Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度“以上”の駐妻生活を営むためのブログ

海外駐在妻が現地でも「日本語で」仕事をする方法は?【アメリカ赴任・転勤・妻・仕事】

海外で日本語で働く駐在妻

海外駐在妻が現地でも「日本語で」仕事をする方法はある?

アメリカ駐在妻歴3年目の、Ms.Littlepondです。

 

2018年より夫の転勤で米国マサチューセッツ州に住んでおります。渡航当時小3だった長女は、現在は現地校の5年生で、ボストン日本語補習校にも通っています。

 

今回は「海外駐在妻が、赴任先で日本語だけでできる仕事はあるのか?」についてお伝えします。

 

私自身もアメリカで駐在妻をしながら仕事をしています。

 

「パートナーの転勤についていくけど、現地で仕事はできるのか?」

 「できれば、日本語をメインで仕事ができればいいな」

 

そうお考えの皆さんの参考にしていただけるはずです。

 

この記事ではアメリカで「駐在妻でも日本語で」仕事をする方法と、探し方について説明していきます。

 

  

アメリカの場合はEAD(就労権)の申請を

アメリカ就労権(EAD)カード

アメリカで駐在妻(配偶者)の立場で仕事をするのに必要なのは?

 

まず、アメリカに赴任・駐在する人の「配偶者」としてビザを取得する人は「EAD(米国での就労権)」を取得する必要があります。

 

私は、家族のビザ申請時に夫の会社の移民弁護士に

 

「現地でも働きたい」

「当面の収入は日本のみの予定だが、現地でアルバイトなども考えている」

 

と伝え、ビザ申請と同時にこの「EAD」を申請してもらいました。渡米から1ヶ月でEADカードが届き、日本でもアメリカでも「駐在員の妻」の立場で働けるようになりました。

 

これから海外へ渡航する方は

 

・赴任先で配偶者が働けるか?

・働く場合は、どんな手続きが必要か?

・納税はどちらで行うのか?(日本へ住民票を残すのか?)

 

これをパートナー経由で、勤務先の「移民弁護士」と「税理士」に確認しましょう。

 

海外駐在担当者だと「駐在員の妻は働けません」という返答しか返ってこない場合があります。配偶者が働けるかどうかは、ビザに詳しい移民弁護士さんに確認しないと正しい回答が返ってきませんので、まずはここから始めましょう。

 

EADカードはビザと同じ有効期限ですので、ビザを延長する場合はその都度申請と更新料(500ドル前後)がかかります。

 

現地での「就労権」を取得したら、次はどんな仕事をするかを考えていきましょう。

 

「日本語で」できる海外での仕事とは?

日本のクラウドソーシング

在宅で仕事をする女性

現地でも在宅で仕事ができるのが、日系のクラウドソーシング

 完全に「日本語だけ」で仕事をするなら日本のクラウドソーシングがあります。

 

私は在宅では「ライター」として仕事を請けています。

 

フリーランスでWEB系の仕事ができる人なら、海外でも続けられる仕事がいくつか見つかるはずです。

 

どんな仕事があるかは、無料登録をしてチェックしてみてください。

 

 ちなみに【クラウドテックはすでに海外に住んでいる人でも登録が可能です。

 

日本語補習校・日本語学校の教員

日本語を教える

現地で日本語を使って仕事をするなら、教員もあります

海外でできる日本語の仕事なら「日本語補習校」や「全日制の日本語学校」の教員もあります。

 

わが家の長女が通う「ボストン日本語学校(補習校)」では、常に教員を募集しています。教員免許は必要なく、土曜日の授業のみ。幼稚園(年中・年長)から高校2年生まで、クラスはすべて担任制です。

 

先生は子供を日本語学校に通わせている「保護者」がやっていることが多いので、教員免許を持っていたり、子供を教えた経験がある人は「即戦力」として採用してもらえます。

 

アメリカ各地には日本語補習校や、全日制の日本語学校があり、教員や職員を募集しているので、興味がある人はその学校のHPなどで募集の詳細をチェックしてみましょう。

 

 ナーサリー・プリスクールの教員・ベビーシッター

プリスクール

日系のプリスクール(保育園)やナーサリー(託児所)でも募集があることも

日本語学校の教員と同じく、日系のプリスクール(保育園)やナーサリー(託児所)でも職員や教員を募集していることがあります。

 

日本人の多いエリアには、小学校入学前でも日本語の教育を受けさせたい人も多くいます。しかし、完全に日本人だけというプリスクールは少ないので、日本語学校よりも英語を使う頻度は多くなるかもしれません。

