Pre駐妻.com

健康で文化的な最低限度 “以上” の海外駐妻生活を営む方法

アメリカ駐在妻おすすめ!2ヶ月で駐妻英語を準備できる教材【海外赴任・妻・英語】

海外渡航前の英語教材

海外赴任前の2ヶ月で日常英会話を習得できる教材はある?

 

アメリカ駐在妻歴4年目のMS.Littlepondです。

 

2018年に夫の転勤でマサチューセッツ州ボストン近郊に移住しました。

 

小学6年生の娘がいる40代の駐在妻です。

 

この記事を見つけてくださった皆さんは、ご本人や奥様が

 

「海外生活を始めるまで時間がないけど、英語は準備した方がいいのか?」

 

とお悩みかと思います。

 

この記事では、受験英語しかやっていない40代で、アメリカ来る前にまったく英会話の準備をせず、最初の1年間は完全にひきこもり駐妻だった私が、どうやって現地で不自由なく生活できる英語を身につけたかをお伝えします。

 

 

アメリカ1年目の私は

 

スーパーの店員さんが言っていることが一言も聞き取れない。

 

娘の学校で、先生とも保護者とも話せない。

 

夫の同僚のホームパーティーに呼ばれても、一言、二言だけ挨拶をして、あとは愛想笑いで黙っている。

 

病院も運転免許テストも事務手続きも一人でできない。

 

歯医者のクリーニングだけでも夫について来てもらう。

 

娘の友達に「◯◯のマミーは英語できないの?」としょっちゅう聞かれ心をえぐられる日々。

 

 

 

アメリカ駐在妻としては致命的な英語力でした。

 

 

 

そんな私でしたが、1年目の一時帰国で「日本の英語教材」を購入して試しまくり、2年経った今では、娘の学校の先生との面談も、病院での問診も一人で行けるほどの英語力を身につけました。

 

 

そこで、「海外赴任についていくまで時間がない!」と焦っている皆さまに、私が今までにやった教材で2ヶ月でやるならコレ!というものをご紹介します。

 

この記事を読めば「2ヶ月でできる英語の準備」がわかり、海外生活を始めたときに「やっておいて良かった!」と絶対に思えるはずです。

 

 

そして、私のように「痛いひきこもり駐妻」にならずに済む方法もお分かりいただけます。

 

 

 

 

 

アメリカなど英語圏への渡航前2ヶ月で準備をするなら

 

【七田式7+English】

 

30日間英語脳育成プログラム

 

このどちらかで、自分の苦手なのが

 

「スピーキング」

 

なのか

 

「リスニング」

 

なのかで教材を選ぶのがオススメです。

 

次を読めば、どちらが自分に向いているかがお分かりいただけます。

 

 

2ヶ月でスピーキング力を鍛える「七田式7+ENGLISH」

 

七田式セプン+ENGLISH

とにかく無駄なく必要最低限の英語コミュニケーションが身につく七田式

 

 

 七田式 7 + ENGLISH 「スピーキング」が苦手な人にオススメです。

 

 

60日で英語が驚くほど上達する」というキャッチコピーがちょっと胡散臭くも感じるかもしれませんが、1日20分のトレーニングをしっかりやれば、本当に2ヶ月で「アメリカ人と日常的なやりとりができるレベル」になれます。

 

内容は「中学英語」を使える英語にするのが目的で、「英語を使う人なら誰にでも伝わる60フレーズ」が身につくのがメリットだと感じました。

 

 

とにかく、アメリカ人が日常会話で頻繁に使うフレーズばかりを1日1つずつ叩き込んでいく教材なので、無駄がありません。

 

 

価格:¥21,780(税込)

学習期間:2ヶ月

使用ツール:CD・テキスト教材(その他の特典教材あり)

海外での使用:可

 

【七田式7+ENGLISHが向いている人】

 

・とにかく「話す」ことが苦手な人

・相手の言っていることはなんとなくわかるのに、英語が口から出てこない人

・結局、英会話は聞いているだけになってしまう人

・CD&テキストで机に向かうスタイルで学習したい人

 

 

【七田式7+English】 ←公式サイトはこちら

 

 

 

2ヶ月でリスニング力を鍛える「30日間英語脳育成プログラム」

30日間英語脳育成プログラム

英語がぜんぜん聞き取れない人が「英語の語順で」英語のまま理解できる教材

 

30日間英語脳育成プログラム「リスニング」が苦手な人にオススメです。

 

 

「英語を聞いたままの順番で理解していく」トレーニングができる教材です。

 

 

「英語がブラブラブラーっと雑音にしか聞こえない」レベルの人が、単語がちゃんと聞き取れるようになる教材です。

 

相手が言っていることがわかっていないのに、いつも愛想笑いで済ませてしまう人には、こちらをオススメします。

 

 

初級(TOEIC300点〜500点レベル)と中級(TOEIC500点〜700点レベル)があります。

 

 

英語が苦手な奥様は初級(TOEIC600点が目標)から

海外駐在なのに日常会話は苦手という旦那様は中級(TOEIC800点が目標)から

 

 

というように夫婦で別々にスタートできる「初級+中級」のセットもオススメです。

 

 

学生向けのTOEIC対策や受験英語ではなく「大人が日常会話で使える表現」が多いのも、リアルに使えて魅力だと感じます。

 

 

 

価格:¥21,450(初級)/¥24,750(中級)/ ¥43,450(初級+中級セット)

学習期間:1ヶ月〜3ヶ月

使用ツール:スマホ、PC、タブレット

海外での使用:可

 

 

こちらはテキストやCDは一切ありません。

 

申し込みが終了し、決済後にオンライン教材へアクセスできるシリアルコードが発行されるので、教材を待たずにすぐに学習を始められます。

 

(申し込みには日本の電話番号が必要です)

 

 

(向いている人)

 

・とにかく絶望的にリスニングが苦手な人

・日本語の語順にしないと英語が理解できず、会話についていけない人

・1ヶ月〜3ヶ月の短期間で英語に耳を慣らしておきたい人

・仕事相手の英語が理解できるようにならないとヤバい人

 

 

 

30日間英語脳育成プログラム  ← 公式サイトはこちら

 

 

 

まとめ

 

私が2年をかけて試した英語教材で「海外での日常会話が目的」で「2ヶ月で」できる教材をご紹介しました。

 

ご自身に合うものを一つやっておけば、必ず駐在妻に必要な英語力は身につきます。

 

私は「たった2ヶ月の努力」と「税込20000円ちょっとの教材代」をケチったので、1年間はひきこもり駐在妻として過ごしましたが、英語をちゃんと話せる駐在妻さんたちは、夫に頼らず、自分らしく、キラキラとした羨ましい駐妻生活を送っています。

 

 

 

私もそうなりたかったので、もう努力とお金はケチらないと決めました。

 

 

 

この記事が皆さまの「2ヶ月の英語準備」の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

スピーキングを重点的に駐在妻に必要な英語を2ヶ月で身につけるなら

→ 七田式 7 + ENGLISH

 

 

リスニングを重点的に駐在妻に必要な英語を2ヶ月で身につけるなら

30日間英語脳育成プログラム

 

 

 

 

完全無料!日米5000万DL突破の最新ニュースアプリはスマートニュース