Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

海外赴任で英語が話せない家族の必需品はこれ!

この記事をシェアする

 

アメリカ駐在妻のLittlepondです。

 

2018年に、夫の転勤帯同でマサチューセッツ州のボストン郊外に移住しました。

 

現在、小学校6年生の娘は現地校とボストン日本語補習校へ通っています。

 

この記事を見つけてくださった皆さんは、パートナーの転勤や駐在、赴任などで海外へ帯同するのに「英語ができなくて大丈夫か?」と不安を抱えていらっしゃると思います。

 

もしくは、海外へ英語ができない妻や家族を帯同するは心配だという方もいるはずです。

 

アメリカ駐妻歴5年目の立場で言わせていただくと、妻(夫)の皆さんも、英語ができるに越したことはありません。

 

お子さんも、現地校へ編入するなら、授業の英語についていく必要があります。

 

家庭では日本語で暮らせても、一歩外へ出たら「英語の世界」になるわけですから。

 

そのため、海外駐在妻(夫)やお子さんは、現地では

 

英語を準備していって駐在妻や現地校での生活を充実させる

 

もしくは

 

英語はできない!と開き直り、文明の利器に頼る

 

かのどちらかになるはずです。

 

 

どちらを選ぶにしても、この記事にたどり着いた皆さんに「英語ができない駐在妻(夫)」が海外でどうやって「毎日の英語」に対応しているかをお伝えします。

 

これを読めば、海外へ行く前に「英語ができるようになりたい人」にはもちろん「英語が話せなくてもなんとかしたい人」にも参考にしていただけるはずです。

 

 

 

 

 

海外赴任で英語が話せない妻と家族が準備すべきことは?

英語を話す駐在妻

英語はできた方がストレスのない駐在妻生活を送れます

 

私も、渡航当時はまったく英語ができませんでした。

 

ひきこもり駐在妻を1年やった後に一念発起し、日本の英語教材と現地でのオンライン英会話で、なんとかアメリカで「妻」や「保護者」としてやっていける英語力を身につけました。

 

もともと英語は嫌いではありません。受験英語もさんざんやりました。でも完全な「純ジャパ」なので、英語は読めても話せません。

 

「アメリカに住んだら自然と英語はできるようになる」なんて、ただの幻想でしかないと気づいたのが駐在2年目。

 

なんとか英語が話せるようになりたい!と思い、取り組んだ英語教材で、とくに「駐在妻におすすめしたい英語教材」を厳選して紹介した記事がこちらです。

 

 

ここで紹介する2つの英語教材のうち、どれか1つをしっかりやれば、駐在妻(夫)としての日常会話は必ず身につきます。

 

カフェやレストランでの注文から、スーパーマーケットでの買い物、学校や保育園のスタッフとのやりとりや、保護者同士の会話まで。

 

さらに、パートナーの同僚との会話や、病院、図書館、郵便局など、事務的なやりとりのハードルも余裕で越えられます。

 

そして、アメリカでは「家族で参加するのが当たり前」のホームパーティーでの世間話だって、2時間くらいはできるようになってしまいます。

 

「自分で話せるようになりたい!」と思っている人は、まず読んでみてください。海外でも使えるもの、海外から購入できる教材もご紹介しています。

 

 

また、私がアメリカ渡航時は8歳の娘を帯同しました。

 

日本でやってきた子どもの英語準備で、現地校のソフトランディングに役立った方法は、こちらの記事でじっくり紹介しています。

 

お子さんを帯同する方はご参考になさってみてください。

 

 

pre-chuzuma.hatenablog.com

 

 

 

 

海外赴任で英語ができない家族へおすすめの「文明の利器」

海外赴任なのに英語ができない人

英語なんて話せる気がしないけど、海外赴任に行く人はどうする?