 

また、両親、もしくはどちらかが日本人の夫婦が、子供の「日本語ができるベビーシッター」を募集することも多いです。

 

ただ日本語で子供の面倒を見ていて欲しいレベルから、小学校入学前にしっかり日本語を勉強させたいというレベルまで、依頼する両親の要望はさまざまですが、普通に日本語ができて、子育て経験があればできることが多いです。

 

ベビーシッターの場合は個人の契約がほとんどで、就労権(EAD)なしでも可能なこともあるので、依頼主に確認しましょう。

 

日本人の交流サイトやネットの掲示板などで「日本人のベビーシッター募集」のお知らせはよく掲載されています。

 

「日本語で世話をして欲しい」「家庭では日本語を使いたい」という家庭はアメリカに多く、駐在妻さんにお願いしたい人もいるからです。

 

 

日本人向けのツアーガイド

旅行客

現地に旅行に来る日本人を相手にしたツアーガイドも日本語の仕事

現地の生活に慣れたり、居住年数が増えてくると日本人観光客を相手にツアーガイドをやる人も多くいます。

 

現地の旅行会社や、日本人向けのツアー企画会社などが、募集をしていることもあります。

 

「ロコタビ」のような、日本人と海外在住日本人をつなぐマッチングサービスに登録すると、現地でのツアーや送迎、買い物代行などを日本人へ提供し、料金の支払いの仲介を行ってくれます。

 

ただし、ツアーガイドは現地での食事や施設への入館など、最低限の英語コミュニケーションは必要なので、まったく英語が話せない人には難しいでしょう。

 

日系レストラン(キッチン・ホールスタッフ)

海外の居酒屋

日本料理店、居酒屋、和食のフードコートのスタッフも募集されます

アメリカで日本人を多く募集するのが、日系のレストランや居酒屋などのキッチン、ホールスタッフです。

 

店舗によりますが、接客担当であれば英語が話せないとちょっと厳しいです。アメリカでは和食は人気レストランの一つなので、お客さんが日本人だけというのは絶対にありえないからです。ホールスタッフは最低でも接客ができる英語レベルは必要です。

 

ちなみに、ボストン近郊では日本食レストランは多くありませんが、ラーメン屋さんで働いている日本人駐在妻さんもいます。

 

日本食材店・グロサリーストア(レジ打ち・品出し)

日本食材店の店内

日本食材店も、日本人スタッフを募集することが多い

日本人向けの求人で、多いのが日本食料品店のスタッフです。

 

こちらも、お客さんの100%が日本人ということではないので「日常会話・商品説明」程度の英語力を求められますが、オーナーや社員が日本人であることが多いので、業務は日本語で行うことが多いそうです。

 

日系企業の事務職

事務職

日系企業の事務職も、パートタイムで募集されることもあります

日本企業の事務職や、WEB系のクリエイターなども現地採用で募集があります。

 

自社内でのコミュニケーションが主なので、日本人を採用したい会社もあるからです。

 

これは地元の求人情報や、日本人向けのサイトなどで募集されていますが、日本語はネイティブ並み、英語は「ビジネスレベル」を要求されることも多いので、各社「どの程度の英語力が必要なのか?」は問い合わせる必要があるでしょう。

 

日本人の美容師・受付スタッフ

美容室の店内

日本人がオーナーの美容室でもスタッフ募集があります

 日本人オーナーの美容室では、美容師さんと受付スタッフが募集されることがあります。

 

もちろん美容師さんは免許が必要ですが、受付スタッフは日本語と英語の両方できる人が募集されます。日常会話程度のやりとりが英語でできる日本人ならOKというお店もあるようです。

 

日系歯医者の歯科助手・受付(経験者)

歯科医と患者と受付スタッフ

日本での経験があれば、歯科助手や歯医者の受付も

 歯医者さんのスタッフもよく日本人の求人があります。

 

NYや西海岸など、日本人が多いエリアはとくに「日本人の開業歯科医」が多いので、その助手や受付スタッフが募集されます。

 

ただし、「経験者」の募集がほとんどなので、未経験だと厳しいかもしれません。

 

アメリカ在住日本人向け求人の探し方

 

アメリカで日本人向けの求人を探せるサイトがあります。

この2つは正社員の募集が多いサイトですが、単発のバイトも掲載されています。 

 

日本人向け求人サイト

アメリカ仕事.com

www.americashigoto.com

 

