Pre駐妻.com

Pre駐妻.com

未来の駐妻が知りたいことを、現役駐在妻が伝えるブログ

アメリカ駐在妻が中学英語で話せるようになったオンライン教材【海外在住でも購入OK】

f:id:MsLittlepond:20220223074502p:plain

 

アメリカ・ボストン駐在妻のLittlepondです。

 

2018年より、夫の転勤帯同でマサチューセッツ州に住んでいますが、渡米直後は英語ができなさすぎて1年間「ひきこもり駐在妻」でした。

 

そこから2年をかけて、どこでも一人で行ける英語力を身につけたエピソードと、英語教材の体験談をこのブログでご紹介しています。

 

今回の記事では、日本で英語を準備したい未来の駐在妻はもちろん、すでに海外にいる人でも中学英語で駐在員&駐在妻が必要な英語力が身につく日本のオンライン教材をお伝えします。

 

アメリカ駐在妻をやっていると「英語がビミョーな日本人」遭遇することが多いです。

 

実際、私もその一人でした。

 

学校の先生との面談は、いつまでも通訳をつけている日本人ファミリー。

 

運転歴20年以上なのに、アメリカでの運転免許の路上試験にまさかの不合格。実は試験官と英語でやりとりできないだけだった駐在員。

 

ビジネス英語の「定型文コミュニケーション」ならOKでも雑談やパーティーになると急に「シーン」となる駐在ファミリー。

 

子どもの学校で保護者や先生に英語で話しかけられて、シドロモドロの駐在パパさん。

 

◯◯ちゃんのママって英語下手じゃない?と、駐在員家庭の子どもに日本語で堂々と英語をディスられる駐在妻。

 

「◯◯さんちのパパママは英語できますか?」と、他の日本人の駐在員家庭からのマウンティング。

 

 

日本人からも「英語ができないと呼んでもらえないコミュニティ」があると知らされる。

 

 

などなど。周りを見渡せば、英語で苦労している駐在員&妻がたくさん。

 

私も最初は英語ができず、そんな不便さ、恥ずかしさ、悔しさ、情けなさを経験しました。

 

 

そんな洗礼をすでに受けた人にも、これはきっと役立つ記事です。

 

もし将来あなたが英語圏で暮らす予定だったり、すでに海外に住んでいて

 

✔️ ネイティブ英語が聞き取れず、あいづちと愛想笑いで済ませたくない

✔️ 世間話が苦手で、自分のことを上手く英語で話せない

✔️ 高いレベルではなく中学英語からしっかり復習したい

✔️ 頭の中で日本語に訳さず「英語のまま」理解できるようになりたい

✔️ 海外に駐在していたと堂々と言える英語力を身につけたい

✔️ 海外在住でも日本の英語教材で英語ができるようになりたい

 

 

そう考えているなら、私が取り組んだ日本の英語教材で

 

「最短で確実に英語力がつく」

 

オンライン教材をご紹介します。

 

「たったひとつ、必死で頑張れば1ヶ月で終わる教材」で格段に英語レベルが変わります。

 

楽して英語は身につきません。

 

でも、安心してください。

 

短時間に集中すれば、アメリカでいきなり現地の人だらけのパーティーに呼ばれても困らないレベルの英語力は確実に身につきます。学校でネイティブの先生と話をするのも、病院での問診も、運転免許の路上試験も、これをやった後なら余裕でこなせました。

 

英語が苦手でアメリカでひきこもり、悔しくて「絶対、英語を話せるようになりたい!」と、たくさん英語教材を試した40代純ジャパのアメリカ駐在妻がご紹介します。

 

 

 

 

中学英語を「毎日使える英語」にするオンライン教材は?

30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラム

私がアメリカ生活に必要な「駐妻英語」を短時間&独学で効率よく身につけられたのは、

 

30日間英語脳育成プログラム です。

 

パナソニック、JT、キリンビールなどのトップ企業や東京大学大学院をはじめ、数多くの国立大学の英語教育にも採用されている教材なので、企業の駐在員ならすでに知っている人もいるかもしれません。

 

私が英語をちゃんとやろう!と決意した駐妻人生の3年間で試した英語アプリや教材で

 

「もっとも短期間で」

「必要な英語だけを」

「確実に聞けて話せるようになる」

 

と感じた教材です

 

 

駐在妻の日常英会話は「中学レベル」でOK!

