Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

アメリカ現地校の「給食」日本の小学校とどう違う?【北米・駐在赴任・小学生】

アメリカ現地校の給食

アメリカ現地校にも「給食」はあるけれど、日本人はどうしている?

アメリカ駐在妻歴3年目のMs.Littlepondです。

 

2018年にマサチューセッツ州へ、夫の転勤帯同で移住しました。現在は小学5年生の娘と3人でボストン郊外で暮らしております。

 

このブログでは「これからパートナーの海外転勤などに帯同する人」に向けて、準備や語学の情報を発信しておりますが、今回は「アメリカの現地小学校と日本の給食の違い」についてお伝えしていきます。

 

私自身、アメリカへは当時小学3年だった娘を連れて移住しましたが、現地の小学校は最初のうちは毎日がビックリすることばかりでした。

 

「これからアメリカへ赴任するけど、子供の給食ってどんな感じなの?」

 

と心配されている方へ、アメリカ現地校の「日本と大きく違う給食スタイル」をご紹介します。

 

これを読んでいただければ、心配よりも「現地の学校へ編入するのが楽しみ」になっていただけるはずです。

 

アメリカの学校の「日本では考えられない給食」も、きっとお子さんには楽しんでもらえると思うからです。

 

 

ランチ(給食)とスナックタイム

教室でリンゴを食べる女の子

アメリカの小学校には「スナックタイム」というおやつの時間があります

(スナックタイム)

アメリカの小学校には、午前10時前後に「スナックタイム」というオヤツの時間があります。

 

これは、小学生のうちは「空腹で授業に身が入らない」という子が午前中に続出してしまうため、多くの小学校で設けられている時間です。

 

あくまでも小学校だけで、中高校生になるとスナックタイムはなくなりますが、小学校時代の名残りで、スナックを持って行っちゃうティーンエージャーも多いのだとか。

 

日本の小学校では、4時間目の終わりにはお腹が空きすぎて脱力しちゃっている子もいますが、アメリカではそれがありません。

 

ウチの娘は「アメリカの小学校で一番好きなところ」だそうで、編入当時「学校ではどの科目が好き?」と聞かれると「スナックタイム」と答えていました。科目ではありませんが。

 

今では、日本の小学校はスナックタイムがないから、4時間目の終わりには「Starve(飢えるほどの空腹)」なんだよー、とお友達によく力説しています。そのくらい、いつもお腹が空いている成長期の小学生女子にとって、スナックタイムは大事なのだそう。

 

もちろん、スナックはお弁当と一緒に毎日、親が持たせます。

 

スナックタイムには、フルーツやチーズ、シリアル、チューブのヨーグルトなど「ナッツフリーの健康的な捕食」が推奨されますが、チョコレートやポテトチップスなど、フツーにお菓子を持って来ている子もいます。

 

これは、学校によってルールがあるので、詳しくは編入する学校に問い合わせましょう。

 

 

(給食)

アメリカの学校給食

学校のBuy Luunch(給食)ハムとチーズのサンドイッチなど

アメリカ小学校のランチは、基本的にお弁当ですが、学校のカフェテリアで買うバイランチ(Buy Lunch)も一般的です。

 

娘の学校は一食3ドルで、現金払いか、クレジットカードを登録しておけば学籍番号をレジで伝えるだけで自動引き落としで購入できます。

 

本の学校給食に比べると、だいぶ質素な感じはしますが、栄養バランスはちゃんと考えられています。

 

メニューは日替わりで、ピザ、ハンバーガー、サンドイッチ、ホットドッグ、パスタ、マフィン、ナチョスなどのメインに、フルーツや野菜が付いてきます。(たいてい剥いたり切ったりせずそのまま)人気メニューはどこの学校でもピッツァで、娘の学校は金曜はピザの日と決まっています。

 

サンドイッチ系のメニューには、だいたいポテトチップスも付きます。

 

娘は、基本的にお弁当を持っていきますが、月に数回食べたいメニューがある日は学校でランチを買います。(彼女の場合、ナチョスかミートボールパスタ)

 

娘の学校は水曜日は11時30分に下校ですが、ランチは朝、生徒が教室でオーダー表に記入しておけば帰りに持たせてもらえるので、娘の分のランチは学校で頼むようにしています。

 

(2021年4月現在、学校給食はすべて無料。コロナによる休校で給食費が余っているのかと)

 

ランチを食べるスタイルは?

アメリカの学校のカフェテリア

基本的にはカフェテリアで、好きなお友達と一緒に食べる

 

 

アメリカの小学校は、教室ではほとんどランチ(給食)を食べません。

 

専用のカフェテリアで、クラスは関係なく好きな友人と一緒の席で食べられます。

 

娘の場合は、コロナ前は他のクラスの仲良しのお友達と、先に授業が終わった子がカフェテリアに行き、席を取っておくという、社食でのOLさんか?みたいなランチタイムだったそうです。

 

パンデミック後に学校が再開しましたが、現在は外に設置されたテントの下にもテーブルがあり、日替わりで学年ごとに利用しているようです。

 

(室内と室外に分かれて密になるのを防ぐためだそうです)

学校のランチ用テント

Covid-19パンデミック後は屋外テントでランチを食べる日も

 

基本的には、好きなものを好きなお友達と自由に食べられるのが、アメリカの小学校のランチタイムです。

 

娘はもう現地校は3年目になりますが、日本の「お弁当箱」で「ゴハンとおかず」を詰めた典型的な「BENTO」スタイルのランチを持って行っています。

 

今でも「Youのランチボックス、いつも美味しそうだね」とクラスメートに言われるそうです。

 

アメリカ現地の子が持ってくるランチは、だいたいピーナツバターとジャムを挟んだサンドイッチに、リンゴやバナナをまるごと、のようなシンプルなものばかりです。

ジャムとピーナッツバターのサンドイッチ

こんなサンドイッチが、小学生のお弁当の定番メニュー

もはや「お弁当は愛情を込めて作るべし」みたいな親の根性論なんてまったく通じません。しかも、みんな毎日同じランチを持って来ます。

 

他の子がこんなランチですから、日本のお弁当みたいにキレイに作らなくても全然OKです。

 

なので、これからアメリカ現地校へ編入されるお子さんは、日本スタイルでお弁当を持たせるのももちろんOKですし、本人が「食べたい」と言ったら、学校のBuy Lunch(給食)を一度は体験させてあげても良いと思います。

 

アメリカの給食はピザやホットドッグも出ますが、添加物フリーで健康的な食材を使っているので、安心して食べさせられます。

 

牛乳もチョコレートミルクも選べたり、ポテトチップスやライスクリスプなどの「日本人にとってはまるでお菓子」も出てきますので、日本と違う点に興奮する日本人の子もたくさんいます。

 

納豆やカレー、ふりかけは周りの子から「臭い」と言われてしまうこともあるので、気をつけて持たせた方が良いですが、娘の学校はわりとアジア系も多く、日本の「寿司」や「うどん」が好きな子も多いので、海苔をそのままバリバリ食べる子もいますし、麺類をスープジャーに入れて持たせても、何も言われないそうです。

 

これからアメリカ赴任をするご家庭で、お子さんのお弁当が心配な方の参考になれば嬉しいです。