・プロックスJ

www.proxj.com

 

日本人向け情報誌・フリーペーパー

日本人向けのアメリカ情報誌

全米の日本人向けの情報誌でも求人が掲載されます

 

日系スーパーマーケットなどに置いてある日本人向けフリーペーパーには、タイムリーに求人情報が掲載されています。

 

日本食レストラン、居酒屋などのキッチン・ホールスタッフ

日本人オーナーの美容室

日本人の歯科助手・受付

日本企業のパートスタッフ

日系のイベントスタッフ(単発)

日本語ができるベビーシッター・日本語教員

 

このような職種がよく掲載されているので、現地でチェックしてみてください。

 

WEB版には求人が掲載されていないことが多いですが、興味がある人はこちらのサイトもご覧ください。東海岸在住の日本人がよく見ているフリーペーパーです。

 

www.nyseikatsu.com

 

www.ejapion.com

  

海外掲示板・アメリ掲示

世界各地の求人情報が更新されているのが、アブログの「海外掲示板」です。

 

kaigai-bbs.com

 

渡航される都市の求人・アルバイト】をチェックしてみてください。

アメリカは以下の掲示板があります。

 

  

確定申告・銀行口座について

確定申告書類

日本での収入は確定申告が必要?

日本の収入の確定申告はどうしているか?

ここからは、わが家の確定申告のケースをご紹介します。

 

詳しくは皆さんのパートナーの会社の移民弁護士さんや税理士さん、駐在担当の方へ必ず確認してください。

 

 

わが家は海外転出届けを出しているので、日本に住民票はありませんが、日本で源泉徴収され、支払調書が発行されている収入は、日本で確定申告を行い還付金を受け取っています。

 

アメリカから日本の確定申告はどうやるのか?

 

日本の支払調書が届く住所で税に関する書類を管理してもらう「納税管理人」を設定します。(私は実家の父親にお願いしました)

 

海外に移住して初めての確定申告時に、納税管理人を届ける書類を申告書と一緒に税務署に提出します。

 

納税管理人については海外転勤と納税管理人の選任|国税庁をご確認ください。

国税庁のHPから「所得税・消費税の納税管理人の届出書」もダウンロードできます)

 

 

e-taxができる環境がある人

→そのままネットで申告書類を作成し、e-taxの手順で提出します。

 

e-taxができる環境ではない人 (私はこれ)

納税管理人か日本国内の住所へ届いた支払調書をアメリカへ郵送、もしくはデータで送ってもらい、国税庁HPなどから申告書類を作成し、収支内訳書などと一緒に管轄の税務署へアメリカから郵送します。

 

→ これで日本での源泉徴収分は還付金として日本の銀行口座に振り込まれます。

 

また、税務署に確認したら、海外在住者であれば日本に一時帰国するときに確定申告を行なってもOKだそうです。

 

一時帰国時に日本でやりたい人は、管轄の税務署に「いつまで」なら良いのか確認するのをオススメします。(基本的には毎年3月中旬までのはずです)

 

アメリカでの収入が発生する場合は?

アメリカでの収入が振り込まれる自分名義の銀行口座、クレジットカードが必要です。

 パートナーの銀行口座の開設と同時に作ってしまうのが良いでしょう。

 

アメリカでの確定申告はどうする?

 

わが家の場合、確定申告は夫の会社の税理士さんが夫婦の収入や財産を合算して申請を行ってくれています。

 

アメリカでは基本的に「日本の収入」や「財産」にも課税されますので、タックスリターンの時期には税理士さんに以下の提出を求められています。

 

・日本の支払調書の英訳版(日本で給料をもらっている会社名や住所と支払額)

日本の銀行口座の、その年の最高残高を証明するデータか書類

アメリカの銀行口座の情報・残高・給料の支払先や振込額などのデータ

 

その他にも、日本で確定申告を行なった場合は書類の提出を求められることもあるので、収入に関する書類はすべて保管するようにしておきましょう。

 

まとめ

アメリカで配偶者ビザで働く人は「EAD(米国の就労権)」を申請しましょう。

日系人が多いエリアでは、日本語で働くチャンスはたくさんあります。

・納税や確定申告は、日本にいるうちにプロセスを確認しておきましょう。

・駐在妻の立場で働くことは、パートナーの会社の駐在員担当だけでなく、移民弁護士さんにも早めに問い合わせておくのをオススメします。

 

 

この記事が、これから海外へ行く駐在妻の皆さんのお役に立てば嬉しいです。