 

でも、安心してください。実は……

 

✔️ 数年だけの駐在期間で英語を話す気なんてさらさらない妻と子

✔️ 夫(妻)は英語ができるから、すべて頼れば大丈夫と思っている家族

✔️ クラスに日本人がいるから英語を必死にやる必要がない子ども

 

そんな駐在員家庭も、ほんっとうに、たっくさんいます。

 

私の駐在妻友達のEさんもその一人。夫はアメリカの最先端テクノロジーを研究する企業の駐在員。英語はもちろんペラペラです。

 

しかし、夫がいくら優秀なバイリンガル駐在員でも妻も英語ができるとは限りません。

 

「私、昔っから英語苦手だし〜」が口癖で、英語で話しかけられても常に威圧的な

 

「はっ?」

 

英語の「What?」でもない、明らかに日本語の「はっ?」で済ませるEさん。

 

基本は「英語はダンナにすべて任せる!」がセオリーの彼女。

 

しかし、プリスクール(保育園)と小学5年生の2児の母であり、駐在員の妻でもあるため、英語は避けては通れません。

 

しかも、上のお子さんはすでに小学校高学年なので、毎日の学校の宿題をGoogle翻訳だけで片付けるには無理がありました。

 

そんな彼女には日本から持ってきた最強の武器があります。

 

AI翻訳機のPOCKETALK(ポケトーク) です。

 

「夢のAI翻訳機」とありますが、駐在妻(夫)にとってどこが「夢」かというと、アメリカにいて英語ができないと困ってしまう

 

・病院など不慣れな施設での受付や、お医者さんとのやりとり

・子供の学校の先生との個人的な連絡や保護者ミーティング

・海外引っ越しや不動産屋などの業者とのやりとり

・SSNや運転免許などの重要書類や連絡メール

 

こんな大事なシーンでもPOCKETALK(ポケトーク)の音声翻訳なら、Google翻訳のワケわからない日本語訳ではなく「かなり正確で流暢な」英語訳を表示し、音声も再生してくれます。

 

私はEさんが英語がまっっったくできないのに、現地校のペアレンツミーティング(保護者会)に参加し、ポケトークで翻訳しながら先生の話を聞いているのを見て

 

「こんな便利なのあったんかーい!!」

 

と、度肝を抜かれました。

 

学校やタウンからのメールを読むだけで丸一日かかり、保護者会へは夫に仕事を休んだり早退して行ってもらい、子供の先生に突然「I have something to tell you about your daughter」と話しかけられて、冷や汗だくだくでテンパったり、と……

 

3年も英語で苦労してきた私は、まるでドラえもんがリアルな「翻訳こんにゃく」を出してくれたかのような錯覚に陥りました。

 

Google翻訳は「ネイティブが書くリアルな業務連絡」のメールを訳すと、むしろ英語で読んだ方がわかりやすいんじゃないかと思うくらいヘンな日本語に変換されます。

 

 

それが、駐在家庭にとっては地味に毎日のストレスなのです。

 

 

しかしPOCKETALK(ポケトーク)は、きちんと理解できる日本語に変換してくれます。

 

Eさんは上級グレードの「ポケトークS」を持っていて、カメラ翻訳機能もかなり精度が高いものでした。学校からのメールはGoogle翻訳ではなく、こちらで「ミスなく」読めているそうです。

 

しかも、Zoomと連動し、日本語を英語に翻訳して音声とテキストで再生してくれる機能があるそうで、子供のELLティーチャーとのZoomミーティングにも使用しているそうです。

 

さらに、息子さんの現地校の宿題も、子どもが使うだけでなく自分が課題を日本語で理解するためにガンガン使っているのだとか。

 

駐在妻にとってリアルに夢の神器じゃねーか!!!

 

私もアメリカに来た時にコレを買って持って来れば良かった😭

 

そう叫ばずにはいられませんでした。

 

 

公式サイトはこちら↓

SIMは2年間使い放題。夢の通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」

 

 

 

まとめ

 

未来の駐在妻(夫)で「英語ができるようになりたい人」と「英語なんてできる気がしない人」にオススメしたいものを、現役駐在妻の立場でご紹介しました。

 

「英語力」か「本当に使える翻訳機」のどちらかを用意しておけば、海外赴任中も家族で「英語で苦労することなく」平和で穏やかな生活ができるはずですよ。

 

英語で家族がストレスを溜めてしまいそうだ、と今から思う人はPOCKETALK(ポケトーク) を1台持ってくるのが無難です。

 

 

この記事が、皆さまの海外生活のお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

海外赴任なのに英語が苦手な駐在員ファミリーの秘密兵器!