英会話をする女性

アメリカ人とマンツーマンの会話だって中学レベルでなんとかなる

 

30日間英語脳育成プログラム の初級編レッスンはTOEIC300〜500点レベル、中学英語レベルの会話が使われます。

 

私はアメリカで英語がペラペラな駐在妻や、在米歴が20年、30年という日本人妻の皆さんに出会いました。

 

アメリカ人の旦那さまとの会話を聞いていても、難しい単語や熟語を使っていません。

 

学校の先生や保護者との世間話、銀行や病院での事務的な手続き、買い物で在庫を聞くなど、やりとりは皆さん「ペラッペラ」にできていらっしゃいます。

 

でも、一つ一つのフレーズや単語はあくまでも「中学レベル」です。

 

なぜ中学レベルの英語力でもアメリカ人と結婚できていたり、駐妻カースト最上級にいらっしゃるのかと言えば、相手の言っていることもちゃんと理解できているからです。

 

 

30日間英語脳育成プログラムが駐在員&妻におすすめな理由

30日間英語脳育成プログラム

中学英語を効率よく総復習して「英語のまま理解できること」を身につける

 

30日間英語脳育成プログラム がアメリカ駐在員&妻におすすめな理由は「よくある会話の意味をざっくり理解すること」から始まるトレーニングだからです。

 

普段から英語を頻繁に使わない人には、英語でのコミュニケーションが始まったら「瞬間的に相手の言うことを聞き取る準備」が必要です。自分のアウトプットを増やす前に、相手の言っていることを聞き取れなければ、駐妻英語は成り立ちません。

 

「聞き流すだけ系」や「一生使えないフレーズばかりの英会話」と決定的に違うポイントです。

 

トレーニングの流れは

 

■リスニング

■テキストリスニング(音読)

■英語の語順で理解するトレーニング

■シャドーイング(聞いた英語を声に出す)

 

を、毎回のレッスンでアプリのアシストに従ってひたすら繰り返します。

 

最初のお試しレッスンを聞くと、びっくりするくらいカンタンな会話です。「え?これがずっと続くの?レベル低くないか?」と思いますが、心配はまったくいりません。

 

レッスンが進むたびに、どんどん文法や会話レベルが上がっていきます。

 

1日1レッスンを30回続けることで、アメリカで買い物や、保護者同士の会話、病院や事務手続きなど「駐在妻のテリトリー」でパッと使える表現や言い回しをインプットしていくと、それが不思議と聞き取れるようにもなっていきます。

 

とくに「英語の語順トレーニング」を筋トレのように続けて2週間くらい経つと劇的な変化が訪れます。

 

会話を聞いて、一つ一つの単語が聞き取れなくても「この人が何を伝えたいのか?」がボーンと頭に入ってくるようになります。

 

一つでも単語が聞き取れないと、そればかり気になってしまい、英会話がぜんぜん頭に入ってこなかった私には衝撃的な瞬間でした。

 

 

「相手の言っていることを理解できて」

自分の言いたいことを中学レベルの英語を使って確実に伝える」

 

 

これができるようになる教材が、駐妻英語をカンペキにできるのです。

 

 

話せるようになった自分はこう変わった!

英語ができるようになった駐在妻

英語ができると、駐在妻の世界や人生が広がり始めます

 

30日間英語脳育成プログラムをアメリカから購入し、実際に30日続けてみて感じたのは

 

「たくさん英語教材やったけど、これ1つで十分だった」

 

ということです。

 

今では子どもの学校の先生と30分程度の雑談もできるようになりました。

 

ホームパーティーでは2、3時間でも日本や自分のことを話せるようになりました。

 

歯医者や定期検診など、病院にも夫や通訳に付き添ってもらうことがなくなりました。

(夫に付き添ってもらわないと何もできないのが一番ストレスでした)

 

子宮頸がん検診やマンモグラムなど、男性の付き添いが入れない問診でもへっちゃらです。

 

そして先日、ある新人駐在妻の方から「運転免許の路上試験を受けたいので、Littlepondさん通訳として同乗してくれませんか?」と頼まれました。

 

「英語ができる駐在妻」として認めてもらえたようです。

 

 

まとめ

 

海外駐在が決まったのに英語ができなくて「やばっ!」と思っている人はもちろんですが、ずっと英語圏に住んでいるけど、実は英語が苦手な人もいると思います。

 

私は、やっぱり英語の国では英語ができた方が、自分の世界も広がるし、ストレスもたまらないし、なにより「自分らしくいられる」のが幸せだと思っています。

 

ただ、駐在妻の立場だと、現地のESLは日本人だらけでぜんぜん英語が身に付かなかったり、逆に「英語を英語で習うESL」だと難しすぎてついていけないこともあります。

 

この記事で紹介した内容をやってみると、海外にいながら「日本の教材で」「無理なく」「あきらめずに」英語を身につけられるはずですよ。

 

 

この記事が、これから英語をちゃんとやろう!と思っている人の力になれれば嬉しいです。

 

 

30日間英語脳育成プログラム「駐妻向け公式サイト」はこちら