。

 

初日に行ってまいりましたので、その様子をお伝えします。

 

注目は「福島牛&福島米のお弁当シリーズ」

Maruichi ブルックラインSelect店

ボストン近郊の日本人にはおなじみMaruichiの「Select店」で開催

ボストン在住日本人なら知らない人はいない(?)MaruichiのSelect店。

 

Maruichiスーパー(通りの反対側)とは違い、日本各地の名産品や「ちょっといいもの」を扱っているセレクトショップです。

 

西海岸やNYのように、日系スーパーがたくさんあるわけではないマサチューセッツでは、店内が「まるで日本」のMaruichi Selectはとっても貴重な存在。

 

お店に一歩、足を踏み入れるだけでも、日本の商品に飢えているボストン在住者はきっと自然と浮き足立ってしまいます。

 

そこで開催された「ふくしまプライド。フェア in アメリカ」はこんな感じ。

Maruichi Fukushimaプライドフェア

Fukushimaの文字を見ると在米日本人なら感慨深くなってしまいます

 

「Fukushima」の文字を見るだけで、東日本大震災の当時1歳になったばかりの娘を子育て中だった私は

 

あの震災のこと。

それから10年以上が経過したこと。

アメリカでも福島県産の商品がこんなに並ぶようになったこと。

 

すべてが感慨深く、日本の商品の懐かしさとともに、いろんな気持ちが交錯します。

 

しかし、そんなセンチメンタルも一瞬にしてお弁当たちにすべて持って行かれました。

ふくしまプライド。フェアのローストビーフ丼

ふくしまプライド。フェアの目玉商品「福島牛のローストビーフ丼」

福島牛と福島米を使った「和牛のお弁当」シリーズです!!

 

周りを見渡せば、お弁当コーナーにはたくさんの人だかり。なんと、店頭に並ぶと1分もしないうちに売り切れてしまうお肉のお弁当待ちの人で列ができています。

 

「ローストビーフ丼、まだですか?」と、スタッフに問い合わせる人もたくさん。

 

こりゃ、次にお弁当コーナーに並んだら、すかさずゲットしなければ。

 

Maruichi Select店のローストビーフ丼

わが家も無事に一つゲットできたローストビーフ丼、絶品でした。

 

アメリカのお肉は見た目が美味しそうでも、口に入れた瞬間、噛みちぎるのも大変な繊維ばかりのお肉で「思ってたんと違う」が多発します。

 

しかし! 福島牛のお弁当はお肉を口に含めば「思ってたより断然美味しい!」

 

感動的なお肉の柔らかさです。

 

甘辛いお醤油とたまねぎのソース、日本人なら嫌いな人はいないでしょう。

 

じんわりお肉の甘みと相まったソースと、和牛のやわらかさをじっくり噛み締めます。

 

あー、久しぶりの日本のお肉、サイコー♡

 

これがレギュラーメニューになったら毎週でも買いに来るのにな、と思わずにいられませんでした。

 

他にも私は買えませんでしたが、福島牛のハンバーグや和牛ステーキ丼もあったそうです。

Maruichi Fukushimaフェアの牛肉お弁当

画像提供はお弁当製作のHachirokuのスタッフさんより

Maruichi 福島牛のお弁当

和牛ステーキ丼も飛ぶように売れていたそうです。画像提供はHachirokuさん

Maruichi 福島フェアのサーモン&いくら丼

牛肉の他には、福島米を使ったサーモン&いくらの親子丼も

Maruichi 福島フェアのお弁当コーナー

福島米をアピールするのぼりも

とにかく、人気のお弁当はこのコーナーに「並んだ瞬間売れていく」状態で、日本人だけでなく、日本の商品ファンのアメリカ人の皆さんもたくさん来店していました。

 

 

福島産のくだものジュース

Maruichi ふくしまプライド。のジュースコーナー

ふくしまプライド。フェアで大きな売り場面積を占めていた県産くだものジュース

アメリカに来た日本人は「ジュースが美味しくない」と感じることが多いです。

 

異国の地で「日本のくだものジュースって美味しかったんだな〜」と、改めて恋しくなるものです。

 

そんな日本人にとって嬉しいご当地フルーツ果汁のジュースもたくさんありました。

 

Maruichi ふくしまプライド。フェアの冷凍コーナー

冷凍コーナーには桃のシャーベット「ももふる」も

 

アメリカでは日本産のフルーツはなかなか手に入りませんが、まるで「日本の桃」を食べているような感覚にさせてくれそうな「ももふる」。

 

アメリカにもフルーツは大量にありますが、味が繊細で甘みが強く、なにより見た目にも美しい果物が揃うのは日本だよな〜と実感。

 

在米の日本人に、懐かしい日本の味を思い出させてくれるはずです。

 

お味噌やお蕎麦も

Maruichi ふくしまプライド。フェアの味噌、蕎麦コーナー

日本人が「たまには美味しいのが食べたい」と思う食材や調味料も

アメリカにもお蕎麦やお味噌、インスタントラーメンなどの日本の食材も売っていますが、たまに「ちょっといいものが食べたい!」と思うもの。

 

福島県産の味噌、お蕎麦コーナーもこんなに充実。喜多方ラーメンもありました。

 

Maruichi ふくしまプライド。フェアのお味噌コーナー

お味噌や米麹も福島県産の商品がたくさん

Maruichi ふくしまプライド。フェアのラーメンコーナー

ラーメンコーナーも、日本の味が恋しい在米日本人にはたまりません

Maruichi ふくしまプライド。フェアの福島県産品コーナー

見ているだけでも日本が懐かしくなる福島県産商品コーナー

 

結局、1時間くらいお店に滞在してしまった「ふくしまプライド。フェア in アメリカ@Maruichi Select店」でした。

 

フェアは今月25日までですが、福島産の商品はまだ店頭に並んでいる(と思う)ので、また近いうちに行ってみようと思います。

 

ボストン近郊にお住まいの皆さま、日本の味が恋しくなったらMaruichi Selectさんがおすすめですよ。

 

以上、「ふくしまプライド。フェア in アメリカ」ボストンMaruichi Select店のレポートでした。